FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN プレイアーツ クラウド・ストライフ&フェンリル 再レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > スクウェア・エニックス > FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN プレイアーツ クラウド・ストライフ&フェンリル 再レビュー

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN プレイアーツ クラウド・ストライフ&フェンリル 再レビュー 

スクウェア・エニックス/64.99ドル

クラウド&フェンリル

『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』よりクラウド&フェンリル。
過去に一度紹介しましたが、初期のレビューという事もありかなりテキトーな内容だったので
コンプリートも出たことですし、改めてレビューし直します。

なおこれはUS版なので日本国内では一般発売されておらず、
日本でAC限定版に同梱されたクラウド&フェンリルとは一部造形および付属品が異なります。
(ただ一時期、限定版購入者に対して海外版の新造パーツが販売されていました)
上記の価格64.99ドルというのは本国での定価(米amazon調べ)ですが、
日本ではだいたい8,000~10,000円ぐらいで取引されているようです。

まずはクラウドから(分けた方が良かった気も…)

全身。
DSC09744DSC09747
右腕が妙に華奢だとか関節部分の見栄えが悪い等の欠点はありますが、
造形的には今見ても耐えられる水準にあるかと思います。
腰のヒラヒラについている紐はポッチ留めになっていて、ある程度長さを調節出来ます。

左右非対称で重量バランスに偏りがあるからか、安定性が悪く立たせるのにかなり苦労します…。


顔。
DSC09750DSC09753DSC09756
▲クリックで拡大(別窓)
なかなかのハンサムガイ。
国内版がクラウドってレベルじゃねー酷さだった事を差し引いても良く出来てると思います。
髪の毛は数あるプレイアーツクラウドで唯一クリアパーツが使われており、非常に鮮やか。


各部。
DSC09763DSC09762
DSC09765DSC09764
DSC09770DSC09767
DSC09775DSC09776
DSC09774DSC09769
塗装に関しては塗り分けの少なさが幸いしてあまり問題ありません。
右腋の塗りが大雑把なのが若干気にはなりますが(ちなみに肌が塗装なのはここだけ)
造形については前述の通り、この頃のプレイアーツは関節を目立たなくする工夫がされておらず、
見た目的にあまり良くないのが難点。


可動。

DSC09778DSC09779
首はボールジョイント。
ある程度上を向く事が出来、顎も引けるためこれぐらい動けば十分かと。

DSC09777
肩は縦ロール+横ヒンジ。上腕部にロール軸、右腕は肘下に軸ロールで手首固定、左腕は手首ボールジョイント。
肘は両腕とも90度が限界。
右肘の保持力が皆無に近いので腕を曲げたまま武器を持たせる事が困難で(不可能に近い)
左は左で手首のジョイントがユルユルなのでこれまた武器持たせにくいです。
ただでさえ武器が重いのでかなーりフラストレーション溜まります。

DSC09782
腰にロール軸。360度回転。
胴体に前後スイングがないのでふんばったポーズが取りにくいのが痛いです。
ちなみに見えやすいように腰のヒラヒラを外してあります。

DSC09783DSC09785
股関節はボールジョイント。脚上げ、開脚共に写真の角度ぐらいまで。
プレイアーツ全般に言える事ですが、ここのボールジョイントは破損しやすいので無理に動かすと危険です。

DSC09787DSC09788
膝は90度強。足首はボールジョイント+スリッパ可動。
可動広いとは言えませんが、発売時期を考えるとまあ仕方ないかと。
膝立ちぐらいは出来ます。


付属品。
DSC09791
合体剣と右のオプションハンド(もしかしたら他にもあったかも…)
オプションハンドとデフォルトハンド、それぞれ武器保持用とバイクのグリップを握るためのものですが
結局どっちも持ち手は持ち手なので両者の違いはあんまりありません。

合体剣。
DSC09794DSC09795
結構良く出来てます。当然ながら分離ギミックはナシ。
ちなみに国内版は合体剣の代わりにファースト剣(手首と一体成型)でした。


お次はフェンリル。

全体。
DSC09796
DSC09798
DSC09800DSC09802
全長およそ33cmの大物。デザイン・造形はS.I.Cの竹谷隆之。
こっちがメインでクラウドはオマケという説がはびこるほど良く出来ており、今見ても全く遜色ありません。
国内版とは若干カラーリングが違いますが(国内版はシルバー部分の紫グラデが強い)造形そのものは同じようです。
前輪がサスペンションで上下に可動します。剣収納ギミックはありません。


各部。
DSC09823DSC09810
DSC09804DSC09805
DSC09806DSC09808
DSC09811DSC09812
細かい部分までしっかり作り込まれています。
なお倒れないようスタンドが付いていますが、畳んで収納することも出来ます。

搭乗。
DSC09815
胴体がスイングしないのが災いしてロクなアクションは取れませんが、まあカッコイイのでOK。


以下アクションなどなど。
立たせにくい・まともに武器持てない・可動範囲狭いの三重苦で撮ってるうちにテンション急下降。

DSC09830

DSC09837

DSC09826

DSC09873
結局普通に立たせておくのが一番だと再確認して終了。

=
長くなってしまいましたが、プレイアーツUS版クラウド&フェンリルでした。
クラウドは今の目で見ると若干厳しい部分もありますが、
フェンリルに関しては文句ナシの出来映えなので、造形が気に入り
なおかつ置き場所に余裕があるならオススメです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿