メガハウス ドラゴンボールギャルズ ビーデル 回復Ver. レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メガハウス > メガハウス ドラゴンボールギャルズ ビーデル 回復Ver. レビュー

メガハウス ドラゴンボールギャルズ ビーデル 回復Ver. レビュー 

商品名:ドラゴンボールギャルズ ドラゴンボールZ ビーデル 回復Ver.
作品名:ドラゴンボール
発売元:メガハウス
発売日:2018年10月下旬
価格:10,584円(税8%込)
原型製作:神永竜太郎(山猫亭~nekohouse~) 彩色:アンドウケンジ
備考:--

ビーデルさん

世界レベルの圧倒的人気を誇る漫画およびアニメ『ドラゴンボール』シリーズより、格闘王ミスター・サタンの娘で魔人ブウ編のヒロインを(一時的に)務める少女「ビーデル」

ビーデルさんと言えば第25回天下一武道会のスポポビッチ戦でフルボッコにされる一幕が非常に印象的で、何の前触れもなく残虐ファイトが繰り広げられた事から多くのちびっ子にトラウマないし歪んだ性癖を植え付けたと言われています。いたいけな少女が屈強な男に一方的に嬲られるバイオレンスなシチュエーションにエロスを感じるのは至極当然と言えるでしょう。

そんなスポポビッチ戦をフィーチャーしたフィギュアがメガハウスから発売されました。メガハウスからは既にロングヘアのビーデルさんが発売されているので、これで2体目となります。「メガハウス ドラゴンボールギャルズ ビーデル レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP7329IMGP7331
白を基調としたパッケージ。デザインはノーマルVer.との統一化が図られています。

全身


スポポビッチ戦後に仙豆を食べて全快したワンシーンが再現されています。破れた服や包帯の痛々しさとウルトラZな笑顔のギャップがポイントです。

ちなみにこのフィギュアをモチーフにした、ブラウザゲーム『ドラゴンボールZ Xキーパーズ』用カードのシリアルコードが封入されていました。自分はそのゲームをやっていないので何の意味もありませんが……。

全高(頭頂高)は約18.5cm
IMGP7341
ノーマルVer.と原型師は同じですが、こちらの方が一回り大きく作られています。スケール的には1/8ぐらい。並べた際のサイズ差がどうしても気になるものの、ノーマルは(値段の割に)小さすぎると思っていたので、個人的にはナイス判断。

頭部

IMGP7343IMGP7346IMGP7348
目元が特徴的な鳥山顔が忠実に再現されています。割とクセの強い顔立ちで、真正面より横や斜めから眺めた方が可愛らしく見えます。

各部

IMGP7350IMGP7352IMGP7373IMGP7356IMGP7358IMGP7359IMGP7361IMGP7362IMGP7365IMGP7367
品質、造形ともに良好。比較的シンプルなデザインですが、間延びしないよう細部まで丁寧に作られています。破れたスパッツから覗く肌のみ塗装で、写真だと他の部分との色味の差がはっきり出てしまっていますが、肉眼ではあまり気になりません。

デザイン上の制約によりキャストオフ等のギミックはありません。
IMGP7369IMGP7371
しかし、むっちりとした腰回りはなかなかのエロさ。エロという観点で言えば胸元や腋の下も見どころです。

大きめ写真

総括

良く出来ています。そもそもビーデルさんは作品全体から見れば脇役もいいとこなので、2体目が商品化された事自体が奇跡。ノーマルVer.のレビューで「ショートカットも欲しい」と書きましたが、その願いが叶えられた事をまず素直に感謝したいです。

同じくノーマルVer.でやや不満に思っていたサイズの小ささが解消されたのもグッド。上でも述べた通りノーマルVer.との統一感は薄れてしまいましたが、だからといってこれも小さかったら物足りないのでやむを得ないかと。まあ、ノーマルVer.が大きければそれがベストだったのですが。

いずれにせよ、ビーデルさんをこよなく愛するドラゴンボールファンなら間違いなく満足しうる出来映えなので、ノーマルVerと併せてオススメです。さすがに3体目が出るとも思えませんが、娘のパンちゃんには引き続き期待しています。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿