ホビージャパン 朧村正 1/7 百姫 -湯上がり温泉艶肌Ver.- レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > ホビージャパン 朧村正 1/7 百姫 -湯上がり温泉艶肌Ver.- レビュー

ホビージャパン 朧村正 1/7 百姫 -湯上がり温泉艶肌Ver.- レビュー 

商品名:朧村正 百姫 -湯上がり温泉艶肌Ver.-
作品名:朧村正
発売元:株式会社ホビージャパン(AMAKUNI)
発売日:2018年1月25日
価格:10,800円(税8%込)
原型製作:Sea(とらbrindle)
備考:ホビージャパン通販限定、1/7スケール

ふとももひめ

絢爛絵巻和風アクションRPG『朧村正』より、作品の主人公を務める美濃国鳴神藩の姫「百姫(ももひめ)」。花か雪かと見違うほどと形容される美しい肉体には剣豪「飯綱陣九朗」の魂が宿っており、陣九朗が百姫に(うっかり)取り憑いてしまうところから物語は始まります。

当商品は2016年5月に発売された「百姫 -湯煙温泉三昧Ver.-」のリニューアルバージョン。実質的な再販と言えますが、当商品のみの仕様としてフィギュアの素肌に水滴をイメージしたクリアパーツが取り付けられています。「ホビージャパン 『朧村正』 百姫 -湯煙温泉三昧Ver.- レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP3633IMGP3634
パッケージのフォーマットは「湯煙温泉三昧」と同一で、違うのは商品名とサンプル写真のみです。

全身


文字通り「水もしたたるいい女」なしっとり造形。

ウリである水滴は手作業による取り付けで、メーカー曰く「同じ物は二つと存在しない」との事。……まあ、それを言い出したらフィギュアの製作工程はほとんど全部手作業なのですが(笑)、パーツの取り付け位置や数が明確に決められていない工員さんのアドリブパートと考えればいいでしょうか。ただ、サンプルと全く同じ位置に取り付けられているパーツもチラホラ見受けられるため(主に目立つ箇所)、水滴すべてがアドリブというわけではないようです。

全高は約25cm
IMGP3644
湯煙温泉三昧との違いは水滴の有無だけでなく、手ぬぐいの透明度や髪の毛の質感も異なります。なお、台座に違いはありません(厳密には接続ピンの色だけ違う)。

頭部

IMGP3646IMGP3648IMGP3651
顔立ちそのものは湯煙温泉三昧と全く同じ。ただ、マットだった髪が濡れている状態を表現するため光沢を帯びており、印象は結構変わっています。

各部

IMGP3655IMGP3656IMGP3657IMGP3660IMGP3661IMGP3664IMGP3667IMGP3669IMGP3670IMGP3671IMGP3674IMGP3675
品質、造形ともに上々。前述の通り手ぬぐいの透明度が上がっていて、水滴も含めてクリアパーツがより効果的に使われています。髪の毛の先からしたたり落ちる水滴の表現も見事です。

個人的に「おおっ」と思ったのは胸とお尻の窪みに溜まった水。
IMGP3677IMGP3679
実に「分かってる」造形です。

今回も下腹部はつるつるで何もありません。
IMGP3681IMGP3682
流石にここに水滴を垂らすのはNGだったようで……。

大きめ写真

総括

造形そのものは湯煙温泉三昧と同一なので、出来の良さに関しては言わずもがな。再販されるのも納得の素晴らしい逸品です。

仕様としては今回の方がコストが掛かっていますが、完全な上位互換かというとそうでもなく。湯煙温泉三昧の方がすっきりした造形で「目が散らない」ので、百姫のスケベボディをストレートに堪能出来ます(笑)。また、紺菊・弓弦葉と並べた際の統一感という点では湯煙温泉三昧に軍配が上がります。

もちろんこちらにもこちらの魅力があり、どちらが優れているというわけでもありません。印象が大きく異なるので、湯煙温泉三昧を持っていても改めて購入する価値はあるのではないでしょうか。少なくとも自分は両方購入して良かったと思いました。色々な角度で眺めたいフィギュアでもありますし(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿