姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3033日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3033日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3033日目) 

本格的♂修学旅行


鬼怒川サイコー!!日光サイコーー!!!ねねっちサイコーーーー!!!!ヒィィィィィィィィィィィィハァァァァァアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!

……と、いうわけで、ついさっき一泊二日の旅行から帰ってきた。ションテンが異常なのは丸二日ほど寝ていないせいという事で許してチョンマゲ(激寒)


いやー今回も素晴らしい旅行だった。毎度毎度同じ事ばっかり言ってんじゃねぇよって思われるかもしれないけど、実際素晴らしかったのだから仕方がない。もちろん、「素晴らしい」なんて単語では言い表せないぐらい色んな思い出を作ったよ。でもその思い出の数々を形容する言葉は僕には思いつかないから、素晴らしい、最高、というしかない。あまりにもすごすぎると逆に感想はシンプルなものになってしまうんだよ。フリーザだって最終形態が一番シンプルじゃん?

天候にも恵まれてね。最近曇りや雨が多くて心配してたけど、特に今日は夏に戻ったような暑さで、かといって炎天下というわけでもなく、絶好の旅行日和だったと言えよう。もしかしたら家康さんが「あの二人またワシんとこ来るらしいがや、雨なんか降らしたらだちかんぞ」と気を利かせてくれたのかもしれない。ちなみに「だちかん」は名古屋弁で「だめ」という意味です。


そんな家康さんにももちろん会いに行ってきた。もう散々行っているから、顔見知りみたいなものだね。他にも江戸村やワールドスクエアにも行って、思う存分日光を楽しんだ。一人で行きたいと思えるような場所でもないけど、彼女と一緒なら10回だって100回だって100億万回だって行きたい。旅行中の彼女、ずっと楽しそうだったし、そんな彼女を隣で眺めるのが僕にとって何よりの幸せなんだ。

一泊二日は短すぎる、というのも毎度おなじみの感想。やっぱ物足りないよねぇ。中一日はあるともっとゆっくり時間を使えるんだけど、一泊二日は移動時間もあるから終始ドタバタしてしまう。まあ、電車に乗ったりバスに乗ったりしてる時もそれはそれで楽しいんだけどね。


それにあんまり長い旅行は僕が死んでしまうかもしれない。だって、旅行中は寝てなんていられないから、二泊三日だったら丸三日、海外旅行で五泊七日とかになろうものなら一週間は寝られない事になる。それはさすがに死ねる。命を守るためには一泊二日でちょうどいいと言えるだろう。……でもたとえ死んでもいいから一週間ぐらい旅行したい気持ちはあるよ。それが「愛」ってもんだろう。

明日は休みだし、ゆっくりするつもり。敬老の日らしいけど、申し訳ないがお年寄りのために何かをするような余裕はない。でも彼女のためには何でもするよ(ん?)

そんなわけで、今週は(執筆順としては)ここまで。来週は体育祭があるから、それについてお伝えする予定だ。こうご期待!!

プチ記念日


例によってここから下は旅行前に書いてる。といってもこれを書いてる今は9月15日の0時過ぎ、つまり日付的には旅行当日なんだけどね。あと7~8時間もすれば彼女とのラブラブ旅行が控えてると思うと、ションテンガリアーで眠れない。でも旅行中は寝てる暇なんてないから、今夜はしっかり寝ておかないとダメなんだけどね……できるかなあ。さっきコーラ飲んじゃったし。

それはそれとして、更に遡って今週の月曜日、9月10日は僕と彼女のプチ記念日だった。実は先週日曜のデート、遊園地にしようかなーとも思ったんだよね。日曜日も月曜日も似たようなもんやし。でもさすがにそれは本当のスペシャルデーのありがたみが薄れるって事でやめにした次第だ。まあ、遊園地には先月行ってるってのもあったし。

今月はスペシャルデーではないけど、気分的にはスペシャルだった。それを言い出したら毎回、っていうか彼女と過ごす毎日がスペシャルなんだけど、旅行前って事でいつも以上にションテンガリアーだったのは事実。そしてだからこそ、今月のプレゼントはちょっと調子に乗ってしまった感がある。


ネコミミ。今月のプレゼントはこのネコミミカチューシャだ。こんなものを贈るなんてどうかしてるぜ!と思われるかもしれないけど、どうもしてないから。彼女に似合うと思ったから買った、それだけ。時は来た、それだけだ(HSMTSNY)

彼女はシャレの分かる子だから、思いのほか喜んでくれたよ。こういうの贈るのは別に初めてってわけでもないし、ま、たまにはね? 来月はちゃんとしたプレゼントを贈るつもりだし、既にこれにしようかなーっていう候補はいくつか挙がってる。慌てて買うとそれからもっとよさげなブツが見つかった時に後悔するからまだ買ってはいないけど、ちょくちょく店に足を運ぶ予定だ。

何かと憂鬱になりがちな月曜日だけど、記念日、っていうか彼女のおかげで最高の一日になった。一週間を乗り切る事ができたのも彼女と、その彼女との旅行が控えていたからこそだし、今の僕がションテンガリアーで眠れないのも仕方ない事が分かってもらえると思う。

まあ、旅行の翌日の月曜日も祝日だから、いざとなったら二日徹夜する覚悟は決めているよ。旅行中に眠くなる事はないし、何の問題もないね♂

雑談コーナー【テーマ:お礼は三行以上】


テニスのセリーナ・ウィリアムズの行動と、それに対する対応が物議を醸している。一番目立つのがセリーナを批判するのは差別的だという意見だけど……その意見の方がよっぽど差別的じゃない?

だって、そういう人たちって「セリーナが黒人女性だから叩かれてる」と思ってるわけでしょ?違うだろ、それは。セリーナが叩かれるのは黒人だからでも、女だからでも、ましてやブサイクだからでもない。単純に一連の言動がみっともないからだ。明らかにスポーツマンシップに反する態度だし、眉をしかめられるのは当然だろう。

仮にあれがイケメンの白人男性でも同じように批判されていたはずだ。実際、白人で言動をたしなめられるテニスプレイヤーは何人もいる。それなのにあえてセリーナだけを「批判をするな」と擁護するのは、それこそ差別以外の何物でもないじゃないか。

差別差別やかましい奴が一番差別的なのはこの件に限った話ではないけどね。エディー・マーフィーの件しかり、LGBTの件しかりだ。まあ、日本と違って欧米は基本的に多民族国家だし、実際に酷い差別が行われた歴史があるから人種問題にデリケートになる気持ちも分からなくはないけど、いい加減その辺の考え方は改めた方がいいと思うよ。

差別とは少し違うけど、再来年のオリンピックに向けてタトゥーのプール・銭湯お断り問題はどうするんだろうね。タトゥーを入れた外国人なんて特に珍しくもないし、絶対揉めると思うんだが。その件についてもっと議論が行われないのが不思議でしょうがない。「大丈夫でしょ。ま、多少(のトラブル)はね?」とでも考えているのか。

僕はタトゥーなんて一切興味ないけど、タトゥーを入れる事に対する偏見は全くない。だから、別にタトゥー入れてるという理由で入場を拒否する必要なんてないでしょと思ってる。そもそも、そのルールはヤクザやチンピラをシャットアウトするのが目的でしょ? つまりタトゥー入場禁止はあくまでもトラブルを未然に防ぐ「手段」に過ぎなかったはずだ。

だとしたら、タトゥーが普及してルールが正常に機能しなくなった今の時代もその手段を行使し続けるのはおかしい。ましてやトラブルを防ぐためのルールのせいでトラブルが起きるとなったら、本末転倒もいいところだろう。

そりゃ物には限度ってものがあるよ? それこそヤクザみたいに全身びっしり彫り物をしてたら確実に周囲を威圧するから来るなと言われて当然だ。でも腕や足にワンポイント入れるぐらい、別にいいじゃないか。「それだと境目を見極めるのが難しい」という意見もあるかもしれないが、全身モンモンの輩が毎日何十人何百人と押し寄せるわけでもあるまいし、個別に適宜対応すりゃいいだろう。

それでもあえてルールを決めるとすれば「タトゥーを入れている場合、入場をお断りする"事があります"」と含みを持たせればいい。絶対ダメなどと杓子定規なルールにするから逆に揉めるんだ。何でもかんでも厳格な規則を作りたがるのは日本人のよくないところだと思う。ネット上、特にSNSでもその手の問題はよくあるしね。

まあ、ルールに厳しいからこそ日本人は礼儀正しいと言われるし、災害とかの緊急時にも大きなトラブルが起きないわけだから、一概に悪しき気質とも言い難いんだけど。それも含めて、物事は白黒はっきりつけるべきじゃないって僕は思うよ。

パズル進捗状況


順調に作成中。まだ割と見つけやすいピースがある。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿