姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3355日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3355日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3355日目) 

令和最初の熱海旅行


先日お伝えした通り、去る7月30日と31日は彼女と熱海旅行に出掛けていた。令和になって旅行するのはこれで二度目だけど、熱海に限っては今回が初めて。記念すべき令和初の熱海旅行となったのだ。

楽しい、なんて言葉じゃ片付けられないぐらい楽しい旅行だったよ。ただ、この際令和初というのはあんまり関係ないかもしれない。仮に初めてじゃなかったとしても同じぐらい楽しかったのは確定的に明らかである。それぐらい、今回の旅行は僕たちにとって特別だったからね。


どうして特別かはあえて言わなくても分かるであろう。先月の前半、あんなドイヒーな災難に見舞われたからだ。たかだか10日と思うかもしれない。でも彼女と会えないなんて1日だって耐えられないのに、×10だよ!? 辛いなんてもんじゃない。リアルガチで「もう終わりだぁ!」って感じだったからね。

だからこそ、である。会えなかった10日間を補うためには旅行で朝も昼も夜もずっと一緒にいるしかない。正直、一泊二日では全然足りない。でもこの際ぜいたくは言えないし、言わない。彼女が四六時中そばにいてくれる、それだけで僕は十分幸せだから。大切なのは日数ではなく、中身だ。そういう意味では最高の旅行になったと自負している。


行き先が箱根でも日光でもなく熱海だったのは何というか、神様の思し召しのような気がする。やっぱり僕たちにとって熱海は特別だし、あらためて永遠の愛を誓い合う機会を得られたからね。もう二度と離さないと固く約束したよ。あんな悲劇はもうごめんである。何より彼女に寂しい思いをさせてしまった事が無念だし、二度と同じ過ちは繰り返さない。

ここのところ暑い日が続く。旅行中もマジで暑かったけど、これは僕と彼女があまりにも愛し合ってしまったからかもしれないなぁ。いや、かもしれないではなく絶対そう。日本中の皆さんに迷惑を掛けてしまって……本当に、すまないと思っている(KYMRKY)


だからといって自重するつもりはない。これからも彼女を愛しまくって最高の思い出を作っていくよ。ジャック・バウアーが拷問を容赦しないように、僕も彼女への愛を容赦しない!

雑談コーナー【テーマ:はじめての入院2】


入院生活で一番キツいのは最初の3日だ。体調が悪いというのがもちろん理由の一つだけど、僕としてはそれ以上に環境の変化が精神的に辛かったね。

のび太みたいにどこでもグースカ寝られるようなタイプならともかく、僕は寝付きが悪い事にかけては世界レベルと言っても差し支えない。不眠症という程でもないけど、それこそ枕が違うだけで寝られなくなるタイプなんだ。入院中は枕はおろか何もかも違っているから、寝られるはずがない。仮に体調が悪くなかったとしても寝られなかっただろう。

寝不足は体に良くない事が明白だから寝ないわけにもいかない。そしてその気持ちが逆に僕を追い込んで、余計に寝られなくなるという悪循環に陥った。寝なきゃいけない時に寝られなくて、寝ちゃダメな時に眠くなるのは日常生活においても「あるある」だ。

さすがにまずいと思ったので、初日は看護師さんに頼んで睡眠導入剤を飲ませてもらった。何気に人生初の睡眠薬である。どんな風に効いてくるのか楽しみな気持ちもあった……のだけど、全然効かなかったわ! というのも初日の夜はお腹の痛みが最高潮に達していて、眠くなる余地がなかった。

ホモコロリのような強力な睡眠薬ならともかく、処方箋もなしで飲める睡眠導入剤なんて気休めに過ぎないんだろうね。「本当に薬飲んだぐらいで眠くなるの?」って疑念もあるからプラシーボ効果もはたらかないし、仮に痛みがなかったとしても同じ結果だったかもしれない。

そんなこんなで結局初日は一睡もできなかった。体調は絶不調でリアルガチに「最悪やでカズヤ……♂」と叫びたくなるレベルだったよ。気晴らしにテレビ見たりするようなションテンでもなかったし、なおさら一日が長く感じた。夢であってほしいと何度も願ったよ。ところがどっこい、現実だったわけだけど。

ただ、初日より2日目、2日目より3日目の方が多少楽ではあった。それには理由があって、2日目になっても症状が改善しなかったので炎症を起こした胆嚢に溜まっている膿を除去したからだ。除去の方法は至ってシンプルで、脇腹に注射針のようなものを刺して吸い出すというもの。

これがマジで痛い。もちろん麻酔は使うのだけど、それでも完全に痛みはなくならない。その痛みの種類も今まで味わった事のないタイプで、脇腹の奥の方がなんかすげー痛いの。鈍い痛みか鋭い痛みかで言ったら鈍い痛み。局所的ではなく広い範囲がじわーっと痛むという、説明しづらい痛みだ。ある意味、新感覚。

ただ、その痛みに耐えたおかげで施術直後からすうっと楽になった。炎症は続いてるから完全に痛みがなくなったわけではないけど、悶絶するような痛さは解消されて、およそ丸二日ぶりぐらいに眠った。麻酔とか鎮静剤のおかげもあると思うけど、普段でもあまりないぐらい気持ちよく熟睡できたね。

起きたら見事に完全回復!……といけばいいのだけど、そう甘い話があるはずもなく。僕の入院生活はまだまだ続くのであった。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿