姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3208日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3208日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3208日目) 

大勝利


先日のテスト結果が出た。結果は……バッチリ!!!!!やったぜ。先週の時点で最高の手応えは感じていたけど、あくまでも自己採点だったからね。不安が全くなかったわけではない。だから月曜日の朝、その自己採点が間違っていなかった事が分かって本当に安心した。それこそリアルガチで「やったぜ。」って叫んでしまったからね。

彼女もよく頑張ったって褒めてくれたよ。それが僕にとっては何よりも嬉しくて……一目も憚らず泣きそうになった。前回のテストではふがいない姿を晒して申し訳なかったから、挽回できてよかったわ。僕に余計なプレッシャーを与えないためか彼女は前回のテストの事については特に何も言ってなかったけど、やっぱり内心気にしていたと思うし。

もし今回もダメダメな結果だったらと思うとぞっとする。マジで「もう終わりだぁ!(この街から)出て行けぇ!」って感じだよ。いや彼女は優しいからそんな事言わないけどね。でも言わないからこそ、余計頑張らなきゃいけないと僕は思っている。彼女の優しさに甘えるなんてだらしねぇ事はしない。Live Better、歪みなく生きろの精神は僕の中で生き続けているよ、兄貴。

とにもかくにもこれで山場は乗り切った。もう平成に思い残す事はない……事もない。いやむしろこれからが本番♂と言ってもいい。テストのように憂鬱なイベントはもうないけど、頑張らなきゃいけないイベントはこれから目白押しだ。この前も言ったけど、絶対に負けられない戦いはまだまだある。

でもまあ、テストと違ってプレッシャーより楽しみの方が8兆倍は大きいけどね。早くその日が来てくれーって思うし。失敗できない緊張感はあるけど、その緊張感は嫌いじゃない。それに最高の結果を残す自信もある。何年彼女と付き合ってきたんだって話だよ。この期に及んで自信がない、なんて言ったらそれこそ問題である。

そんなわけで、その「頑張らなきゃいけないイベント」の第1弾が今日行われたのだけど……それについては次の項目で語る事にしよう。一旦CMでーす(TMR)

今日のデート


今日は彼女と遊園地に行ってきた。理由はもちろん……スペシャルデーだからである! 先月に引き続き、今月も10日と休日が重なる特別な日。平成最後のこのタイミングでこれだけの大盤振る舞いは神の導きを感じざるを得ないよね。ありがとう神! サンキューゴッド!

てなわけで、今月も思う存分スペシャルな一日を満喫した次第だ。一ヶ月前に行ったばかりとはいえ、遊園地は何度行っても楽しい。まあ、彼女と一緒じゃなければたとえ10年ぶりだろうと楽しむ自信はないけど……言い換えるなら、彼女のおかげで僕の人生における楽しみはとてつもなく増えている。神様より彼女に感謝すべきだよなぁ。ありがとう彼女! サンキューネネ!


今回も彼女の好きなお化け屋敷とか、スリル満点のジェットコースターとか色々回った。あと今回は観覧車にも乗ってね。今回は、って事は前回は乗らなかったって事だけど、彼女が観覧車さほど好きではないから、遊園地に行っても乗らない事の方が多い。でもデートで遊園地行ったら観覧車は定番じゃん?やっぱり僕は王道を征く観覧車ですねって感じじゃん?

だから、今回は思い切って乗ってみた。……大正解、だったよね。何だかんだで彼女も楽しそうだったもん。観覧車の中……狭い密室で二人きり……何も起こらないはずもなく……。いやもう最高だった。思い出しただけで「うっひょう!」と飛び上がりそうになる。うっひょう!!


でも一番うっひょう!なのは彼女がお弁当を作ってきてくれた事かナー。いつもながら、彼女の手作り弁当は最高やで。しかもこんなスペシャルな日に食べられるなんてね……うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!って感じだよ。

忘れちゃならない記念日のプレゼント。今月はこれにした。

かわいらしいピンクの帽子。最近帽子をプレゼントしてなかったなーって思って。何より色もデザインも彼女によく似合う。デートの時に被ってきてくれたらいいなー。それもまた、楽しみだで!!


そんなこんなで今日はっていうか今日も実に素晴らしい一日だった。でもまだまだ僕らはこんなもんじゃない。もうすぐホワイトデーも控えているし、その後、来月の10日はいよいよガチのアニバーサリーだ。ホップステップジャンプで言えば先月のスペシャルデーがホップで今日がステップ、来月が満を持してのジャンプだよ。

絶対に失敗は許されない。しくじって砂場に顔面ダイブなんて、目も当てられないからね。今から気を引き締めて頑張る所存だ!!

雑談コーナー【テーマ:RIP】


ディラン・マッケイでおなじみのルーク・ペリー氏が死んでしまった。先週ここで何とか復帰して欲しいと書いたけど、叶わなくて本当に悲しい。でも一番無念なのは本人と家族だろうなぁ……ブランドンらビバヒル・ファミリーも少なからずショックは受けているはず。ドラマ終了後に交流があったのかどうかは分からないけど、あれだけ長く一緒に仕事をした仲間の死はやはり悲しいものだろう。

今のところ、ビバヒルの復活に何らかの影響があるとは言われていないので、恐らく予定通り新作は制作されるのだろう。その場合、ディランの扱いがどうなるのか気になるところだね。演者と同じく死んだ事にするのか、それとも単に不在という形を取るのか。

基本的に連続ドラマの登場人物を演じる役者が死んでも、その登場人物まで死んだ事にする例はそれほど多くないと思う。脚本的に難しいというのもあるだろうし、作品の中では永遠に生きていてもらいたいという追悼の意味もあるのだろう。ディランももしかしたら何らかの事情でメンバーと合流できないという扱いになるのかもしれない。

……けど、個人的にはディランも死んだ、という設定にしてほしいかなと思う。普通のドラマなら役柄と演者は切り離して考えるべきだけど、ビバヒルの場合、ディランは間違いなくルーク・ペリー氏を象徴する役柄であるし。

まあ、固定イメージが付きすぎるのは役者としてデメリットにもなり得るし、本人がどう思ってたのかは分からないけど……もし氏がディラン役を嫌っていたりしないのであれば、ルークの死=ディランの死として正式に弔ってほしいなと思う。それにこういうのも何だけど、ディラン・マッケイという男はいつ死んでもおかしくないキャラクターではあるし(笑)。

ブランドンが死んだとかスティーブが死んだとかだと「え?」って感じだけど、ディランなら「あるだろうな」と素直に受け入れられるし、脚本的にも書きやすそう。というかディラン、作中で何度か死にかけてるよね(笑)。そういう危なっかしい一面も人気の理由の一つだったのは確か。僕はスティーブ派だけども。

とはいえ、あくまでも無責任なファンの勝手な要望なので、別に単なる不在という扱いでも文句はない。どういう設定を採用するにしても、きちんとディランについて触れるのはマストだと思うけど……それに関しては心配する必要はない、はずだ。いくらなんでも一時は実質的な主人公を務めた男をスルーするのはありえないし。

何にせよ、ディランが出られないのは残念だけど新作自体はすごく楽しみ。日本での放送はやっぱりNHKだろうか。そもそもまだ制作が発表されただけなので完成するのは相当先、ましてや日本での放送なんてどう考えてもオリンピックの方が早く来るだろうけどさ。

それまで他の演者が健在である事を祈りたい。もちろん吹き替えの声優陣も含めてね。

パズル進捗状況


端が全て完成した。次はどこに手を付けようか悩む。黄色い部分(写真右側)が一番楽なんだけど、ここに作品タイトルが書いてあるんだよねぇ……そういうのはなるべく最後にしたいから、悩ましい。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿