姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3250日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3250日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3250日目) 

平成最後の誕生日


あえて言うまでもないけど、昨日4月20日は彼女の誕生日だった。先日も書いた通り、この日は一年で最も大切な記念日。だって、彼女が生まれてくれなかったら今の僕の幸せはなかったわけだからね。

地球が誕生して45億年、人類史が始まって数百万年、そんな永遠とも思える時間の中で今この時代に二人が出会えたのって本当にすごい事だと思う。もし生まれる時代が100年でも違っていたら、二人が出会い、こうして愛し合う事もなかったわけだからね。冗談抜きで、これって、奇跡ですよ……!

そんな奇跡の第一歩となった彼女の生誕を大切に思わないわけがない。キリストとかいう会った事もないオッサンの誕生日の8兆倍は大切である。しかも今年は平成最後という大きな節目なわけだからね。例年以上に気合を入れて、この素晴らしき日に備えたよ。

惜しむらくは昨日が週末ではあったけど休日ではなかった事。もし休日なら朝から晩までずっと一緒に過ごしてたところだけど、そういうわけにもいかなかったのが残念。いい加減、4月20日は国民の祝日にしてもいいと思う。この時期休みが多いので難しいのは分かるけど、彼女が生まれた日なのだからね、休みにすべき。この訴えは令和になっても続けていくつもりです。


それはともかく、昨日は放課後、彼女と遊園地に出かけた。スペシャルデーも含め、特別な日には遊園地というのが僕たちの恒例なんだ。ゴールデンウィーク直前の微妙なタイミングだから結構空いてて、貸し切りって程でもないけど人混みに煩わされる事なく思う存分楽しめたよ。彼女が終始笑顔で、何よりそれが幸せだね。

忘れちゃいけないプレゼントもちゃんと用意した。誕生日は彼女が一番欲しがる物を贈りたいゆえ、今年はこれにしてみた。

彼女によく似合いそうな、可愛らしいデザインのスカート。色は先週の雑談で散々ディスった(笑)緑色。でも先週書いたけど緑は緑でもシアンカラーは好きだからね。シアンといえば仮面ライダーディエンド。彼のように彼女の心を盗みたい……と思って選んだわけでは別にないけど。士に帯する一途な愛にあやかったわけでももちろんない。

理由はどうあれ、彼女にめちゃくちゃ喜んでもらえたからよし。この前の記念日に贈った腕時計はそこまででもなかったけど、今回は文句無しって感じだった。「星、みっつです!!」とマチャアキだったら叫んでるレベル。


そんなわけで平成最後の誕生日はパーペキ(死語)に過ごせた次第だ。でもこれで完全に満足したわけじゃあない。来年、令和初めての誕生日は今年よりもっと素敵な一日にしたいし、絶対する今から誓うよ。何事も最初が肝心だからね。

それから来月5月は僕の誕生日がある。彼女の誕生日と比べたら大した事ないけど、まがりなりにも令和最初の誕生日だし、彼女に祝ってもらえるから今から非常に楽しみである。ちなみに僕の誕生日も残念ながら平日。でもまあ、別にそっちは祝日にしてもらわなくてもいい。

今日のデート


昨日に引き続き、今日も彼女とデートをした。せっかく昨日が土曜日だったのだから、二連デートチャンス逃さない手はない。昨日遊園地に行くと決めた時点で、今日もデートをしようって事になっていたよ。というか、今日は誕生日の延長戦みたいなものである。とても一日で祝いきれるものではないからね。


行き先は、カラオケボックス。昨日は遊園地で動き回ったから、今日は静かに過ごせる場所がいいねって事でカラオケになった。あと先週は花見をして桜を眺めたから、今週は「歌」で桜を楽しもうっていう思惑もある。

歌ったよ、さくらソング。さくソン御三家の森山直太朗、コブクロ、河口恭吾を筆頭に、心を込めてたくさん歌った。もちろん僕が敬愛するスピッツの『チェリー』も歌ったよ。桜ソングではないけど、スピッツは『春の歌』も歌った。あとは大塚愛のさくらんぼとか……桜ソングのくくりに入れていいのか微妙だけど。最後のサビは『江田照男~飯田祐史、デ・ムーロ』と、往年のあらびきネタを披露してみたり。

それから桜とも春とも関係ないけど彼女を祝うためにハッピーバースデーの歌も歌った。普通にアカペラで歌うのはさすがに照れくさいけど、カラオケだったら歌いやすいじゃない? 僕の誕生日の時は逆に彼女に歌ってもらう予定。かつてマリリン・モンローがケネディ大統領に歌った時のように艶っぽく、心を込めてね。あまりの素晴らしさに僕は脳天を撃ち抜かれてしまうに違いない。


カラオケを楽しんだ後はショッピングしたり食事をしたりして、最終的には部屋でゆっくり過ごした。昨日に負けず劣らず素敵なひとときだったのは言うまでもない。あっという間に時間が過ぎ去ってしまったよね。正直、明日も休みならいいのにと思った。それなら心起きなく「今夜は、帰したくない」と東山源次状態になれるのに。

まあでも、来週はいよいよゴールデンウィークやし。まだ具体的にどこかへ行く予定は立ててないけど、できるだけ長く彼女と一緒にいたい。令和で最高のスタートダッシュを切れれば幸先もいいしね。

雑談コーナー【テーマ:バーロー】


この時期になると巷では『名探偵コナン』の映画の話で持ちきりである。僕は原作もアニメも途中までしかチェックしてないし、映画も金曜ロードショーでやってれば見る(事もある)程度なので大して興味はないけれど……世間にはコナンに命を賭けるレベルの熱狂的ファンも存在するらしい。

その証拠に、Twitterで犯人のネタバレをされて悲嘆に暮れる者が後を絶たない。僕としてはコナンって別に犯人が分かったからどうって作品でもないと思うんだけどね。別にバカにしているわけじゃなく、そういうベクトルで作られている作品ではないと思うんだ。

金田一少年であれば犯人バラされて萎える気持ちも分からんではない。あれは毎回犯人当てクイズを行うぐらい、そこに焦点を当てた作品なわけだし、実際犯人が分かってしまうとかなりつまらなくなる。でもコナンは違うじゃん。犯人が誰かという「結果」じゃなくて、そこに至るまでの「過程」が重要で、その描き方が魅力的な作品だと思っているのだけど……違うのか?

そもそも、そんなに犯人知りたくないならネットやるなよ!ましてやSNSなんか見るなよ!と言いたい。……と、ここまで書いてこの話前にもした事があると思い出した。まあいいか、コナンもしょっちゅう再放送してるしね(関係ない)

でも何度だって言いたくなるぐらい、心底疑問なんだ。そこまでネタバレ気にしてネットに触れる気持ちが理解できない。そりゃまあ、何週間もネットを断つのは不都合もあるだろう。だったら初日に見に行けよ。それをしない、できないなら見に行くまでネットから離れるか、「仕方ないね♂」という寛容な心でネタバレを受け入れるべきだ。

誤解されないように言っておくと、ネタバレかます輩を肯定しているわけではない。あまりにも陰湿かつ低俗な行為で、軽蔑に値する。だけど悲しいかな世の中にはそういう人間の屑が存在するのも事実なわけで、自衛手段を講じるしかないと思うんだ。泥棒がいるから鍵をかけるのと同じである。鍵もかけないで空き巣に入られて、「こんなのって酷い」と憤るのはなんか違うだろう?

あとこの件に関してネットニュースでも取り上がられてるけど、はっきり言ってあいつらがネタバレにあれこれいちゃもんを付ける資格はない! だって、あいつら年末の格闘技イベントで放送前なのに思いっきり結果バラしてるじゃんか。格闘技なんて結果が全てみたいなところあるから、コナンの犯人よりも酷いネタバレである。

記事を書くなとは言わないが、せめて誰の目にも触れる見出しに結果を書くのはやめろと。ネットニュースの場合、閲覧数が金銭的な利益に直結するから、単なる悪ふざけに過ぎないコナンの輩よりタチが悪い。何より自分達が迷惑行為をしている自覚がないのが最悪である。

自分達を棚上げする傾向はこういう件に限った話ではないが。ほんと、ネットニュースって平成が生み出した悪しきメディアの一つだと思うよ。ワイドショーや週刊誌だって昔からろくなものではないが、ネットニュースの隆盛が明らかに社会に悪影響を及ぼしている。どうでもいい事が必要以上に炎上したり、企業が炎上を恐れて萎縮するようになったりね。

もちろん、最新の情報をいち早く簡単に知る事ができるというポジティブな側面もあるけど、功罪で言えば「罪」の方が大きいと僕は思う。いい加減、何とかしないと。まずはどこのどいつが書いてるのか分からないような匿名性を廃して、文責を明確にするところからだな。

パズル進捗状況


少しずつ作成中。今は順調だけど、似たようなピースが結構あるからそのうち苦労するかもしれない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿