姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2907日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2907日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2907日目) 

プチ記念日


去る木曜日、5月10日は僕と彼女が付き合い始めて8年と1ヶ月の記念すべき日だった。中途半端な時期と思われるかもしれないけど、毎月10日はお客様感謝デーならぬ彼女感謝デーとして制定しているのでね。本当は毎月どころか毎週、いやさ毎日だって祝いたいぐらいだ。僕にとっては彼女と過ごす一瞬一瞬が記念であり、かけがえのない思い出になるからなー。

そんなわけで今月も彼女と二人、記念日を心ゆくまで楽しんだ次第だ。平日だったから特にどこかへ出掛けたとかはなかったけどね。どこにも出掛けなくたって記念日は祝えるし、幸せなひとときを満喫できる。むしろ大切な一日だからこそ、二人っきりの時間を設けるべきだろう。

記念日のプレゼントはもちろん用意したよ。先月は腕時計をプレゼントしたけど、今月はペンダントにしてみた。

ねねっちに似合いそうなシャレオツな逸品が見つかったのでね。そんなに高価なものではないけど、大事なのは気持ち、愛だから! その愛は彼女にしっかり伝わったようで、すごく喜んでもらえた。「やりますねぇ!」って褒めてもらえて、それが僕にとっては何よりのお返しだよね。

とても楽しい一日だったけど、時間が全然足りなかった。先週旅行でずっと一緒だったから、なおさら物足りなさが募ってしまう。彼女ももっと一緒にいたかったって言ってたし、翌日も平日なのを心底恨んだよ。幸い来月の10日は日曜日(つまりスペシャルデー)だから、今月よりは長く一緒にいられそう。今月の分を取り返すぐらい、思う存分イチャラブしまくるぜ!! 一ヶ月後が今から楽しみだY。

今週のデート


土曜の夜はさたでない♪……って事で、昨晩は彼女とデートをした。前述の記念日が物足りなかった件や旅行の余韻が残っている件もあって、日曜日まで待てなくてね。夜のデートって最近あんまりしてなかったから、久々にいっちょやってみっか!(GKU)って事で。


この前フラワーガーデンの入園チケットをゲッツしたので、今日はそこに出掛けた。色とりどりの花を眺めたり香りを楽しんだりしてロマンチックムード全開のデートだったよ。まあ、どれだけ美しい花も彼女の美しさの前には道ばたの雑草同然だけどナー。


ひとしきり花を楽しんだ後は少し散歩をしてから家に帰って二人っきりで過ごした。記念日の時と違って翌日(つまり今日)が休日だから、長い時間一緒にいられたよ。「今夜は、帰したくない(HGSYMGNJ)」的なノリで思う存分イチャラブしまくった。


晩ご飯まで作ってもらえたしね。しかも僕の大好きなステーキを。ただ焼くだけと思ったら大間違い。彼女の作ってくれるステーキは本格的♂ステーキハウスで食べるステーキより遙かに美味しいからね。焼き方が上手ってのもあるし、何より「愛」という極上のスパイスが振りかけられているからなー。付け合わせの野菜とかも美味しかったし、冗談抜きで無限に食べられる。


お腹も心もいっぱいになって、昨晩は最高の一夜だったよ。幸せレベルで言えば旅行の夜にも全然負けてない。まあでも、一緒に暮らしてたらこんな幸せが毎日味わえるのになぁと寂しくなる部分はあるけどね。彼女も帰りたくないって言ってたしなぁ。せつないね。せつなさ炸裂(SNTMNTRGRFTI)だね。

しかし、そのせつなさをエネルギーに変えて、明日も明後日もまた彼女とラブラブしまくるのである。っていうか明日はいよいよ「あの日」だからね。ラブラブしまくるのは当たり前だよなぁ!?

雑談コーナー【テーマ:神ドラマ】


先週書きそびれた、Netflixで面白かった作品の話。『ブレイキング・バッド』って2008年から2013年まで(全5シーズン)放送されたアメリカのドラマなんだけど、知ってるかな。エミー賞を受賞した作品を「知ってる?」なんて言うのも実にマヌケだけどね。知名度としてはプリズン・ブレイクやLOSTにも匹敵するレベルだし、見た事なくても名前ぐらいは聞いた事ある人も多いだろう。

そんな超有名作品について今更語るのはどうかと思ったけど、これまでも僕は『24』や『シュタインズ・ゲート』などを周回遅れ極まりない時期に絶賛してきたし、たとえ何十年経とうと面白いものを面白いと言うのは何ら間違った事ではないはずだ。今更だと知りつつも紹介したくなるような名作だと受け取ってもらえるとありがたい。

大雑把にストーリーを説明すると、肺がんで余命宣告をされた化学教師のオッサンが、妻や子供に遺産を残すため覚醒剤の製造に手を染める話。相棒役となる元教え子の青年と二人で高純度の覚醒剤を造って裏社会で名を馳せていくんだけど、有名になればなるほど家族や親類に「裏の顔」がバレそうになってヒヤヒヤという展開が見どころの一つ。

設定やあらましだけを聞くと割と良くあるというか、あまり面白そうには思えないかもしれない。でもストーリー展開や演出が実に秀逸でね。何より素晴らしいのがシーズンが進むにつれてどんどん盛りあがっていく点。途中までどれだけ面白くてもラストで失速するドラマって珍しくないじゃない? それこそ『24』はその典型だし、以前紹介した『フリンジ』というドラマも最終シーズンは打ち切り臭い駆け足展開で興醒めだった。でも『ブレイキング・バッド』は最後まで面白い。というか、最後が一番面白い。

正直白状すると序盤は「すっげぇ面白い!」とは思わなかった。別につまらなくはなかったんだけど、以前からこの作品を数々の著名人が絶賛してるのを知ってたから、ハードルがかなり高まってたんだよね。そのせいで「普通に面白いけど、大騒ぎする程でもないな」ってのが率直な感想だった。

でもシーズンが進むにつれて、その感想は覆されていった。特に第3シーズン以降は休憩するのが嫌になるぐらい続きが気になって、実際寝る間も惜しんで一気に見てしまったよ。第3シーズンより第4シーズン、第4シーズンより第5シーズンの方が面白いから、止まりたくても止まれないんだ。

第5シーズンのラスト、つまり真の最終回はあまりの面白さに思わずスタンディングオベーションしたくなった。この手の「主人公が悪事に手を染める」類の作品を万人が納得する形で着地させるのは本当に難しいと思う。でも僕はこの作品のラストは考え得る中で最もベストだと感じたね。

あんまり書くとネタバレになるから書けないけど、モヤモヤしていたものが一気に晴れた感覚。決してハッピーエンドとは言えない、だけど後味は悪くない。人によって望む結末は違うと思うけど、少なくとも最後まで見続けてよかった!と思えるラストである事は間違いないよ。

ちなみにこの作品には『ベター・コール・ソウル』というNetflix限定配信のスピンオフがあって、そちらは現在進行形でシリーズが続いている。本編に登場する一人の男を主役に据えた話で、時系列は本編より前なので、本編で死亡するキャラクターも出てくる……らしい。

らしい、というのはまだ見ていないから。また見始めたら一気に見ざるを得なくなりそうで、もったいなくてね。今は全く関係のない別作品を見ているから、そちらが一段落したらまた戻ってくる予定。

何はともあれ、素晴らしい作品なのでサスペンス系のドラマに興味がある人は是非見る事をオススメする。先週ちらっと書いたけど、これだけのためにNetflixに加入する価値はあると思うよ。スピンオフはNetflixでしか見られないし。

パズル進捗状況


引き続き背景部分を作成中。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿