姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3173日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3173日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3173日目) 

今日のデート


今日は彼女と水族館に行ってきた。そういえばここのところ行ってなかったなーと思ってね。天気もあんまりよくなかったし、屋内デートなら水族館は打ってつけでしょって事で。もっとも、結局デート中に雨は降らなかったのだけど。天の神様が僕らのために気を利かせてくれたんだろうね。サンキューゴッド!!


それはそれとして、久々の水族館は楽しかったよ。彼女も楽しんでくれたみたいで、それが何より嬉しいし幸せだ。イルカショーのイルカも可愛かったなぁ……言うまでもなく、彼女の方が8兆倍可愛いけど。イルカの鳴き真似とかしてくれてね、もはや犯罪級の可愛さだった。ここで伝えきれないのが口惜しくてならない。

水族館を楽しんだ後はレストランで食事。一瞬、寿司でもつまもうかなと思ったんだけど、魚を見た後で魚を食べるのもね……以前無意識にそれを実行して「しまった!」と思った事あるし。彼女は特に気にしてなかったみたいだけど……あえてすべき事でもない。あえてね(カタール戦惨敗済み)


レストランでは肉を食べた。彼女は食べやすいサイコロステーキ、僕は特大ダンボステーキを注文。ジューシーで美味しかったよ。もちろん「あ~ん♥」もしてもらえたし、最高、いや最強すぎる。でもまあ、レストランで食べる肉より彼女が家で焼いてくれる肉の方が遙かに美味しいのは確か。またそのうち彼女にダンボステーキを振る舞ってもらいたいなと思った。


お腹いっぱいになった後は部屋でゆっくり過ごしたよ。時間の許す限り、思う存分イチャラブしまくった。先週の旅行みたいにずっと一緒ってわけにはいかないのが辛いところだけど……その分濃密な時間を過ごせたのでよしとする。でもまた早く旅行したい気持ちは高まったよね。

次はいつ行けるかなぁ……できれば平成のうちにもう一回ぐらい行っておきたいのだけど。この前の旅行は別に平成最後というつもりではなかったし(熱海旅行としては最後だろうけど)。まあでも、最後だろうが最初だろうが重要なのは彼女とずっと一緒に過ごす事だから、なるべく早く行ければそれでいい。結果的に平成最後ではなくなったとしても、何の問題ですか?

何の問題もないね♂

アッハ☆ごちそう

今週は彼女が晩ご飯をごちそうしてくれた。いや、別に今週に限った話でもないので「今週も」と言った方が正しいか。とにかく、彼女は度々僕のために腕によりをかけて手料理を振る舞ってくれる。その心遣いがまず嬉しいよね。


今週はラーメンとか焼きそばを作ってくれたよ。麺祭りじゃ^~!! ラーメンなんかただ茹でるだけ、焼きそばなんかただ焼くだけだろ……なんて考えるのは素人のあかさたな(死語)。彼女の作ってくれるラーメンや焼きそばはそんじょそこらのやつとはワケが違う。何が違うって、「愛」が違う。僕への愛情がたっぷり込められた、究極のラーメン、至高の焼きそばなんだ。

彼氏としてのひいき目ではなく、実際彼女は料理上手いしね。初めて彼女の手料理を食べてもう何年も経つけど、その時から僕の胃袋は完全に掴まれている。まるごとバナナ、おやつカルパス、そして彼女の手料理が無限に食べられる三大グルメと僕は考える。もちろん、彼女の料理に比べたらまるごとバナナもカルパスもしょぼすぎて話にならないけど。

料理もだけど、彼女と一緒にいられるのも嬉しいし幸せな事だ。旅行の後ってどうしても一人で過ごすのが寂しくなりやすいから、彼女も頻繁に会いたいって言ってくれる。料理以前にそれが嬉しい。ぶっちゃけ僕にとっては彼女自身が最高のごちそう♂だからなぁ……。いくら食べても飽きない、どころか食べれば食べるほどもっと欲しくなる。ヤバい薬以上の中毒性ですよ、これは。

再来週はいよいよ「あの日」だし、これから彼女の作ってくれたものを食べる機会はおのずと増えてくる。その分僕からも色々お返しをしないといけないけど……釣り合うものってなかなかないよね。もちろん、精一杯の愛情は返してるけど、それだけじゃとてもとても足りない。もうあれだね、ZOZOタウンの社長みたいに宇宙旅行でもプレゼントしないといけないね。……彼女がそれを喜ぶかどうかは別として。

雑談コーナー【テーマ:和塩終了のお知らせ】


もう結構前のニュースだけど、ジオシティーズが2019年3月、つまり来月いっぱいでサービスを終了するらしい。正直Yahoo!に吸収された時点で寿命は尽きていたようなものだけど、何というか……一つの時代が終わった、そんな気がする。大げさに聞こえるかもしれないけど、僕の中ではそれぐらい大きな節目なんだ。

僕自身はジオシティーズを利用していないけど、昔から知っているサイトにはジオシティーズに開設されたサイトもいくつかあって、それらが消滅してしまうのは残念に思う。まあ、誰も使ってないのにサーバーを運用し続けるなんて無駄もいいとこだし、終わるのは仕方ないけどね。ここは素直にお疲れ様でしたと労ってあげたい。

ジオシティーズと共に平成も終わる事だし、今日は久しぶりに昔話でもしようか。

僕がインターネットを始めたのは20世紀の終わり、1997年頃だ。その前からパソコン自体は勉強やゲーム(主に後者)のために使っていたけど、本格的♂にネットを始めたのは97年頃。当時のネットなんて今とは比べものにならないぐらい小規模で、それこそ田舎の商店街ぐらいひっそりしていた。Amazonなんてもちろん存在せず、ネットで物を買うなんて考えられない時代だった。

Googleもなかったので検索エンジンはYahoo!を筆頭にinfoseekやgoo、その他細々としたサービスが乱立していた。97年頃はちょうどロボット型検索エンジンが台頭し、従来の手作業によるディレクトリ型エンジンを採用していたYahoo!が失速する過渡期だったように思う。ちなみにYahoo!検索はその後紆余曲折を経てGoogleのロボット型エンジンを採用する事になるのだけど、ディレクトリ型エンジンの名残が「Yahoo!カテゴリ」で、これもジオシティーズ同様来月でサービスを終える。

そんな旧石器時代のようなインターネットに僕が夢中になったのは、今もシリーズが継続中のPlayStation用ゲーム『ワールド・ネバーランド』の公式サイトを訪れたのがきっかけ。そのサイトにはオープンチャットが開設されていて、そこでワーネバを愛する他のネットワーカーと交流を深めたのだ。

今となってはチャットすら前時代的な代物だけど、当時は本当に画期的で。僕はパソコン通信とインターネットの間に位置する微妙な世代だから、顔の見えない相手と文字でコミュニケーションを図る事に慣れてなかったのね。そんな僕にとってチャットは新鮮で、遠くの人と会話が出来るって事がとにかく楽しかった。冗談抜きで寝る間も惜しんで夢中になったよ。

テレホーダイ全盛の当時、昼間にネットに繋ぐ事は死を意味する(金銭的な意味で)。でも僕は繋いだ。繋ぎまくった。そのせいで電話代、月14万請求された事もあった。よく何かにつけて「昔はよかった」などと抜かす輩がいるけど、とんでもない。あの頃の僕に今の常時接続が当たり前、家でも外でもネット繋ぎ放題の未来を見せたら、絶対「そっちに行かせてくれ!」と叫ぶだろう。回線速度だって今とは比べものにならない遅さだったし……ほんと、いい時代になったよ。

ただまあ、昔の方がよかったと思える部分もあるにはある。97年というとネットを始める人も徐々に増えてきた時代だけど、まだパソコンが平気で何十万円もしたので誰でも気軽にってわけにはいかず、ユーザーのリテラシーも比較的高い傾向にあった。変な輩がいなかったわけではないが、情報を発信する場が限られていたので問題が起きても内輪揉めの範疇で収まっていた。そういう意味では平和で、のどかな時代だったと言える。

とにかく、そんな時代からジオシティーズは存在していて、ある意味僕の人生はジオシティーズと共にあったと言っても過言ではない……いや、それはさすがに過言か。でも思い入れがあるのは本当。アングラ界隈では「和塩」なんて呼ばれてね……そっち方面の話をするとまた長くなるので、今日は割愛。

サービスが終了してしまう前にお気に入りのサイトはローカルに保存しておこうかなあ。インターネットアーカイブにもある程度は保存されるけど、巡回対象から漏れやすい小規模なサイトは消えてしまうところも少なくないからね。

パズル進捗状況


端を順調に作成中。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
Precious G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー エンジェウーモン ホーリーアローver.(光る台座付き) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

技術的な面ではあの頃は良かったなんてとても言えないけれど、楽しかったね。
[ 2019/02/03 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿