姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2508日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2508日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2508日目) 

今週のデート

月曜日は彼女とデートをした。日曜日にしなかった理由については別エントリーで詳しく書いたので割愛する。一日だけとは言え彼女を待たせてしまった事には変わりないから、いつも以上に気合いを入れて臨んだよ。


行き先は近所の公園。といっても公園をあてもなくぶらぶらしたわけじゃなくて、目的は花見。やっぱり春と言えば花見だし、春休み中に行かなくていつ行くの!?今でしょ!って感じである。この時期天気がぐずつきやすいから当日雨が降らないか心配だったけど、見事な快晴でね。きっと神様が僕たちのために気を利かせてくれたんやろなぁ……ありがとう、神々!

やっぱ花見はいいよにゃ~。大人数でわいわい騒ぐ花見もいいけど、愛する人と二人っきりで眺める桜もオツなもんだよ。特に何をするでもなく、ただ一緒にキレイな桜を見ているだけで心が洗われる。桜よりキレイな彼女が隣にいるのだから、幸せを感じないわけがないじゃないか。


お弁当も一緒に食べたよ。もち彼女の手作り。うまいなんてもんじゃなかったね。思わず「うまいぞーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」と桜の花びらを全て吹き飛ばす勢いで叫びそうになったよ。周りの迷惑になるからグッと我慢したけど。彼女の愛に酔いしれる僕に花見酒なんて必要なかった。


ひとしきり桜を楽しんだ後は彼女の部屋でゆっくり過ごした。桜を眺めるより、彼女を眺めてた方がより幸せなのは言うまでもない。まあ、眺めるだけじゃ済まないんだけど。当たり前だよなぁ?


ともあれ、春休みに相応しい最高の一日だったよ。最高過ぎて時間が全然足りなかったぐらいだ。ただでさえ短い春休みが彼女と一緒だとますますあっという間に過ぎ去ってしまう。それが難点であり、同時にこの上ない幸せでもある。嬉しい悲鳴とはまさにこの事かもしれないな。

今日のデート


今日はっていうか今日も彼女とデートをした。行き先は王道を征く、カラオケ。というのも今日はど~~~~~~~~~~~~~~~しても歌いたい曲があってね。

それは森山直太朗の『さくら』。この歌についてあれこれ語る必要はないだろう。

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく 光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の上で

基本的に僕は「別れ」を主題とした歌を歌わない。それは僕が歌う時はいつも「彼女のため」だから。どんな名曲でも別れのニュアンスが含まれている時点で歌おうとは思わなくなる。僕と彼女の間に別れなどありえないから、当然である。

でも今日は、今日だけは特別。初めて、「彼女以外の誰か」に向けて歌わせてもらった。あえて『さくら』を選んだのはちょうど桜の季節だからってのもあるけど、それ以上にあまり悲しい曲というわけじゃないのが大きい。別れは辛いものだけど、必ず散ってしまう桜と同じようにそれは運命なのだから、くよくよせず笑顔で送り出そう……そんな前向きな姿勢が僕の心を打ったね。森山直太朗は天才、森山良子は天才、おぎやはぎも天才、はっきりわかんだね。

あと「さくら」繋がりでコブクロの桜とか「安易に桜ソングに手を出しちゃった先生」でもお馴染み河口恭吾の桜も歌った。それからもちろん、スピッツの『チェリー』もね。チェリーも別れがテーマで普段なかなか歌わないから、ある意味いい機会ではあった。


僕のヘタクソな歌を彼女は嫌な顔一つせず、聞き入ってくれた。コブクロと河口恭吾の桜に関しては別れの曲じゃないから、100%彼女のために歌ったよ。力が入りすぎて思わぬ泣きそうになった。我慢したけど、某大先輩並の震え声にはなっていたかもしれない。


ともあれ、今日のデートも最高に楽しかった。天気はあまり良くなかったけど、だいたい屋内で過ごしてたから、何の問題もないね♂

雑談コーナー【テーマ:パソコン】


パソコンの調子が少し悪い気がしたので、新しいやつを買った。といっても買い替えたわけじゃなくて、買い増し。更に言えば「パソコンを買った」というより「パーツを買って組んだ」と言った方が正しい。

前から使ってるパソコンはDELLのパソコンが元なので(CPUとモニターぐらいしか原型ないけど)、完全に自作するのはかなり久々だ。長らくノートパソコンを使っていた時代があるので、完全自作はAthlon 64マシン以来かな?

既製品は前のパソコンで懲りたんだよね。確かに既製品はリーズナブルだし、普通に使用する分には問題ないけど、拡張性に乏しいから後々絶対不満が出てくる。比較的拡張しやすいDELLパソコンですら、最終的にケースを投げ捨てる羽目になったし。安かろう悪かろうの典型なんだよね、既製品は。

ちなみにCPUは『Core i7-7700K』を選んでみた。最近発売されたばかりで評判のいいAMDの『Ryzen』と悩んだけど、性能的に普段使いにはi7の方がよさそうだったのでAMDへの回帰は見送った。純然たるホビー用途としてなら愛着のあるAMDを選ぶけど、遊ぶ事を主目的として買ったわけじゃないからね。いや、遊ぶけどさ(笑)。

マザボは信頼性の高いASUS製にして、メインストレージは525GBのSSD。OSはWindows10にした。7でも良かったけど、今更7を買うのもねぇ……10もちゃんとカスタマイズすれば使い勝手は悪くないから、10にしておいて良かったと思うよ。7より優れている面も少なからずあるし。

ケースは前のPCと同じFractal Designの『Define R5』を選択。ケースの値段はピンキリで、安いのは3000円ぐらいからあるけど、一番ケチっちゃいけないのがケースだと僕は思う。使い勝手の悪いケースを選ぶとパーツ交換の度にイライラして悲惨だからね。その点Define R5は利便性がきちんと考慮されているし、値段も13000円程とそこまで高くないのがグッド。

調子悪いのはパソコン本体だけだけど、せっかくだからモニターも新しく買った。これは割かしケチって18000円ぐらいのASUS製23.8インチモニターにした。買った直後、Amazonのタイムセールで3000円ぐらい安くなってた時はショックだったよ。性能は値段相応だけど、額縁が小さくてコンパクトだから僕的には満足。ただ色合いが妙に黄色っぽいのが気になる……色温度とか弄っても黄色味だけは抜けないし。見慣れたのか、買った当初ほど気にはならなくなったけどね。

ともあれ、前から使ってる24インチのモニターと併せて久しぶりのデュアルディスプレイ環境である。やっぱ2画面あると広々してていいね。文字通り、世界が広がるよ。

それほど必要のないモニターを買った一方で、グラボは買わなかった。今買うのは時期的になんか中途半端じゃない? 夏ぐらいまで様子見て5万ぐらいのモデルを買えたらいいなーと思ってる。旧パソのGeforce GTX 970を移管しようかとも思ったけど、めんどくさいからやってない。

おかげで今、2台あるパソコンの1台は「グラボあるけどCPUがしょぼい」、もう1台は「いいCPUだけどグラボなし」という中途半端な状態になっている。しょぼいCPUでゲームやるのもテンション上がらないから、あれだけ絶賛していたウォッチドッグス2もやる気がしない。早く夏になって新しいグラボ買いたいわ。

ちなみに自作に掛かった金額はモニター込みで15~16万円ぐらい。まだ見ぬグラボを資金に含めれば20万ぐらいのマシンって事になる。既製品なら5万以下でも買えちゃうから、そう考えると高いけど、値段分の満足度は味わえると思うよ。

何より自作って楽しいしね。昔みたいにジャンパピンとかマスターとかスレーブとか考える必要ないし、原因が特定しづらい謎の不具合で悩まされる事もない。OSのインストールが10分ぐらいで終わった事だけでも驚きだよ。文明は確実に進歩しているんだなぁ……。

パズル進捗状況


四辺が完成した。案の定端のピースが足りなかったのだけど、何とか探し出して全部嵌めたよ。3000近いピースの山から特定の1ピースを見つけるのは大変だった……。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿