REVOLTECH(リボルテック) No.059 ARX-8 レーバテイン  レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > 海洋堂 > REVOLTECH(リボルテック) No.059 ARX-8 レーバテイン  レビュー

REVOLTECH(リボルテック) No.059 ARX-8 レーバテイン  レビュー 

海洋堂/2,590円(税込)

080816o
小説『フルメタル・パニック!』よりARX-8 レーバテイン。
まだ映像化されていない機体なので立体化されたのは正直意外でした。

小説の方は次ぐらいで終わりそうな感じですが、それはさておき紹介です。




6方向ショット。
DSC03556DSC03557DSC03558
DSC03559DSC03560DSC03561
かなりアレンジ入って若干クセのあるプロポーションになっています。
頭部が小さめで相対的に首長族気味()なのと
脚の付け根がかなり下の方にあるので胴長に見えてしまうのが少し気になります。
これが初リボという人が少なくない(であろう)事を併せて考えると
股関節は扱いやすいモノシャフトにした方が良かった気も?

ただ素立ちではイマイチに見えてもポーズを付けると化けるのが山口式の特徴。
これも弄くってるうちにプロポーションに関してはあんまり気にならなくなりました。

※一通り撮り終えてから首詰め加工をしました。詳しくは一番下の追記を参照。

付属品。
DSC03565
デモリッション・ガン,同弾倉,ガン・ハウザーモード用砲身,
ショットキャノン,手榴弾x2,単分子カッター(収納)x2,単分子カッター(展開)x2,
対戦車ダガーx2,肩部接続パーツx2,ラムダ・ドライバ・キャンセラーx2,
ロボットアーム(肩),ロボットアーム(胸)x2,オプションヘッド,放熱索,オプションハンドx5
(+いつもの台座)

とにかくてんこもり。付けられるものは全部付けたという感じ。
ないのはワイヤーガンぐらいですかね。

上半身アップ。
DSC03568
塗装精度は及第点。特に大きなはみ出しは見られませんでした。
頭部マスク部分の黒いスミ入れはもう少し濃かったのですが、あまりにくっきりし過ぎて
そこが口に見えて仕方なかった(←こんな)のでガンダムマーカーの消しペンで薄くしました。

差し替えで胸部ロボットアーム展開。
DSC03571DSC03572
隠し腕マンセー。
色々持たせられますが、手榴弾以外はあまりしっかり保持出来ません。

同じく差し替えで単分子カッターを膝にマウントした状態に。
DSC03574
接続がリボ球なので可動の妨げにはなりません。

ラムダ・ドライバ・キャンセラー『妖精の羽』装備。これもパーツ差し替え。
DSC03576
名称と形状的にいかにも飛びそうですが、飛びはしません。

オプションヘッド+放熱索。
DSC03578
クリアパーツが美しい。
こっちの頭部もスミ入れ薄くしてあります。

単分子カッター。
DSC03593

対戦車ダガー。
DSC03595

ショットキャノン(散弾砲)
DSC03579
見た目は地味ですが、宗介といえばこの武器。

デモリッション・ガン。
DSC03586DSC03581
アームを肩に接続するのでしっかり保持出来ます。

砲身を差し替えて長距離射撃用のガン・ハウザーモード。
DSC03588
最大射程30kmという色んな意味でトンデモ兵器。

DSC03610
このように背中にマウントしておく事が出来ます。
ただガン・ハウザーモード用の砲身を挟んでいるロボットアームがやる気ゼロで
砲身が異常に外れやすい(というか引っかけてるだけ)のでこの状態を維持するのはストレスです。


以下アクションなどなど。
DSC03597
DSC03604
DSC03613
DSC03606
スパロボ参戦したらこれも崖召喚するのかなぁ。
こいつが参戦する頃にはPS4とか出てそうですが。
ってか胸パーツ付け忘れてるし…。
DSC03619
ブロッケンとサベージやM6ってどっちが強いのかな?


=
+600円でこれだけのプレイバリューが得られるのなら
今後もちょくちょくこの手のDX版を出して欲しいです。
アーバレストやM9はいずれ出るとして、個人的にはサベージやM6に期待。
フレンドショップ限定でアル二世、ダークブッシュネルとか…駄目?


※追記:

首のジョイント胴体側の軸穴をピンバイスで深くして首を詰めてみました。
DSC03568DSC03623
左が加工前・右が加工後。
これでだいぶ印象良くなったと思います。
っていうかこうして比較するとデフォルトの首、長すぎ。
もう少し詰めても良いかもしれません。
ピンバイスがない場合はジョイントを切っても良いですが、
切りすぎると首が外れ易くなるので注意。

軸穴の深さに個体差があるようなので、ものによっては別に加工しなくても良いかもしれません。
今回、首に限らず個体差激しいようで…。

せっかくなので追加アクション。
DSC03633
DSC03638
またしても弾倉付け忘れるという失態。
DSC03642
DSC03644
サムライチックなロボなのでポン刀が似合います。



【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿