姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3369日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3369日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3369日目) 

本格的♂海水浴


今日は彼女と海に行ってきた。夏と言えば海水浴、である。僕の方から誘ったと思われがちだけど、実は違ってぇ……今回は彼女の方から「海に行こうべ」って言ってくれた。嬉しかったよね、マジで。僕の答えはもちろんイエス。選択の余地などないと言っていいだろう。

ちなみに今日が今年初めて、すなわち令和初めての海水浴……というわけではない。というのも先日の熱海旅行で令和初の海水浴は済ませているのでね。まあでも地元の海で泳ぐのは初めてだから、ある意味令和初と言ってもいいかもしれない。だからどうしたって感じだけど。


毎年言ってるけど、お盆を過ぎたらクラゲが出るっていうから細心の注意を払った。僕はともかく、彼女が刺されでもしたら大変だからね。後は話題(?)の離岸流にも注意した。こちらの方がより命にかかわるし、ただでさえ彼女は泳げないから気をつけねばならぬ。

今こうしてブログを書いているという事は、何事もなかったと言う事だ。少し心配し過ぎだったかもしれない。でも何事も油断は禁物だし。「大丈夫でしょ。ま、多少はね?」なんて甘い考えが深刻な事態を引き起こすって先月、文字通り「痛いほど」理解したし。そしてあらためて彼女の笑顔は僕が永遠に守り続けるって誓ったから、慎重にもなるってもんである。

もちろん心配ばかりしていたわけではなく、普通に海水浴デートを楽しんだよ。彼女も楽しそうだったし、何よりだ。


ひとしきり海を満喫した後は程よく疲れた体を休めるためにカラオケに行ってみた。今日みたいな暑い日は屋内で涼むに限るし、ソーセージは魚肉に限る(FRHT)。そろそろ夏も終盤だけど、まだまだ夏ソングは歌える時期。今日もTUBEやサザン、西川君などを絶唱しまくった。もちろん敬愛するスピッツもね。『渚』とか『群青』とか、あとは僕がスピッツで一番好きな『君は太陽』とか。君は太陽は単純に曲調や詞が好きってのもあるけど、それ以上に僕が彼女と付き合い始めて間もない頃に足を運んだライブで生で聴いたから、思い入れもひとしおなんだ。

僕にとって彼女はまさしく太陽みたいなもんやし。彼女という太陽がもしもなかったら、僕はたちまち凍り付くだろう(SNBRKN)

雑談コーナー【テーマ:はじめての入院4】


退院してから一ヶ月以上が経つけど、正直そんな気が全くしない。入院していた10日間の方が遙かに長く感じる、大げさでも何でもなくリアルガチで。

入院中でも欠かせないのが食事。一般的に病院食と刑務所の飯は「マズい」というイメージが強いが、実際にはそうでもない(刑務所は知らん)。ちゃんとした食事であればそれこそ街角の食堂で出ていてもおかしくないクオリティの料理を提供してくれる。

……ちゃんとした食事であれば、だ。僕が初めて病院食を口にしたのは入院6日目。それまでは食事自体がNGという事で点滴で生き長らえていた。すなわち約一週間ぶりの食事だったわけだが……


「具無し吸い物」と「米無し粥」……これを「料理」と呼んでいいものかどうか、大いに疑問を感じる。固形物の一切ない、オール汁物大行進である。

一応付け加えておくとこれはあくまでも絶食明けの初日だったからで、2日目、3日目と経つにつれて少しずつまともな食事にはなっていった。とはいえ、吸い物に具が入ったりお粥に米粒が入ったり(それでも薄い)するだけでそこまで大きな改善は見られなかった。

何より病院食はおしなべて量が少ない。退院間近になると鶏ムネ肉の照り焼きなども一応出たのだが、少なすぎて物足りないにも程がある。味に関しては前述の通りまともなのだが、ボリューム不足はいかんともしがたい。

こんな食事が続くのがよっぽどこたえたんだろうね。僕と同じ胆嚢炎で入院してるらしきジジイが「退院したい」とゴネているのを目にした。これが先週ちらっと述べた、「入院中に見かけた迷惑ジジイその2」だ。

いや、気持ちは分かるよ。胆嚢炎は症状が悪化してる時は苦しいけど、一旦痛みが引いていけば健康体とほとんど変わらないから。でもさぁ……だからってゴネるか? 再び症状が悪化する恐れがある以上退院できないのは明らかだし、ゴネたところで「じゃあいいですよ」なんて言って退院させてくれるわけがない。体調崩しやすいジジイであればなおさらだ。

みっともないにも程がある。老害どもは「最近の若いモンは辛抱が足りん」とか言うけど、むしろジジババの方が足りないと僕は思うね。自分の方が医者より年上だからかどうかは分からんが、素直に従うって事を知らない。

あくまでも個人的な見解だが、僕は今現在70~80のジジババが一番ワガママなんじゃないかと思う。理由は、年寄りのくせに戦争を経験してないから。何だかんだで戦争経験者は命令には従うって事を理解してると思うのね。それがいい事なのか悪い事なのかは分からんし、全員が全員従順だとも思わないけど。

それにひきかえ、70~80のジジババは戦争をダイレクトに経験していないからしつけがなってない。経験してても当時5歳やそこらのガキなら記憶があるかどうか怪しいし、少なくとも従軍経験がなければ「上の命令には絶対」という考えは持ちにくいだろう。結果、年だけ重ねて若い奴らをとことん見下すワガママな老害が誕生する。

実際問題、近年高齢者問題が頻繁に取り沙汰されるようになったのもそれが原因の一端じゃないかなぁ。武器を携えお国のために戦った人たちがそろそろ姿を消す時期だから、ところてん式に非常識なジジババが増えていく。

もちろん昔にだって迷惑なじいさんばあさんはいただろうし、単純に超高齢者社会になったのも原因ではあるのだけど……ここはあえて、迷惑極まりないジジババが増えたのは戦後生まれが幅を利かせるようになった説、提唱させてもらうよ。

……と、終戦の日直後という事で、無理矢理戦争に絡めた話題で着地してみた。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿