姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2788日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2788日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2788日目) 

あたみ!


先週お伝えした通り、週末を利用して彼女と行ってきたよ、熱海に。毎回言ってるけど一泊二日なんてあっという間だねぇ……まあ、日帰りよりは114514倍マシだから贅沢は言わないけど。それに大切なのは時間の長さじゃない、「濃さ」だ。

濃密な二日間だったよ。もはや楽しいとか楽しくないとかいうレベルじゃあない。思わず「ここは天国か!?」って思ってしまうぐらい、至福の時間を過ごした。それもひとえに彼女のおかげである。どんだけ感謝してもし足りないなぁ。その彼女も今回の旅行すごく楽しんでくれたから良かった。僕だけが楽しくたって意味ないからね。


「熱海は夏!」という某ズル大竹氏の名言通り、冬の熱海は夏ほどの活気はないけど、落ち着いたイキフンが彼女との旅行としてはかえって良かったり。人目を気にする事なく、思う存分イチャイチャしまくれるし。まあ、夏も普通にイチャイチャしまくってたんだけど。

それにやはり温泉は夏より冬の方が気持ちがいい。今回も心ゆくまで熱海の名湯を堪能したよ。湯上がりたまご肌(MMIKOR)の彼女も素敵だったし……それだけで熱海最高!って叫びたくなるね。


確か先々月ぐらいだったと思うけど、『旅サラダ』で熱海の特集してて、それからずっと行きたいなって思ってたから観光的な意味でも普通にションテンはガリアーだった。旅サラダでアンミカ(だったかな)が訪れてた伊豆山神社に今回も行ってきたよ。今年も彼女とずっとラブラブでいられますようにって源頼朝と北条政子にお願いしてきた。同じ願いはこの前の初詣でもしてきたし、これでもう今年の僕らはチリバツのパーペキ(死語)だな!


例によって旅行中は全然寝る暇なかったので、今すごく眠たい。カシスソーダか何かこぼしてべちゃべちゃになった床の上でいいから横になりたい(TNJKNZMKWHR)

3ガッキー


(冬休みは)もう終わりだぁ!(正月気分)出て行けぇ!……というわけで、今週から三学期が始まった。月曜日が休みだったおかげで一日(旅行も含めれば二日)得したのが救いではある。あ、例によってここから下は旅行前に書いてるノデ。

冬休み終わったのは嫌過ぎるけど、今週は色々いい事があった。明日の旅行もそうだし、去る10日は僕と彼女のプチ記念日だったからね。平日なのが残念だけど、こればっかりはやむを得ないし贅沢は言うまい。

記念日といえばプレゼント……なのだけど、今月はちとしくったかも。

特に深い理由はなくスリッパを贈ってみたんだけどね、あんまし喜んでもらえなかった。スリッパなんてそう何足も必要なものでもないし、ブランド品でも何でもないからプレゼントとしてはしょぼすぎたかな。まあ、お世辞で喜ばれるよりは本音を言ってくれた方がずっといい。そもそも僕と彼女はお世辞を言い合うような浅い仲でもないしね。

プレゼントのリアクションは今ひとつだったけど、記念日自体は楽しんでくれたから良しとすっぺ。最終的には満面の笑みを見せてくれたし……僕にとってはそれが何よりの贈り物なんだよなぁ。

ま、今月は仕方ない。来月はとてつもなく重要な「あの日」が記念日の直後に控えているから、絶対にしくじる事はできない。汚名挽回(JRD)のためにも全身全霊を捧げて不退転の覚悟でプレゼントを選ばなければ!

雑談コーナー【テーマ:さらば週プロ。】


『ドキュメンタル』に続いて『有田と週刊プロレスと。』までシーズン最終回を迎えてしまった……もう終わりだぁ!(絶望)

最終回では「もう次はないかも」みたいな事を冗談めかして言ってたけど、レビューの点数が物語る通り評判が素晴らしくいい番組だし、「出演者3人だけ」「収録場所はカフェの一角」「使う小道具は週プロと黒板のみ」という最強のコスパを誇るからシーズン3はいずれ始まるだろう。有田が文春砲でも食らわない限りは(笑)。

さりとて、すぐ始まるわけではないから終わってしまったのは寂しい。プロレスのネタなんてまだ山ほどあるんだから、もうちょっと続けて欲しかったなぁ。ま、このタイミングで終わったのは1.4をまたいでプロレス界の情勢が変わるからだろうけど。シーズン3は今年の1.4を踏まえたトークが展開されるだろうしね。

プロレスとは関係ないけど、この番組を通じてチュートリアル福ちゃんの「聞き手」としての手腕を再認識した。さすがシーズン1の初回とシーズン2の最終回のゲストを務めるだけの事はある。番組で有田も言ってたけど、知識量がちょうどいいんだよね(笑)。それなりに知ってるけどマニアってわけでもないという。ライトなファンとしての目線で程よい「温度」の質問を投げかけてくれるから番組がスムーズに進行して面白かった。

一つ前のゲストのビビる大木も悪くはなかったけど、彼は有田と同じマニア側の人間だから僕みたいにプロレス知識のない人間にはちょっと温度差を感じる部分はあった。マニアな視聴者は満足するだろうし、たまにはそういうコアな回もあっていいと思うけどね。

ちなみに個人的に一番ダメだと思ったゲストはダントツで劇団ひとり。プロレス知識がないのはいいとして、興味すらないのはNG。よしんば興味がなかったとしても、そのスタンスを視聴者に悟られるようではダメでしょ。知らないなら知らないなりに知ろうとする姿勢は見せられるはずだし、例えば小峠なんかは番組を盛り上げようという前向きさが感じられて好感が持てた。劇団ひとりがイマイチだと思ったのは多分僕だけじゃないはずだから、二度と呼ばれないんじゃないかな(笑)。

何はともあれ、シーズン3のスタートが待ち遠しい今日この頃である。シーズン1とシーズン2の間は2ヶ月ぐらいしか空いてないから、何事もなければ桜が咲く前ぐらいには再開するんじゃないかなぁ。っていうかしてくれないと困るけど。半年とかはさすがに待てないって!

そういえばまだ見てはいないんだけど、Amazonプライムで一つ気になる番組がある。『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』というドラマ。言わずと知れたスーパーヴァンダミングアクションでおなじみのB級アクションスター・ヴァンダムが、「実は秘密情報員だった」という設定の物語らしい。以前『その男ヴァン・ダム』というヴァンダム本人をフィーチャーした映画があったけど、あんな感じの話かなぁと勝手に想像している。

近いうちに見るつもりだから、見終わったら感想を書く、かも。書かなかったら「その程度の番組だった」という事で……:。

パズル進捗状況


左(写真の上)の端っこを作成中。ここは見分けやすいので簡単。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿