姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2991日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2991日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2991日目) 

今週のデート


夏休み中は曜日にこだわる理由が特にないゆえ、今週のデートは昨日した。そういう意味では平日でも良かったんだけど、今週は全国的にクソ暑かったじゃない? 名古屋なんか最高気温40.3℃とか行ったし。そんな暑いさなかデートなんてありえないからね。夜は夜で蒸し暑いし、どうせデートするなら昼っていうか朝からずっと一緒にいたかったので。旅行でずっと一緒だったから、なおさらそう思うんだろうなあ。


昨日も暑かった、けど前日までよりはマシだったのでまだ良かった。そんなわけで昨日は彼女と水族館に出かけてきたのだ。確か先週だったか先々週だったか、「次のデートは海にする」って言ったような気がするけど……スマンありゃ嘘だった。嘘っていうか、あくまでも予定に過ぎなかったからね。絶対行くと確約したつもりは毛頭ないッ!(開き直り)

行くつもりだったのは本当。でも上でも言った通り、今週は暑すぎた。炎天下の中で海水浴したって楽しめないだろうって事で、今回は見送った次第だ。今週が最後のチャンスだったら別だけど、まだまだ夏休みは残ってるし。それに今年は猛暑だから、お盆過ぎて急に涼しくなるって事はないだろう、多分。むしろちょうどいい海水浴日和になるのではないか、僕はそう思ったんだ。

だから海水浴はまた後日にする。次のデート、とはもう言わない(笑)。っていうか次のデートの行き先はもう決まってるしね。休日……10日……記念……あとは分かるな? 予定としては再来週、お盆過ぎたぐらいに満を持して海に行きたいなぁと思ってる。


話を今週に戻すと、昨日は水族館で涼しげなイキフンを味わった後はショッピングをしたりご飯を食べたりして過ごした。シースーをつまんでみたのだけど、後になって水族館行った後に魚食うってどうよ?って思った。全く意識してなかったし、彼女も特に気にするそぶりはなかったからいいんだけど。何よりシースーまいうーだったしね。


お腹いっぱいになった後は僕の部屋でイチャラブしつつ、ゆっくりくつろいだ。やはり夏はエアコンの効いた部屋で過ごすに限るし、ソーセージは(ry

とにかく、夏の暑さを吹き飛ばすぐらい最高に楽しくて幸せな一日だった。次のデートが今から楽しみだY。いや、デートだけでなく、彼女と過ごす全ての瞬間が楽しみで仕方ない。僕の夏休みは彼女と一緒にいるためにあるからね、間違いなく。

夏祭り


今日は彼女と夏祭りに行き……たいね、という話をしていた。毎年二人で行っている地元のやつ。本格的♂に始まるのは来週末からなので、今日は行っていない。今年も彼女の浴衣姿が見られると思うと今からションテンガリアーである。浴衣姿自体は旅行の時に思う存分堪能させてもらったけど、ホテルの浴衣と普通の浴衣はまた全然違うからね。どちらがいいという話ではない。あえて言うなら、どちらもいい。究極VS至高の対決のように、優劣など永遠につかないだろう。

早く来週になって欲しいという思いと、少しでも長く夏休みが続いて欲しいという思いが僕の中でせめぎあっている。次の日曜が来て欲しいけど、来て欲しくない。これもまた永遠に結着のつかない矛盾である。

まあでも、浴衣や夏祭りが夏休みの全てってわけでもないから、どちらかと言えば引き延ばしたいかな。福本伸行や板垣恵介の漫画のように、散々夏休みを引き延ばして10年ぐらい経ってくれればいいのに。

とはいえ、終わりがあるから夏休みはより魅力的に輝くし、限られた時間の中で最高の思い出を作ってやろうと意気込めるのだけどね。

雑談コーナー【テーマ:申氷N】


申し訳ないがそうめんに氷水はNG……というネットニュースを先月、見かけた。何でも麺を水にさらし続けるとうまみ成分?みたいなのが溶け出して美味しくなくなってしまうんだと。だからなるはやで水を切るのがそうめんを美味しく食べる秘訣だって、そのニュースでは言ってた。

……知らんがな。というのが僕の率直な感想。そして心底、くだらない。

僕はこういう、「正しい食べ方」や「正しいマナー」といった概念が大嫌いだ。一番美味しいかどうかなんて誰が決めたんだ。そうめんに関して言えば水を切った麺は固まってほぐれにくくなってしまうので敬遠する人も少なくない。かくいう僕もそう思っているのだが、そう思う人間にとっては氷水に浸かったそうめんが一番美味しいのだし、それを否定される筋合いはないだろう。

だいたい、水に溶け出すといったって30分も1時間も浸けておくわけでもあるまいし、たかが知れてるだろ。少なくとも常人の味覚で違いは分からないと断言できる。それより水を切ると速攻で固まってしまう方が僕はずっと嫌だ。

いるよね、こんにゃくは肉を固くするからって必死ですき焼きの肉と糸こんにゃくを遠ざけようとするヤツ。そりゃ意味なくくっつける必要はないが、肉なんかどうせすぐ食べるんだから神経質になるような事でもないだろう。細かい事にいちいち口出しする鍋奉行の方がよっぽど飯をマズくするわ。

マナーに関してもそう。よくバラエティ番組とかで正式なマナーをチェックする企画があるけど、あんなマナー誰が決めたんだよ。どこの馬の骨か分からないジジイやババアが決めた規則に我々が素直に従う義理も「間違ってる」と言われる道理もないね。周りの人間を不快にさせなきゃそれでいいじゃないか。

この話は年末改めてするつもりだが、年賀状のマナーもくだらないと思ってる。「新年あけまして」は不自然だの、目上の人に「賀正」は失礼だの、マジくだらない。そんな事でいちいち目くじら立てるような奴には二度と年賀状なんて送らないから正直に気分を害したと言ってほしいよ。

そもそも毎年言ってるように、年賀状という風習自体くだらなさの極致だと思っているのだが。年賀状肯定派は「年賀状の時ぐらいしか連絡を取り合わない人もいるので……」とか言うけど、そんな薄っぺらい関係性を維持して何になる? 年賀状送らないぐらいで失われる人間関係なんか無くなって結構だろ。

今のご時世、年賀状に頼らなくてもお互いの近況が知りたければ知る方法なんていくらでもある。どうしても肉筆の文書がいいっていうなら寒中見舞いでも送ればいい。義理と建前にまみれた年賀状なんて廃止すべきだ。この訴えは毎年、もちろん今年の年末も行っていくつもりです。

話がだいぶ逸れてしまったけど、とにかく食べ方にしろ作法にしろ、明確に「正しい」なんてものは存在しないし、正しいなどと抜かす奴は滅んでしまえと思うわけだ。

天国の兄貴だってきっとこう言うよ。「もう好きにやらせてちょうだい……♂」って。

パズル進捗状況


下(写真左)の1/3ぐらいが完全に出来た。実は1ピースだけ足りなくてずっとモヤモヤしてたんだよね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿