ホビージャパン 地獄先生ぬ~べ~ 1/7 ゆきめ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > ホビージャパン 地獄先生ぬ~べ~ 1/7 ゆきめ レビュー

ホビージャパン 地獄先生ぬ~べ~ 1/7 ゆきめ レビュー 

商品名:地獄先生ぬ~べ~ ゆきめ
作品名:地獄先生ぬ~べ~
発売元:株式会社ホビージャパン(AMAKUNI)
発売日:2017年3月23日
価格:11,800円(税8%込)
原型製作:i-con(藍色空色)
備考:ホビージャパン通販限定、1/7スケール

ゆきめ

週刊少年ジャンプ連載の大人気作品『地獄先生ぬ~べ~』より、主人公・ぬ~べ~こと鵺野鳴介を一途に慕う可憐な雪女「ゆきめ」。作品終盤にぬ~べ~と結婚しますが、続編『地獄先生ぬ~べ~NEO』ではぬ~べ~の霊力が妖怪である自身の肉体を蝕むという理由から別居を余儀なくされています。ドラマ版についてはノーコメント(笑)。

90年代のジャンプを代表する作品のヒロインという事で未だに根強い人気を誇りますが、掲載誌の性質上、立体化の機会は皆無に等しく、スケールフィギュアとして一般販売されるのは恐らく今回が初めてではないでしょうか。

ぬ~べ~といえば少年漫画の限界に挑んだお色気描写という事で、公式にキャストオフ(脱衣)ギミックが搭載されています(笑)。



パッケージ

IMGP9460IMGP9461
宅配便、というか「ゆうパック」の輸送箱を徹底的にパロったパッケージ。上面のガムテープはデザインの一部で、本当に貼られているわけではありません。「KISS YOU」「鵺野先生専用」というラベルが笑えます。一体ナニに“用いる”んですかねぇ……。

全身


『ドロロンえん魔くん』の雪子姫を彷彿とさせる白いミニスカ着物が忠実に再現されています。台座の雪だるまもナイス。ちなみに台座とお尻は接続されているわけではなく、台座側の凹みにお尻を載せる形で固定します。バランスがいいので倒れる心配はありません。

目玉であるキャストオフギミックについては後述。

全高は台座、アホ毛込みで約20cm
IMGP9467
座っているので1/7スケールとしては比較的コンパクト。

頭部

IMGP9468IMGP9469IMGP9472
実にゆきめらしい、キュートでコケティッシュな笑顔。元デザインのイメージがうまく捉えられていますね。『ぬ~べ~』の魅力の一つは長期連載作品にもかかわらず作画が一定していて、現在に至るまでキャラクターの外見がほとんど変わらない点にあると思います。

各部

IMGP9474IMGP9475IMGP9477IMGP9478IMGP9479IMGP9481IMGP9483IMGP9484IMGP9488IMGP9486
サンプルと比較しても全く遜色のない圧倒的高品質。細部までしっかり作り込まれています。個人的にいいなと思ったのは足先の造形。足フェチではありませんが、くったりした草履やピンと伸びた親指に何とも言えない色気を感じます。

着物に吹かれたグラデーションで素肌が透けているさまを表現しているのも実に見事。ただ精巧な作りの代償として脆いパーツが多く、特に右の長いもみあげは硬質素材の上に後述の差し替え時に衝撃を加えやすい部分なので、取り扱いには細心の注意が必要です。

パンツは白。
IMGP9492
ノーパンの雪子姫と違ってちゃんと履いてます。が、食い込みがすさまじいので多くのアングルであたかも「はいてない」ように見えます。なお、下半身のキャストオフは出来ません。

キャストオフ


上半身(胸から上)を差し替える事で着物をはだけた状態が再現できます。作中でもゆきめが胸を露出するシーンはありますが、肝心な所は自主規制によって隠されているので、ゆきめのビーチクが拝めるのはこのフィギュアだけです。

突起はキレイなピンク色。
IMGP9501
18禁系のフィギュアじゃないのにここまでガッツリ作られているのは珍しいですね。

マニュアルでは言及されていませんが、着物のはだけた部位だけを外す事もできます。
IMGP9502
一般ブログでこんなに堂々とビーチクを晒して大丈夫なのかと少し心配になりますが、このフィギュアの対象年齢は「15歳以上」なので問題ないと信じます。ちなみにフィギュアの対象年齢はエロいかどうかは無関係で、安全面(尖ったパーツの有無など)で決められるみたいです。

それに、ま、FC2だし、多少(のアダルト要素)はね?

大きめ写真


ぬ~べ~的にはやっぱりこうするのが正解かと(笑)。

総括

パイオツにばかり目が行きがちですが、それ以外の部分も非常に良く出来ています。文字通り、頭のてっぺんから爪先まで完璧な出来映え。フィギュア本体はもとよりパッケージにも力が入れられており、この商品に関わった人たちの『ぬ~べ~』という作品に対する深い愛情が伝わってきます。「お色気のぬ~べ~」を体現するフィギュアと言えるのではないかと。

個人的に『ぬ~べ~』は「いずな推し」で、ゆきめは無茶苦茶好きってわけでもなかったので当初スルーしようかな?とも考えたのですが、買って良かったです。このフィギュアを通じて改めてゆきめの魅力に気付かされました。限定品なので後から入手しようと思うと手段が限られてしまいますが、『ぬ~べ~』に愛着のある方なら何とかして手に入れる価値はあると思います。

この調子でいずなの商品化も期待しています。現行作品の主人公でもあるし、出るよね?


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿