ダンボー アマゾンボックスバージョン ペーパークラフト

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > ダンボー アマゾンボックスバージョン ペーパークラフト

ダンボー アマゾンボックスバージョン ペーパークラフト 

尼ダンボー

今回は毛色を変えて、こちらのサイト様で配布されている(09/04/18現在)ペーパークラフトAmazonダンボーをご紹介。
(過去ログを辿って”2007-11-26 00:55 - Amazon版ダンボーがやって来た?”のコメント欄にあります)
以前一度紹介したのですが、かなりテキトーだったので改めて作り直してみました。

全身。
DSC08495DSC08496
前回、普通紙を使ったら接着面がヨレヨレで悲惨な事になってしまったので今回は素直に厚紙を使用しました。
まあまあキレイに作れた…と思います。少なくとも前回よりは。

なお23cmドールが着られるサイズで作られているため、そのまま印刷すると非常にカイデーです。
自分の場合、figma等に着させたかったので60%に縮小して印刷しています。


各部。
DSC08498DSC08501
DSC08499DSC08503
デザイン上、脇腹や手の穴からどうしても紙の裏側がチラ見してしまうので
裏面もダンボール色(カラーコードで言うと#C6A882あたり)で印刷をかけました。


パーツ一覧。
DSC08512
頭・胴体・腕・脚というシンプルな構成。
細かいパーツがないので作るのも楽ちん。一、二時間もあれば作れます。


中の人。
DSC08505
基本的によっぽど服がゴテゴテしているキャラでなければ誰でもいいんですが、とりあえず今回はハルヒさん。

そのままの状態では四肢が細すぎてすっぽ抜けてしまうため、インナーアーマー的なスペーサーをかませてあります。
DSC08506
DSC08507DSC08509
ついでに脚に重りを付ける形になるので安定性が増して立たせやすくなるという効果も得られるスグレモノ。

DSC08511
スペーサーは細長い紙を丸めてテープを貼ったもの。
縮小印刷すると余白が相当出来てしまうので、それを利用すると無駄がないと思います。
何せ”エコロジーで地球にやさしいロボット”だからね。
エコ大事。

DSC08510
腕のスペーサーを下げればフィギュアの肘関節を活かせます。
ちなみに展開図には胴体の腕を出す穴を切る場所が記されてませんが、
写真の位置に空けると腕を動かしやすくて良いと思います。
ただこれだと肩の部分が強度的に不安なのでセロテープで補強しています。


可動など。

DSC08514

DSC08515

DSC08516
脚はデザイン上の限界もあってそれなりですが、腕が良く動くので結構表情付けられます。

頭被せなければドアラもおk。
DSC08528
中の人の中の人も大変だな。

リボよつば&ダンボーと。
DSC08535
ほんとはリボルテックのAmazonダンボーと比較できれば良いんですが、持ってないので。
ペパクラはよつばとのスケールがほぼ合っています。
=
というわけでペーパークラフトAmazonダンボーでした。
作るの簡単でサイズも自由に調節可能、そして何よりお金が掛からない。
好きなフィギュアを中に入れて頭外して飾るも良し、要らないフィギャーを詰めるも良し、
リボよつばと並べるも良し、大量生産するも良し、非常に汎用性に優れたペーパークラフトだと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

凄いですね!ʕ•͡•ʔ
早速私も作ってみますʕु-̫͡-ʔु”
あㄜ̏੭व(๑• .̫ •๑) ✧
[ 2013/06/19 21:52 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます!
なかなかイイ感じですよね-。
ゼヒ作ってみてください!!
[ 2013/06/19 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿