アルター 魔導物語 1/8 アルル・ナジャ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > アルター 魔導物語 1/8 アルル・ナジャ レビュー

アルター 魔導物語 1/8 アルル・ナジャ レビュー 

商品名:アルル・ナジャ
作品名:魔導物語
発売元:アルター
発売日:2019年3月22日
価格:14,904円(税8%込)
原型製作:i-con(藍色空色) 彩色:渡邊 恭大
備考:1/8スケール

アルル

落ち物パズル『ぷよぷよ』の原点として知られるコンパイルの3DダンジョンRPG『魔導物語』より、シリーズ大半の主人公を務める魔導師の少女「アルル・ナジャ」。カレーとらっきょが好物の活発な女の子で、一人称が「僕」といういわゆるボク少女(ボクっ娘)なのが特徴です。

初出は1989年ですが、ごく初期の作品は名前が設定されておらず、「アルル・ナジャ」と名付けられたのは1991年発売のPC-98版『魔導物語1-2-3』。91年はストIIの春麗が誕生した年でもあり、ゲームヒロインとしては非常に息の長い部類に属します。

ただ、ぷよぷよ関連のIPがセガに移管されてからはデザインに大幅なリファインが施され、主人公の座を新規キャラクターに明け渡した事で往年のような目立った活躍は(旧作の移植を除き)あまり見られなくなりました。

それだけに今回アルターから「旧作準拠のアルル」が立体化されるとの報を聞いた時は驚きましたし、迷わず予約を入れました。何気にここ1、2年で一番発売が楽しみなフィギュアだったかもしれません。



パッケージ


赤を基調としたパッケージ。側面には懐かしい魔導物語のロゴが入れられています。

全身


青と白のツートンカラーの服に身を包んだ、おなじみのデザインで立体化。おかっぱ+ポニテ+アホ毛というツボを押さえまくった髪型ももちろん忠実に再現されています。商品名には書かれていませんが、オプションとしてお供の「カーくん」ことカーバンクルが付属。台座には草花があしらわれちょっとしたヴィネット風になっています。

全高は約21cm

右は2012年に発売されたボークス製ガレージキットのアルル。こちらは『フィーバー!』仕様なのでほとんど別人ですが、見比べると特徴的な意匠を残しつつリファインされている事が分かります。

頭部


大きな瞳と天真爛漫な笑顔が実に可愛らしく、イラストレーター壱氏の描くタッチ通りの顔立ちです。こういう80~90年代特有の典型的アニメ顔は近年すっかり見られなくなったので、逆に新鮮(笑)。

各部


クオリティに定評のあるアルター製という事で、品質・造形いずれも高水準。比較的塗り分けの多いデザインですが、カーくんや台座も含め粗は一切見受けられません。スカートとシャツは繋がっているのでキャストオフはできません。

そして……

スパッツ。無防備そうに見えて固ぷよのようにガードが固い。

「何でパンツじゃないんだ(憤怒)」という声も聞こえてきそうですが、フィーバーのアルルもスパッツを穿いており、恐らく公式設定なので仕方ありません。もっとも魔導の設定は作品ごとにまちまちでアルルのスリーサイズも数パターンあるぐらいで、作品によっては普通にパンチラしてたりもしますが。

とはいえ、丈が短くお尻のラインがはっきり出ているのでこれはこれでスケベですよ。パンツじゃないから恥ずかしくないもん(自衛隊ポスター撤去済み)

大きめ写真

総括

期待通りの出来映えでした。魔導仕様のアルルのフィギュアは長年待ち続けていたので、発売してくれた事にまず感謝。その上これだけのハイクオリティとあらば、満足しないわけにはいかないでしょう。魔導ファンならびに昔からのぷよぷよファンなら間違いなくオススメできる商品です。

魔導にはアルル以外にもルルーやドラコを始め魅力的なキャラが数多く揃っているのでそれらも発売してくれたらなぁ……と思いますが、流石に難しそうなので期待はしていません(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

魔導時代にスパッツ設定なんてなかったじゃないですか!😭
[ 2019/03/26 23:51 ] [ 編集 ]
> 魔導時代にスパッツ設定なんてなかったじゃないですか!😭

世知辛い時代になりましたね……
[ 2019/03/30 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿