姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3348日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3348日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3348日目) 

一学期終了のお知らせ


昨日は終業式だった。つまり、今日から夏休み!!!

ようやく一学期が終わったな、って感じ。春先から今にかけて、色んな事があったからね。一番の出来事はやっぱり入院だけど、そのせいで最高最善の一学期だった!とは言い難い。まあ、最低最悪って程でもないけど。何より入院中を除けばずっと彼女と一緒にいられたわけだし、最低最悪なわけがない。

ちなみに先日書きそびれたけど、ちょうど入院中に一学期の期末テストがあったから、結果的に地獄の一週間を回避できた(笑)。もちろんテストに合わせて入院したわけではない。テストは嫌だけど、入院に比べたら1145141919810893倍マシだし。

あとテスト最終日だけ滑り込みで登校できたので、その一日分は受けた。それに関してはパーペキ(死語)な出来映えだったと言える。一日だけじゃ意味ないけど、全く受けないよりはいい。

期末テストを実質スルーした分、次のテスト、二学期の中間は頑張る所存。絶対にしくじるわけにはいかない。いつも以上に気合を入れて臨まなければならぬ。そのためにも彼女と思う存分勉強して、テストに備えるぜ!入院のせいで今回は恒例の勉強会も開催できなかったしね。テストはともかく、それは非常に心残り。

夏休み開始のお知らせ


そんなこんなで夏休みが始まったわけだけど、ここで一つお知らせしておきたい事がある。

それは明後日火曜から彼女と旅行に出掛けるという事!! 行き先はもちろん熱海。夏といえば熱海、熱海といえば夏である。退院してすぐの段階で行ける事は決まっていたのだけど、これも書きそびれてしまった。まあ、帰ってきてから「実は行ってた」ってカミングアウトするのもありかナーと思ってたけど、そこまで隠すような事でもないし。むしろ大々的に公言していきたい。

当たり前だけど、すごく楽しみだ。それに今回はいつも以上に特別というか、あんな事があった直後だからね。彼女と朝から晩までずっと一緒にいられるって事がすごく有り難く感じる。またしても一泊二日だからあっという間だろうけど、一分一秒無駄にしないで思いっきり熱海と彼女を満喫するぜ!!!

ただでさえ熱海は他の旅行先よりも僕たちにとっては特別な場所だから、おのずとションテンもガリアーになるってもんである。

雑談コーナー【テーマ:はじめての入院】


僕が入院していたのは7月2日から12日までの10日間。そして今日は7月28日なので、入院期間よりも退院してからの期間の方が長いという事になる。……でも正直、全くそんな感じしないよね。

入院経験のある人なら分かってくれると思うけど、病院での一日はなげぇんだ、マジで。大げさでも何でもなく、体感的には3倍ぐらい長く感じる。つまり病院での1日がシャバの3日。10日間入院してたから、体感ではその3倍の30日、ちょうど一ヶ月ぐらい入院していたように思える。

おとぎ話の浦島太郎では竜宮城での日々が地上の何十、何百年にも相当したけど、入院に関してはちょうどその反対。言うなれば逆浦島太郎状態である。

一日を長く感じる理由はいくつかあるけど、一番はやっぱり「いつ退院できるか分からない不安」が原因だと僕は思うね。一応僕は当初から入院期間は「2週間程度を予定」と言われていたけど、それはあくまでも病状が急変しなかった場合の話。順調に快方へ向かうなんて保証がどこにもない以上、不安は常に付きまとう。

下手をすると一ヶ月ぐらい家に帰れないかもしれないなんて思ったりして、そういうネガティブな気持ちが時間の流れをゆるやかにしたのは確定的に明らかである。結果的に僕は予定よりも短い10日で退院できたけど、もし一ヶ月も入院する事になってたらと思うとぞっとする。

しかし、入院期間を長く感じたのは不安だけが理由ではない。もう一つ大きな理由があって、それは僕にとって今回が初めての入院だったという事だ。人間、未知の体験をする際は時間の流れが遅く感じる。旅行の行き帰りで往路の方が復路より長く感じるのが最たる例で、学術的にナントカ効果みたいな名前が付いていた気がする。とにかく、入院中は初体験の連続だったから一日を長く感じたのだ。

ある意味、毎日が充実していたと言えなくもない。病院というのは色んな人がいるから興味深い出来事も起こるもので、実を言うと何か起きる度にスマホにメモを取っていた。退院したらここでネタにしてやろうと思ってね。

で、今日はそのネタを披露しようと思ったのだけど、前置きだけで長くなってしまったので本題は次回にする。別にもったいつけてるわけじゃないし、もったいつけるようなビッグイベントは起きなかったので期待はしないで頂きたい。美人の看護師さんにエッチな看護をしてもらったり余命幾ばくもない少年とハートフルな交流をしたりなんてのはない。あるわけがない。

ただ、入院する上での心構えというか、よりよい入院生活を送る秘訣みたいなのはいくつか思いついたので、そういう事は書いていきたい。そしてこれから入院する人の役に少しでも立てれば幸いである。僕がそうだったように、何の予備知識もなしで突然入院ってなると不安も大きくなりやすいしね。

というわけで次回は入院生活について語っていく所存だ。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿