姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3047日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3047日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3047日目) 

今日のデート


今日は彼女と温泉に行ってきた。夕方ぐらいから台風が近づいてくるって言われてたので、早め早めの行動を心掛けたよ。台風だからってデートしないなんてありえないし、だとしたら急ぐしかない。映画とかカラオケでもいいかなーと思ったのだけど、台風が来るって分かる前から温泉って決めてたし、その予定を変える程ではないかなと。彼女の湯上がりたまご肌(MMIKOR)を思う存分堪能したかったってのもあるし。

温泉といっても地元のだから、この前の鬼怒川温泉とかには負けるけど、十分癒やされたのでよしとする。できればもっとゆっくりくつろぎたかったけど、まあ、台風だからね、しょうがないね。


台風に負けない精力♂をつけようって事で、昼ご飯は焼き肉を食べた、いや、焼き肉を「入れた」。調子に乗って食べ過ぎた気がしないでもないけど、大丈夫だろう。「うおォン」ってな具合に人間火力発電所と化した僕は無敵だ。彼女もタン塩にホルモンにカルビにと、美味しそうに肉を入れていた。もちろんごちそうの代名詞(出典:『お金がない!』)、骨付きカルビも二人で食べたよ。

そういえばこの前テレビで「バーベキューに野菜はいらん」って説が提唱されてたけど、その説には僕も激しく同意したい。バーベキューにしろ焼き肉パーティにしろ、僕は肉が食べたいのであって野菜が食べたいわけではない。むしろ野菜で少しでもお腹がふくれてしまうのは損だ。

肉と白い飯さえあればそれでいい。逆に白い飯はないとダメだ。白い飯がないとあの温厚な井之頭五郎氏ですら「焼き肉といったら白い飯だろうが!」とキレる始末である事からも分かるように、絶対に欠かす事はできない。


温泉で心と体を癒やし、焼き肉を入れてお腹いっぱいになった後は部屋でゆっくり過ごした。彼女と二人っきりの時間がやっぱり何より幸せだし、極論を言えば彼女さえいてくれれば白い飯も、肉さえもいらないんだよなぁ……。明日が先週や先々週みたいに休みだったらもっと一緒にいられてよかったのに。

まあ、明日は明日で思う存分彼女とラブラブに過ごすつもりだ。つもりっていうか、決定事項やね。

本格的♂気温差


しかしあれだね、なんだか急に涼しくなりましたな。まあ、夏が暑すぎたから涼しくなるのはいい事なんだけど、あまりにも急すぎてちょっとね。しかもずっと涼しいならまだしも、30度近くまで上がる時もあるし。こういう時は体調を崩しやすいから気をつけないといけない。っていうか、崩したんだけどね、もう。

今週の月曜から火曜にかけて、妙にだるくてね。原因は間違いなく気温差。風邪引いたら嫌だな~怖いな~(INGWJNJ)と思いながら寝たら、本当に引いてしまったというパティーン。起きてすぐ無意識に「やっぱりな♂」と口走ってしまったよ。兄貴じゃなくても全てお見通しなんだ。

幸い、そこまで症状は酷くならなかったんだけどね。早めに薬を飲んだし、何より彼女に元気♂づけてもらったから。薬に関しては正直効いたとは思えないので、全ては彼女のおかげと考えていいだろう。もし薬を飲むだけだったら本格的♂体調不良で病院のお世話になってたな。間違いない(NGIHDKZ)

もう一つ幸いな事に彼女に風邪を移す事もなく、今はすこぶる好調だ。ただこれからも不安定な気候は続きそうだから、油断はできないよね。何でも話によると今年の冬はエルニーニョとかいうやつのせいで暖冬らしいので、暖かかったり寒かったりせわしなくなりそう。寒いばっかりも嫌だけど、どっちつかずも考えものだよなぁ。


何はともあれ、彼女とのラブラブ生活を思う存分満喫するためにも、体には気をつけておきたいものである。まあ、いつぞやのように風邪引いて彼女に看病してもらうのもそれはそれで幸せなのだけど……だからってわざと病気になんてなりたくないしね。彼女に移しでもしたらそれこそ一大事、彼氏として、いや、人間として失格だし。恥の多い生涯なんて、送りたくないよ。

ちなみに風邪にはチョコレートがいいって誰かが言ってたから、先日雑談コーナーでボロクソに貶したロシアケーキ(のチョコ味)をいくつか食べた。別に効果あったとは思わないけど、不良在庫を少し消化できたので少し気が楽にはなった。そして改めて、訳ありスイーツなんか二度と買わないと心に誓った。ふざけやがって。

雑談コーナー【テーマ:not生きがい】


誠に残念ながら、『FREEZE』は生きがいとは呼べないかもしれない。今週、第2回が配信されたわけだけど、イマイチパッとしないというか……。いや別に「つまらん!」ってわけじゃないよ。少なくとも戦闘車や有吉のぬるま湯みたいな糞番組とは比べものにならないぐらいちゃんとしてる。要所要所で笑えるポイントもあるし。

でも全体を通して考えると何か煮え切らないんだよね。一番の要因はやっぱり「ルールがよく分からん!」という点に尽きるんじゃないかと。これに関しては意図的なものだろう。『ドキュメンタル』で不明瞭な判定について度々指摘されるから、それに対するアンチテーゼとしてあえてガバガバな基準にしているんだと思う。

攻めない事が正義という点も含め、「ドキュメンタルの裏を行こう」というコンセプトは理解できる。ただ、それが面白さに繋がっているかというと、そういうわけでもないんだよね。確かにこの手の番組におけるルールなんて数ある要素の一つに過ぎない。プロレスがそうであるように、「勝ちさえすればいい」というわけではないのは明らかである。

だけど、番組として成立させる以上、たとえ形骸化していようと一定の線引きは必要だと思うんだ。それこそプロレスにだってルールは存在しているわけで、そのルールの中でせめぎ合ったり、時には逸脱したりするのが楽しいんじゃないかなあ。

現状だと脱落者が何で脱落するのか全く分からなくて、見ていてモヤモヤするんだよね。一番動いたから脱落するわけでもなければ、リアクションがつまらないから脱落するわけでもないし。しかも番組の性質上、脱落者が特に爪痕を残したという印象もない。強烈な印象を残しながら退場する者の多いドキュメンタルとは(悪い意味で)対照的である。

松ちゃんや現場のスタッフは楽しいのだろうけど、それは彼らが「仕掛け人」という立場に身を置いているからで、部外者である視聴者との間にはどうしても温度差が生まれる事を分かっているのだろうか。

まあ、まだ2回目なので結論を下すのは早いのだが。とりあえず最後まで見終わってから面白かった、もしくはつまらなかったと断じたいと思う。もしかしたらこの先とんでもないどんでん返しが待っているかもしれないし、再び「生きがい」となる可能性だって十分ある。

いずれにせよ、今現在僕にとっての生きがい番組は『有田と週刊プロレスと。』だけっすな。でもその有プロも先週の放送回はついて行けなかったんだけどね。あまりにもマニアック過ぎて(笑)。僕のプロレス知識なんてにわかと呼ぶのもおこがましい程皆無に等しいから、少し突っ込んだ話をされるだけで置いてけぼり。「映像が一切流れない」という、番組内でも度々指摘される欠点が災いしてマジでちんぷんかんぷんの30分だった。

でもまあ、マニアはああいう話を聞きたいんだろうなというのは分かるし、番組の裏事情(6本撮りの件)を聞けば「そう有田ばっかり喋ってられないからね、しょうがないね」と納得できた。ついて行けなかったのは先週分だけで、今週はマニアックながらもキャッチーなテーマだったので普通に楽しめたしね。

ちなみに有田プロレスとFREEZEは配信曜日が同じ(水曜日)で、それがFREEZEをイマイチと感じさせる理由の一つかもしれない。番組の方向性は別物とはいえ、続けて見るとどうしても比較してしまうからね。FREEZEもドキュメンタルと同じく金曜配信にして欲しかったなぁというのが正直なところだ。

パズル進捗状況


今週はあんまり進まなかったかも。体調が悪かった事とは別に関係ない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿