姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3404日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3404日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3404日目) 

悪夢・再び


正直、前回の記事をアップした記憶がほとんどない。何を書いたかも覚えてなくて、後になってアップした記事を読んで驚いたよね。こんな事を書いたのかと。っていうか、よくアップするところまでこぎつけたなとも思った。それに関しては自分で自分を褒めてあげたい。

……というわけで、察しのいい人なら先週の僕に何が起こったかはだいたい分かると思う。またお腹が痛くなったのである。7月に入院した時のように、みぞおちがえぐられるような痛みで苦しんでいた。前回そう書かなかったのは別にもったいつけたわけじゃなく、いちいち説明している気力もなかったから……だと思う。

でも幸い、入院はしてないよ。痛かったのは確かだけど入院した時のような酷い痛みじゃなくて……入院時を100とすれば先週の痛みは60~70ぐらい。といってもこれは先週が大した事なかったというより、入院した時の痛みが異常過ぎたというのが正しい。

しかしよりによってあんなタイミングで痛み出すかねっていう。痛くなり始めたのは旅行1日目の夜で、そこからはもうずっと地獄である。実質、まともに旅行を楽しめたのはその日の日中だけ。台無しにも程があるし、彼女には本当に申し訳ない事をした。入院しなくて済んだのがせめてもの救いではあるけど……最悪の旅行にしてしまったのは確かである。


で、この一件を経て僕は思った。やっぱりこの病気、完全に治しておかないとまずいと。以前ここで書いたけど、この病気を完璧に治療するためには原因となっている臓器、胆嚢そのものを摘出しないといけない。でも僕は食事量や食べる物に気をつければもう発症しないだろうし、このままでいいかと手術をしない選択をしたのね。

そして、ご覧の有様である。要は腹の中に爆弾を抱えているようなものだから、取り除かないとどうにもならんわ。歳を取れば取るほど病気になる確率もおのずと高まっていくし、なるはやで解決しておくべきと考え方を改めた。それに、もしまた同じような事が起きたら今度こそ手術しようとは思ってたしね。

またなるんじゃないかと思いながら生活するのは辛いし、実際なったら困る。今回は幸い入院まではいかなかったけど、次もそうとは限らない。次も大丈夫などという甘い考えは僕にはない。

僕が手術を見送ったのは「発症しないなら必要ない」と考えたからで、別に手術がどうしても嫌だったわけでもないし。まあ、手術となると色々面倒だからなるべく避けたいなぁとは思ってたけど、この期に及んでそんな悠長な事は言ってられない。


というわけで、僕は手術を決意したし、改めて先日病院に行った。まだ手術自体の日程は決まっていないけど、その前に色々検査しなきゃいけなくて、それが明後日から始まる。胃カメラは7月の時点で既にやってるから、次はMRIである。

術前術後はまた少し入院する事になるから、定期的にここに記している「はじめての入院」も実はまだ完結していない。シーズン2開始、と言った方がいいのだろうか。正確にはもう「はじめて」じゃないし、緊急入院ではないので事前に色々準備しておけるのが幸い。不自由のないよう、万全の態勢で臨むつもりだ!


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿