姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2893日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2893日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2893日目) 

黄金週間


待ちに待ったゴールデンウィークに突入した。今年は前半と後半で綺麗に分かれていて、今は前半まっただ中。来月1日と2日に休みを取れば最大9連休って事で盛りあがってるね。9連休といったらちょっとした春休みや冬休みに匹敵するレベルだから、ションテンガリアーになるのも無理はない。

ま、僕や彼女に有給休暇という概念はないから9連休ではないのだけど、次の日曜日まで8割方休みである事は確かだし、ションテンガリアーである事にも変わりはない。でも僕のションテンがガリアーなのは単に休みだから、というわけでもなかったりする。


ゴールデンウィーク中、彼女と旅行に出かけられる事になってね! しかももちろん日帰りなんかじゃなくて、泊まりがけの本格的♂旅行。せっかくの長期連休、どこにも行かないなんてもったいないからね。春に旅行するならこの時期をおいて他にない。

具体的な日程は木曜日、つまりゴールデンウィーク後半初日から。本当は今日にでも行きたいぐらいだったんだけど、僕は楽しみを後に取っておくタイプなので、あえて後半にした。あえてね(ハリル会見済み)

行き先は日光、鬼怒川。これまで何度も行っているけど、定番の観光スポットだけあって何度行っても飽きないよね。まあ、僕は彼女と泊まりで旅行できるならどこだっていいんだけど。また日光江戸村でニンジャごっこしたり、ワールドスクエアでプチ世界一周をしたりできるかな。そして鬼怒川といえば温泉!って事で一緒に温泉入ったりも。もう楽しみとかいうレベルじゃない。

来週の日曜日はゴールデンウィーク最終日で普通なら「もう終わりだぁ!」と絶望しているところだけど、旅行のおかげで生きる意味を失わずに済んでいるだろう。5月は(4月ほどじゃないけど)他に楽しいイベントも控えてるから毎日が辛いとか言ってる場合でもないしね。

というわけで旅行の土産話は来週のお楽しみって事で。こうご期待、である。

今日のデート


今日は彼女とイベントホールにプロレスを見に行ってきた。僕らがプロレスを見に行くなんて相当珍しいよ。彼女はプロレス、というか格闘技全般に興味がないし、僕もかつてはプロレスとの接点といったらファミ通で連載されていた獣神サンダーライガーの「トラブル・スープレックス」ぐらいだったからね。

でも最近はかの神番組『有田と週刊プロレスと。』のおかげで多少プロレスに対する興味が出てきたゆえ、今日は思い切って誘ってみた次第。たまには変わったデートコースもいいかなーと。


結論を言うと、悪くはなかった。ただベストかどうかと言われると微妙なところ。彼女結構怖がってたからね。筋肉モリモリマッチョマンの変態が目の前で殴り合ってるのだから、無理もない。大技を決める度に「大丈夫なの?」って心配そうだった。ただ、それと同時に目が離せない不思議な魅力もあると言ってたから、誘って失敗ではなかった……はず。


それに今日はプロレスだけじゃなく、ショッピングしたり食事を楽しんだりもしたし。この前僕はレストランで伊勢エビフライを食べたって言ったけど、今日は彼女がその伊勢エビフライを食べた。この前僕が食べてたのを見て食べたくなったみたい(笑)。超美味しいって言ってたな。さすが伊勢エビである。

ちなみに今日のショッピングは今度の旅行の準備もある程度兼ねてた。準備といっても海外旅行でもないから特に何か買わなきゃいけないものがあるわけじゃないんだけど、準備も旅行の楽しみの一つだからね。ああでもないこうでもないと旅行について話しながら買い物をするって事自体が目的と言える。そしてその目的は十分果たされた。


お泊まり旅行ももちろん素晴らしいけど、こういう普通のデートもやっぱいいもんだね。ま、今日はプロレス行ったから「普通」とは言い難い部分もあるけど(笑)。旅行ではプロレスに負けないぐらい刺激的♂な体験をしたいところだね。

雑談コーナー【テーマ:イチロー】


僕にとって生きがいと呼べるAmazonプライムの神番組『ドキュメンタル』のシーズン5が始まった。先週の段階で既に始まっていたし、前回それについて書こうと思ってたのだけどね。でも1話目は参加者の紹介がメインでまだ番組としては動き出していないも同然だったから感想を書くのは2話目、つまり今週分を見てからにしようと思い直した。

ただまあ、2話は2話でまだエンジンが掛かりきってない感じだねぇ。今回は初出場のメンバーが多いからみんなまだ手探り状態というか、様子を窺う空気感がある。しょっぱなから飛ばしまくって途中でダレるのも問題だし、別につまらないわけではないので現状に不満はないよ。こんな序盤で結論出すのもナンセンスだし。

今回フレッシュなメンツを揃えたのはマンネリを避けるためだろうな。さすがに5回目ともなるとネタも尽きてきて既存の焼き直しみたいになってしまうから、常連をバッサリ切ったのは良い判断だったと思うよ。何が起こるか分からないのがドキュメンタルの魅力の一つだし、実際これからどんな展開が待ち受けているのか想像も付かない。

誰が優勝するかは松ちゃんも言ってる通りそれほど重要なファクターではないけど、今回はちょっと予想しづらいな。とりあえず既に落ちたジミーちゃんは除外するとして、後は誰が生き残ってもおかしくない。でもジュニアは後がないし見逃されてる部分でも笑ってるから次かその次ぐらいで脱落すると思う。

そういえばゾンビルールについて、最初に導入されたシーズンで僕は否定的な見解を述べたけど、今となってはもう受け入れる事にした。いつまでも文句言っててもしょうがないし、そこまでマジになる番組でもないのでね。今回は助っ人という新たなルールも取り入れられてるけど、それも今から楽しみである。一体誰が登場するのだろう。

話は全く変わるけど、今年はセックス絡みのスキャンダルが多すぎる。そんなわけで、(サイト右上にも書いたけど)僕は「今年の漢字」は『性』がベストだと考えた。2ヶ月ぐらい前は相次ぐ著名人の逝去にちなんで「別」とかがいいって書いたけど、撤回させてもらう。今年は性。

単に性的って意味だけじゃなくて、相撲で土俵の問題もあったじゃない?「性別」って意味でも、性は今年にふさわしい漢字だと思うよ。オリンピックでも女性が活躍してたからそういう話が好きな連中も納得するだろうし、少なくとも「金」などという短絡的な発想よりはずっといい。

というわけで、僕の中で今年の漢字は「性」でキマリ。まだ半分も過ぎてないのにそれこそ「性急」過ぎるかもしれないけど、この漢字を覆すような出来事がこれから起こるとも考えにくいんだよなぁ。むしろどんどん性がふさわしい一年になる予感さえする。

ドキュメンタルも今後、性的なネタが増えるんだろうなぁ。ケンコバが開始前に「陣内が裸で踊り出したら泣いてしまうかもしれない」みたいな事を言ってたけど、視聴者としては期待せざるを得ないよね。そのためにも陣内には場が荒れてくるまで何とか生き残ってもらいたいものである。

パズル進捗状況


地道に進行中。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿