姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3474日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3474日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3474日目) 

今日のデート


今日は彼女の誘いで……そう!「彼女の誘い」でデートをした。先週、旅行の後すぐに彼女が今度の日曜日も一緒に過ごしたいって言ってくれてねぇ……もう嬉しいなんてもんじゃない。あまりに幸せ過ぎて身の危険を感じたよね、逆に。


デートの行き先はカラオケ。ちょうど僕もそろそろ行きたいって思ってたからまさに以心伝心で、それもまた幸せに拍車を掛けてくれた。最近急に寒くなったのでこういう時期は屋内で過ごすに限るし、ソーセージは魚肉に限る(FRHT)

カラオケでは冬の歌をたくさん歌った。一発目はもちろん『雪の華』。この歌を歌うとようやく冬が始まったなあって感じがする。冬が始まった、って事でマッキーの『冬がはじまるよ』も当然歌った。GoogleかなんかのCMでマツコも言ってたけど、ほんといい曲である。ホモは天才。

後は西川君のWHITE BREATHとか、こなぁぁぁぁ(ryとか、敬愛するスピッツ(なつぞら効果で露出が増えて嬉しい)のスカーレットとかね。それから実は冬ソングのロード(笑)も、ここぞとばかりに歌い上げた。かたくなにロード、ではなく普通にロード。ロードといえば水ダウでロード大喜利みたいなの始めたけど、そろそろ怒られそうな気がする(笑)。何でも不謹慎と叫ぶクレーマーが「元は実話」という事実を嗅ぎつけない事を祈るばかりである。


そんなこんなでカラオケをひとしきり楽しんだ後は食事。今日は久々に焼き肉を入れてみたよ! これは僕にとって出来事で、というのも例の病気が発症してから手術が終わって退院するまで、脂っこいものはほとんど食べられなかったんだよね。焼き肉なんてもってのほかで、ここへきてようやく解禁した次第。

久々の焼き肉は最高、いや最強に美味しかった。霜降りや骨付きカルビはもちろん、ただのロース肉でさえ涙が出るぐらい美味くて、改めて僕は肉が好きなんだなあと思ったね。世の中には脂っこいものが苦手、なんて人がいるけど僕にはその気持ちが理解できない。リアルガチで毎日焼き肉でも私は一向に構わんッッッ!!!


肉を入れて精力♂をチャージした後は腹ごなしに軽く散歩をしたり、ショッピングをしたりしてから部屋でゆっくり過ごしたよ。何だかんだでそれが一番落ち着くし、一番幸せだ。彼女さえ隣にいてくれたら、他に何もいらない。肉さえも!

次のデートが今から楽しみで仕方がない。これからどんどん寒くなるだろうけど、僕の愛は逆にどんどん熱く燃えあがるから!覚悟しておけ!!!!

雑談コーナー【テーマ:SA】


久々にオープンワールドがやりたくなったので、ここ最近GTAに再びハマっている。といっても最新作の『GTA5』ではなく、前々作の『GTA:San Andreas』である。少し前に「Rockstar Games Launcher」の配信記念として無料配布された事があって、それで遊んでいる。

改めて思ったけど、やっぱGTASAは面白い。間違いなくシリーズ最高傑作。シリーズ最低作(※個人的意見)の4はともかく、5と比較しても圧倒的によく出来ている。SAの方向性で続編を制作したらGTAはもっと素晴らしいシリーズになっただろう、と今となってはもったいなく思うね。

とはいえ、15年前のゲームなのでバニラ環境でのプレイはビジュアル的な面でさすがにキツいものがある。

これはこれでクラシカルな魅力があると好意的に解釈する事もできなくはないけど、このグラフィックで遊び続けるのは正直厳しい。

だから僕は、テクスチャを高画質化するMODを適用した。

上のバニラ画像と同じ場所で撮影したので、歴然とした違いがよく分かると思う。これなら今のプレイにも十分耐えられる。最新作と比較しても遜色はない……ってのは大げさだけどね、さすがに。あくまでもキレイなのは(文字通り)表面的な部分だけだから、モデリングそのものの緻密さでは4や5には到底かなわない。でもまあ、そこまで贅沢を言ったらバチが当たるってもんだろう。

何より肝心のゲーム性がSAは素晴らしい。マップの広さはSAより5の方が広いのだけど、これは大げさでも何でもなく体感ではSAの方が広く感じる。これはSAが三都市を舞台にしているのと、交通の便が「悪すぎる」事に理由があると思う。

5がロサンゼルスをモチーフにしたロスサントスという都市だけが舞台なのに対し、SAはロスサントスに加えてサンフィエロ(サンフランシスコ)とラスベンチュラス(ラスベガス)が舞台。都市によってそれぞれ景観が大きく異なるので飽きが来にくい。その点、5は1都市(と郊外)しかないから、いくら面積が広くても何というか、間延びした感じがするんだな。

交通の便に関しても、5は非常に洗練されていて、マップの端から端に移動するのにストレスがない。でもSAは都市から都市への移動がかなり不便で、ストーリーの進行に伴って拠点となる都市を移動すると前の都市に戻るのが困難(というか面倒)になってしまう。一見、5の方が優れているようにも思えるけど、快適ならいいってもんでもなくて、移動しやすいせいで狭く感じるんだ。

後は5は主人公が3人いるってのも窮屈に感じる理由だろう。3人だから1/3に感じるってわけではないけど、複数主人公で5のエリア面積は少し物足りなかった。そもそも、どれだけ広くても行く場所ってある程度限定されてしまうしね。

とにかく、SAは面白い。そしてやり応えがある。これに関しては一概に長所とも言い難いのだけど、改めて遊ぶと「こんな難しかったっけ?」と戸惑う箇所がチラホラある。5が割とヌルいバランスってのもあるけど、結構あっさり死ぬし、死ぬと病院orセーブポイントからやり直しだから長いミッションの後半とかで死ぬとゲンナリする。

難しいというか不親切な部分も散見されて、それに関しては15年前の水準なので最近のゲームのようなユーザーフレンドリーを期待してはいけない。僕は当時リアルタイムでプレイしてるから面白いと感じるけど、予備知識ゼロで遊ぶともしかしたらつまらないかもしれないなぁ。

それでもオススメのゲームには違いないけどね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿