姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2683日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2683日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2683日目) 

オクトーバー


今日から10月。何でもサラダ油とかカツオ節とかが値上がりするらしい。どちらも料理には欠かせない物だから10円20円といっても痛いよねぇ。彼女も「もう終わりだぁ!」って言って……はいないけど、頭を悩ませてはいた。僕はよく、というか頻繁に彼女に料理をごちそうになってるけど、油物とかは少し遠慮した方がいいかなと思った。でもなぁ……彼女が作ってくれるフライトか天ぷら、マジ美味しいからなぁ。我慢する自信はない(笑)。

それはともかくとして、今年も残すところあと3ヶ月だね。つまりもう一年の3/4が終わったという事になる。早い……早すぎる。だってついこの前彼女と初詣に行ったばっかりだよ? 4月に彼女の誕生日を祝ったのも昨日の事のように思えるし……一年があっという間過ぎて恐怖すら覚えるね。

残る3ヶ月もあっという間なんだろうなぁ……とりわけ年末は色んなイベントが目白押しで息つく暇もないぐらいだし。とりあえず今月はハロウィーンがあるから、それに焦点を当てて行動していく所存だ。その前にテストが控えてるわけだけど、それに関してはとりあえず横に置いておく。ま、何とかなるでしょ(フラグ)

来週の火曜日(明後日じゃなくてその翌週)は記念日があるし、その前日は体育の日で休みだし、ハロウィーンの前に楽しむべきはそっちだな。連休は嬉しいけど、記念日が平日なのが残念ではある。ま、先月の10日は日曜日だったし、そう何度も休日と重なってもスペシャル感が薄れるけどね。

それに平日だって、彼女と会えるなら僕はそれだけでハッピーだで!

今日のデート


今日はっつーか今日も彼女とデートをした。先週のデートは彼女からの誘いだったけど、今日は僕が誘った、言わば僕プロデュースのデートだったわけだ。今日のテーマは「自然との触れ合い」って事で、動物園に行ってみたよ。ハイキングと迷ったけど、まだ紅葉シーズンでもないから早いかなって。


動物園はいい。癒やされる。正確には動物を見て顔をほころばせる彼女に癒やされる。動物の癒やしレベルを100とするなら彼女の癒やしレベルは8兆ぐらいだね。文字通り、桁外れの癒やしだよ。しかも広大な宇宙が光の速さで更に膨張を続けるように、彼女の癒やしも未だピークを迎えていないからね。ある意味、地上最強の生物と呼んで差し支えないだろう。


そんな計り知れない癒やしの彼女が今日も愛情たっぷり込めたお弁当を作ってきてくれてね。ボリューム満点の中華弁当、美味しかったわ^~。あまりにうますぎ&「あーん♥」をしてもらえて、またしても西川君状態寸前だった。


ちなみに今日は彼女の手作り弁当以外も色々食べて、帰りしなには精力♂を付けるため焼肉屋にも寄ったんだけど……これは失敗だったね。何の意識もしてなかったけど、動物園の帰りに焼肉屋ってブラックジョークにも程がある。動物見てかわいい~って言った後にそれを食うのかよ!って。まあ、それ言い出したら何も食えなくなるけど、もうちょっと配慮すべきだった。反省である。

ま、彼女は焼き肉美味しいって言ってくれたけどね。カルビもタン塩もホルモンも、二人でたらふく食ったよ。今日の僕らはまさしく人間火力発電所だ!うおォン!

雑談コーナー【テーマ:ホモ(直球)】


今週木曜日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』の30周年記念番組で懐かしのキャラクター「保毛尾田保毛男」が復活した事に関して、物議を醸しているらしい。たまたま僕も番組を見ていたんだけど……何が問題なの?っていうか文句言ってる奴バカじゃないの?

こんな事を言うと「差別だ!」とか騒ぐんだろうけど、ホモネタが笑えるのはヤマジュンから連綿と続くネットミームを鑑みれば確定的に明らかじゃん。識者サマがどれだけ綺麗事を言おうとも、ネタとしてのホモが人を惹きつけるのは揺るぎない事実だ。もちろんそれと保毛尾田保毛男が面白いかどうかはまた別問題だし、正直僕はとんねるずが別に好きではないので面白いとは思わないけど、だからってネタにする事をけしからんとも思わない。

そもそも、ホモネタで笑うのと(実際の)同性愛者を笑うのは全然違うからね? 阿部さんも兄貴もステハゲも笑えるけど、一般の同性愛者は別に笑えない。逆に可哀相とも思わないし、僕としては珍しくもない事として受け入れているつもりだ。っていうか僕自身、自分は変態だと思っているので、そんな自分に比べれば同性愛なんて平凡極まりないと思う。むしろ同性愛を異常視する人間を僕は軽蔑するし、下に見ている。

でもホモネタは違うじゃん、それとこれとは別じゃん。だったら何か?フィクションに出てくる犯罪者をカッコ良いって思ったら現実の犯罪を肯定する事になるのか?ルフィやジャック・スパロウが好きなちびっ子は海上で略奪行為を繰り返す武装集団としての海賊に憧れるのか?違うだろ、それは。フィクションはあくまでもフィクション、ネタはあくまでもネタと分かってるし、分かった上で楽しんでるんじゃないか。

「傷つける側の考えはどうあれ、相手を傷つけたら差別」という人もいるだろう。でもあえて言いたい、それは傷つくヤツがおかしい。マイノリティだからって調子に乗るなと言いたい。だいたい、そうやって傷ついてるヤツだってどうせステレオタイプなオタクを茶化すようなネタは笑うんだろ? 決め付けるなと言われるだろうけど、決め付けるよ。ネタをネタと受け取れないちっぽけな人間なんて自分以外の事には無頓着に決まってる。

ただ、これに関しては同性愛者だから特別おかしいってわけでもないんだけどね。たとえばステレオタイプなオタクを茶化すようなネタをテレビでやったら怒るアニメファンやゲームファンは一定数いるだろうし。そういう意味では僕自身「ネタにされる側」の人間だけど、それにしたって文句言ったりましてやスポンサー降板騒ぎにまで発展させたりするような事でもないだろ。いいじゃん別にネタにされたって。アニメが好き、ゲームが好き、二次元の女の子が好き、同性が好き、どれも自分が好きならそれでいいじゃん。ネタとして笑ってもらえるならむしろホモ、いや、本望だよ。

そしてホモをネタにしちゃダメならハゲとかデブはどうなるって話だ。ホモだってハゲでは笑うだろ!いい加減にしろ!……というかホモだけあえて別枠として捉えるって事はそれ自体が差別になるんじゃないか?ホモの諸君はそれでいいのか?

今回の一件でホモの印象が別に悪くなったりはしてないけど、改めてホモにもアホはいるんだなと思った。そういうアホのせいで大多数の良識的なホモがケツの穴の小せえヤツ(意味深)だと思われるのは可哀相ではある。ま、それはオタクの世界も一緒だけどね。僕だって別に自分が良識的なオタクとは思わないけど、少なくとも他人には迷惑を掛けていないつもりだ。

あ、ちなみに件の30周年番組自体は別に面白くなかったよ。番組を擁護するために批判する輩をこき下ろしていると思われるのは心外なので、念のために言っておく。だからホモとか関係なく面白くない事に対してイチャモン付けるのは至極当然と思う。「見なきゃいいだろ」って別の議論にハッテン、もとい発展する余地はあるが。

しかしまあ、息苦しい世の中になったものだな。ドキュメンタルのシーズン4が待ち遠しいよ。

パズル進捗状況


次に作る部分のピース選別を始めた。まずはピースを減らしていかないと収集付かないから、作りやすいところから作っていく予定。

お礼

ふぃぎゅる!』様、
ホビージャパン 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/7 陸奥 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿