HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > 寧々パズル制作記

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2459日目) 

甘々バレンタイン

去る2月14日は言わずと知れたバレンタインデー。3世紀のローマ司祭、聖バレンチノが時の皇帝クラウディウスに処刑されたクッソ悲しい日だ。救いはないんですか!?(レ)

しかしまあ、そんな悲劇は21世紀に生き、なおかつキリスト教徒でも幸福の科学信者でもない我々には全く関係のない話。僕にとっては大好きな彼女に愛情たっぷりのチョコレートを貰う、クッソ嬉しい日なのだ。救いは……あるね!!

前置きはさておき、今年彼女がくれたチョコレートがこれです。

チョコレートはチョコレートでもTDNチョコレートではない。ゴジャースなチョコレートケーキだ! 僕がブルボンのシルベーヌをこよなく愛するチョコケーキ大好き人間だって彼女ちゃんと分かってくれてるから、あえて普通のチョコじゃなくてケーキを贈ってくれた。あえてね(カズヤ生存確認済み)

ちなみに去年はタヌキの形をした可愛いチョコをくれたよ。あれはあれで美味しかったけど、「タヌキ=彼女」みたいなとこあるから食べるの気が引けるという難点があったし、ケーキの方がお腹いっぱいになる。どっちがいいってわけでもない(どっちもいい)けど、今年はケーキの気分だったかナー。だからなおさら嬉しいよね。

来年はどんなチョコが貰えるんだろうって気が早すぎるけど既に考え始めちゃったりして。その前に来月のお返しもちゃんと考えなきゃいけないよなあ。こんだけ最強のチョコを貰えたんだから、お返しも最強にせねば。しかし100カラットのダイヤモンドでも彼女の愛情がこもったチョコの価値には到底かなわないんだよなぁ……。

もうね、釣り合いを取ろうと思ったら惑星とかプレゼントしなきゃいけないかもしれないよ。土星あたりがオシャレでいいかなぁ……いや、明けの明星、金星も捨てがたい。渋いところで天王星も淡い色合いがキレイだよねぇ。冥王星?あれはいいや、もう惑星じゃないし。

ま、ホワイトデーまではまだ一ヶ月近くあるし、ゆっくり考えるとするさ。とにもかくにも今年のバレンタインも最高だったよ! あえて多くは語らないけど、貰えたのはチョコだけじゃないしね……。

今日のデート


今日は彼女とアクアリウム、いわゆる水族館に行ってきた。先週動物園に行ったので今週は水族館、動物ときたら魚、山の次は海!というワケである。ちょっと浅はかかナーとも思ったけど、定石を踏まえるのも大事だしね。何より楽しかったからよし!


イルカもペンギンも可愛かったけど、一番可愛いのが彼女である事は言うまでもない。イルカの可愛さを10としたらペンギンは30、彼女は5兆ぐらいかな。いやもっとか。

そんな可愛さ5兆超えの彼女が今日も腕によりをかけてお弁当を作ってきてくれてね。

焼き魚うまし!イカリングうまし!プレモルうまし!(YMMTDISK) 近ごろはほぼ毎週お弁当用意してくれるけど、だからって「当たり前」だなんて思ってないよ。いつも最大級に感謝しながら、お米一粒一粒まで大切に味わってる。彼女は可愛さだけじゃなく、料理の腕前も5兆超えやで!

水族館では今日の日のためにしたためた「魚トリビア」も披露してみたよ。例えば水族館ってサメと他の魚と一緒の水槽で飼育されるけど、他の魚を食べちゃわないのはサメがいつもお腹いっぱいだからとか。あとジンベエザメの心臓は軽自動車ぐらいの大きさがあるとか。僕は魚マニアでも魚好きでもないから普通だったら「知ったかウゼエ」ってなるところだけど、彼女は黙って笑顔で僕の話を聞いてくれる。可愛さ、料理の腕前に加えて優しさも5兆超えだで!!!!


帰りしな、中華料理屋でラーメンを食べた。寒い夜にはラーメン(至言)ってね。厳密にはまだ日が暮れてなかったけど、こまけぇ事はいいんだよ。ラーメンが美味しかった、彼女が可愛かった。それだけで十分じゃないか。

雑談コーナー【テーマ:バーチャルリアリティ】


「防災訓練」をフィーチャーしたVRゲームがあれば面白いんじゃないかと、昨日寝る寸前に思った。タイトルはそのものズバリ、『THE 防災訓練』とかどうだろう。

誤解のないように言っておくと、別に興味本位で防災訓練をやりたいってわけじゃないからね。「面白い」ってのもfunny的な意味じゃなくて、interesting的な意味での面白いだから。そもそも、もしかしたら既に存在するのかもしれないけど、とりあえず「まだないもの」として話を進める事にする。

何でVRで防災訓練をやりたいかっていうと、僕の中で「津波」という災害の恐ろしさがイマイチピンと来ていないから。海水浴で被る波のすごいバージョンってイメージが払拭できなくて、先の震災で家や車が押し流される映像とか見ても何か大した事ないように思える。実際、津波なんてヘーキヘーキ、来ても余裕で逃げ切れるっしょって甘く考えてる人は少なくないんじゃないだろうか。

だからこそ、VRで体験っつーか体感してみたいんだよ。実際に押し寄せてくる津波がどれほど恐ろしく、逃げ切るなんて文字通り「無理ゲー」なのかをね。ゲームだからって変に誇張したり、逆にゲームバランスを考慮して助かる余地を残す必要なんてない。どうあがいても津波が見えた時点で死亡確定、それでいい。

津波に限らず、火災とか雪崩とかも体感してみたい。日本では馴染みがないけど、竜巻あたりもいいね。このへんの災害は助かろうと思えば助かる余地があるから、純粋にゲームとしても面白そう。映画『ツイスター』ごっことか、やってみたいよ。

あと台風の時に川の様子を見に行って死ぬバカの末路も疑似体験してみたい。実際にやらないからこそ、くたばる時はどんな感じなんだろうかと気になる。発売したら売れると思うんだけど、やっぱ不謹慎とかうだうだ言う奴がいるから難しいのかなあ?

でも真面目な話、防災意識を高めるためにVRってすごく効果的だと思うんだよね。リアルガチの避難訓練なんてバカバカしくてやる気にならないけど、ゲームならやりたいって人は多いはずだ。コントローラーを握ってプレイするゲームでは意味がない。VRだからこそ、本当に被災した時に役立つと僕は思うよ。

ちなみに僕はPSVRもPC用のVR機器も持っていない。今のところ特に興味のあるゲームが発売されていないのでね。それにPC用はまだ値段が高いし、性能もこれからどんどん向上していくだろうから今は買うべき時期じゃないと思う。オープンワールドのゲームがVRに対応したら買ってみてもいいかなーとは考えてるけど、まだしばらく先になりそうだ。

でも『THE 防災訓練(仮)』が本当に出たらPSVRだろうがPC用だろうが速攻で買う所存である。お金を払ってでも体感する価値のあるテーマだと思うし。だからどこかのメーカーさん、作ってくれないかなあ。海外でも別にいいよ。

パズル進捗状況


端を作成中。まだ簡単。まだね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2452日目) 

今日のデート


今日は彼女と動物園に行ってきたッ! ……なぜこんなに力強く発言するのかというと、動物園に行こうと計画したのはこれで三度目だからである。二度ある事は三度あるではなく、三度目の正直になってくれた事を心より嬉しく思う。神は我々を見放していなかったッ! ありがとう、神々ッッッッッ!

何はともあれ、動物園デートである。『動物戦隊ジュウレンジャー』は先週で終わってしまったので、さしずめ今日は『宇宙戦隊キュウレンジャー』開始記念ってとこかナー。キュウレンジャーも動物がモチーフだし、変身前にも動物いるしね。大塚明夫が戦隊ヒーローの味方側を演じる日が来るとは、夢にも思わなかったなあ。「わし」をモチーフにしたメンバー「ワシピンク」もいたりして、もう顔中草まみれや。明夫じゃないけどね。明夫は「わし」ならぬ「うし」、オウシブラックである。


キュウレンジャーの話はいい。動物園は割とちょくちょく行ってるけど、今日も楽しかったね。ライオンもキリンも虎もアルパカも、全部可愛い&カッコ良かった。そして動物たちに優しい眼差しを送る彼女がさらに可愛かったのは言うまでもない。そんな可愛い彼女を独り占めできる僕は世界一、いやさ宇宙一幸せなんだよなあ。

しかも今日は、っていうか今日も彼女は弁当を作ってきてくれたしね。

エビチリうまし!青椒肉絲うまし!プレモルうまし!(PZDR) てか冗談抜きでうますぎた。どんだけ食べてもお腹いっぱいになるどころか「もっともっと!」って感じだったからねぇ。エビチリも青椒肉絲も単体では無限に食べられるってほど好物じゃないけど、彼女の手作りに限っては断言しよう、無限に食べられる!

弁当だけで幸せは十分満たされたけど、胃袋的にはまだ空きがあったから、帰りしな焼き肉も入れてみたよ。動物園行った帰りに焼き肉とか悪趣味って思われそうだけど、焼き肉を選んだのには理由があってね。


漫画家の谷口ジロー氏が亡くなったんだ。谷口ジローといえば言わずと知れた超名作漫画『孤独のグルメ』の作画担当で、当ブログでも孤独のグルメネタは頻繁に使わせてもらってる。とりわけ焼き肉回の「よし、一発焼き肉でも入れていくか」「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」「焼き肉といったら白い飯だろうが」といった珠玉の名言は使用頻度が高く、三つ目に関しては「いつかリアルで言ってみたい」と告白した事は記憶に新しい。

だからこそ、今日は焼き肉にすべきだと思ったんだ。ゴローちゃん風に言うと「焦るんじゃない 俺は追悼がしたいだけなんだ」ってところだ。

美味しかったよ、焼き肉。白い飯はちゃんとすぐに出てきたから前述の名言を口にする事はできなかったけど。余談ながら、谷口氏といえば『餓狼伝』も板垣恵介版とはまた違った魅力があって好きだった。あの独特の男臭さ、汗臭さは谷口氏にしか描けない。孤独のグルメが今後どうなるのか分からないけど、作画を変えて仕切り直ししても作品の魅力はどうしても損なわれるだろうなあ……台詞と絵、両方ありきで「名作」なのだからね。その一方でこのまま作品が未完で終わるのももったいないと思うし、難しいところである。


余談が過ぎたな。とにかく今日は色んな意味で重要な一日だった。明後日はいよいよ「あの日」だし、なおさら気合を入れたのさ。

プチ記念日


遡って二日前、2月10日は言わずと知れたプチ記念日だった。やはりプチ記念日も「あの日」の直前という事で、いつも以上に張り切ったのは言うまでもない。贈り物も何にしようかなーと悩んで、結局これに決めた。

ウサミミカチューシャ。TDNウサミミじゃなく、黒ウサギのウサミミなのがポイント。いたずら黒ウサギ(TMRYKR)的な。最近こういう変わったモノを贈ってなかったなーと思ってね。

普通ならこんなもの贈られても喜ばない可能性が高いけど、僕の彼女はシャレが分かるタイプだから、意外と喜んでくれるんだよね。僕の趣味に合わせてくれてるだけかもしれないけど、とりあえず普通に喜んでもらえたのでよしとする。ちなみにもう付けてもらったけど、彼女は僕にしか見せたくないって言うから写真はあえて割愛する。あえてね(清水富美加出家済み)

雑談コーナー【テーマ:お父さんのための名古屋弁講座】


替え歌には地域性があるって先週の話で思い出したけど、「ドベ」って名古屋弁なんだよね。分かる?ドベ。「最下位」って意味だよ。標準語で訳すと「ビリ」だね。中日ドラゴンズの成績が芳しくないと(ちょうど去年のように)ドラゴンズならぬ「ドベゴンズ」と揶揄されるのがお約束となっている。ビリギャルも名古屋だとドベギャルって呼ばれてるよ(大嘘)。

せっかくだから今日は僕がこよなく愛する(大嘘2)名古屋弁について、いくつか紹介を交えながら語ってみよう。以前にも書いた事がある内容が含まれてると思うけど、再放送だと思って温かく見守ってほしい。

  • ケッタ

珍妙な響きから意外とメジャーな名古屋弁。「自転車」の事で、「ケッタマシン(マシーン)」とも呼ばれる。ただ、実際にこのフレーズが普通に使われる事はまずなく、80年代には既に死語と化していたと思われる。使う時は死語と認識した上で「ナウなヤングにバカウケ」みたいなノリで使われる。

そもそも昔の人も普通に「自転車」と呼ぶので、元々そこまで普及していたわけでもなさそうだ。

  • ひずるしい

県外の人が聞いても意味不明な名古屋弁ナンバーワン(※当社比)。漢字に直すと「日ずるしい」になると思われ、日差しがまぶしい事を指す形容詞。あくまでもまぶしい対象は「日差し(太陽)」に限る事がポイントで、「ライトがひずるしい」とかは言わない。

時代が下るにつれて徐々に廃れていき、現時点で日常的に使うのはアラ棺(アラウンド棺桶)世代がギリじゃないだろうか。80~90年代頃には「意味は分かるけど滅多に聞かないし、使わない」方言と化していた。今の若年層は意味すら知らない可能性アリ。

  • 放課

一般的に「放課後」と言えば授業後、つまり下校ないし部活の時間の事を指すが、名古屋弁では授業と授業の間の10分程度の休憩時間を「放課」と呼ぶ。あまりにも当たり前に使われていて、僕が方言だと知ったのはネットで他県の人間と交流するようになってから。

ちなみに辞書によると「放課」には「その日の課業が終わる事」と書かれているので、休み時間を放課と呼ぶのは本来の意味合い的にも間違っている。なお、広辞苑にだけは本来の意味と併せて名古屋弁としての意味も(方言であると断った上で)記載されている事を付け加えておく(「ひずるしい」や「どべ」も載ってる)。

  • 机をつる

放課と同じく当たり前に使われ、なおかつメディアで方言として紹介される機会も少ないマイナーな名古屋弁。お気に入りの名古屋弁を一つ挙げろと言われたら、僕はこれを挙げるね。

意味は机を持ち上げて動かす事。面白いのは「ひずるしい」と同じく「つる」対象は机に限られる事で、「ベッドをつる」とか「棚をつる」とかはまず言わない。それらをつると言った場合は本来の「吊るす」という意味合いになるだろう。

「放課」同様、使う機会はほぼ学校内に限られ、掃除の時間に床を掃きやすいよう机を教室の端まで動かす時に使われる。先生が生徒に「机つってー」と呼びかける光景は当たり前のように見られるし、当たり前だからこそ自然に受け入れて方言だと気付かない。

しかも社会に出ると日常生活の中で机を動かす機会などほとんどないので、他県の人がこの方言を耳にする機会もまずないだろう。使いどころが限りなく狭い事がこの方言をマイナー中のマイナーにしていると言える。

ちなみに「吊る(釣る)」には一般的な「つるす」という意味合いの他に、「かつぐ」とか「持ち上げる」という意味もあるので、机を持ち上げる事を「机をつる」と言うのは間違いではない。ただ名古屋弁の机をつるには「動かす」という動作も含まれるので、やはり独特の意味が込められているのは確かだろう。

……以上。他にも名古屋弁は色々あるけど、長くなったのでこの辺にしておこう。またいずれ気が向いたら書くかもしれないし、書かないかもしれない(あやふや)。

パズル進捗状況


端のピースを作成中。似たようなピースばっかりだから既に難しい。一番探しやすい端のピースでこれって……内側は一体どうなるんだって感じである。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2445日目) 

今日のデート


今日は『動物戦隊ジュウオウジャー』最終回「地球は我が家さ」放送記念に動物園へ行くつもりだったのだけど、あいにく天気が悪くてそれどころじゃなかった。先々週も同じように動物園へ行く予定が悪天候でお流れになって、またかよ!って感じ。次こそは行きたいけど、二度ある事は三度あるって言うからねぇ。三度目の正直、になるといいのだけど。今度行きそびれたら仏の顔も三度まで、もう動物たちに「くんな!」って言われてると判断してしばらく計画に入れるのはやめる予定。


そんなわけで、今日は動物園のある山方向とは正反対の海の方へ行ってきた。もちろんこんな季節に海水浴なんかするわけないけど、海辺には足を運んでみたよ。閑散としているからこそ、デートスポットとしては最適だからね。あえてね(ミラン残留決断済み)

今日何より嬉しかったのは、彼女がパツキンになった事……じゃなくて、お弁当を作ってきてくれた事だね。本当なら動物園で食べる予定だったのだけど、どこで食べたって彼女の手料理はグンバツに美味しいからね。何の問題もないね♂

春巻うまし!麻婆豆腐うまし!プレモルうまし!(PZDR)

予定通り動物園行けなかったのは残念だけど、代わりにゆっくり二人っきりで過ごす時間が長く取れたから結果的には良かったかな。僕としては動物を見て癒やされるより、彼女にマンツーマンで癒やされた方が何億万倍も幸せだし。霊長類なめんなって感じだね。


今日はお弁当とは別に外食もした。精力♂を付けるために肉を食べたよ、肉を。彼女はベーシックなサーロインステーキ、僕はボリュームたっぷりの特大ダンボステーキを食べた。焼き肉と迷ったんだけど、彼女のお弁当もあったし、量より質を取ってステーキにしてみた。


お腹いっぱい、愛もいっぱい、今回も最高のデートだったよ。彼女も大満足してくれたみたいで、それが一番嬉しいですねぇ! 次のデートが今から楽しみだで。動物園に行けようが行けまいが、また最高最強の幸せを彼女に味わわせると誓うぜ!

ONWSTFKWUT


遡って2日前、2月3日は言わずと知れた節分だった。ザ・平日もいいとこだから正直あまり特別感はなかったけど、一応彼女と一緒に豆とか恵方巻きを食べたりはした。「鬼は~外、福は~内」はやらなかったけどね(散らかるので)。

恵方巻きも方角は気にしなかったなぁ。今年は北北西だっけ? 一年に一度、節分の時しか出番がないと言われるスマホのコンパス機能だけど、今年はその一度の出番すらなく終了する勢いだよ。ま、方角なんか気にしたところでって感じだし、何の問題もないね♂

恵方巻きは美味しかったけど、豆も美味しかったねぇ。多分去年とか一昨年とかも書いたと思うけど、僕は節分の豆が大好きでねぇ。2月3日に限っては豆が「まるごとバナナ」や「おやつカルパス」に匹敵する、無限に食べられる食物と化すよ。

去年のいつだったか、『水曜日のダウンタウン』で「節分の豆は10秒に1粒のペースなら永遠に食える」って説を検証してて、「わかるわ~」って感じだった。ちなみにその説の検証は失敗に終わったんだけどね。10秒に1粒って事は1分で6粒、10分足らずで60粒にもなるから当たり前と言えば当たり前である。でもそんな当たり前の事を周到に準備して全力で検証するあの番組が僕は好きだ。


話が逸れた。とにかく、今年の節分も楽しかったって事でひとつ。節分とは直接関係ないけど、当日は彼女が(恵方巻きとは別に)晩ご飯を作ってくれてね。メニューはこちら。


意外ッ!それは冷やし中華!……いやほんとに意外である。節分に冷やし中華とか、多分誰も予想できない。だが、それがいい。最近は冬にアイスクリームを食べる「冬アイス」の風習が広まってると聞くし、だとしたら冬に冷やし中華を食べる「冬冷やし」の風習があっても全然おかしくない。何の問題ですか?(レ)

そして彼女が帰ってから速攻YouTubeでAMEMIYAの「冷やし中華始めましたの歌」を検索したのは言うまでもない。

絶え間なく起こる 民族紛争
なぜ人は傷つき 傷つけあうのだろう oh
冷やし中華はじめました

雑談コーナー【テーマ:残酷な子供のテーゼ】


少し前に話題となった童謡『森のくまさん』の替え歌をめぐる騒動が双方の合意という形で円満解決したそうな。正直みんな「え?」って感じだろうけど、だからって外野がこれ以上クチバシを挟むような問題でもないわな。どうでもいいわ(レ)って思いもあるし。

それはそうと森くまの替え歌といえば意外と世代や地域性があって面白いよね。ちなみに僕の小学校では「♪ある貧血 森のな浣腸 くまさんニンニク 出会っ短足 花咲く森のみチンポコ くまさんに出会っタマタマ♪」だったよ。すがすがしいぐらいド直球な下ネタである。

お正月の歌は「♪もういくつ寝るとお正月 お正月には餅食って 喉に詰まって死んじゃった 早く来い来い霊柩車♪」、雛祭りは「♪灯りをつけましょ爆弾に ドカンと一発ハゲ頭 五人囃子が死んじゃった 今日は悲しいお葬式♪」だった。ガキどもがいかに「死と性」の概念に強く惹かれるか、替え歌を通して良く分かるなぁ……。

子供には「不謹慎」という概念がないんだよね。今あちこちの学校でいわゆる「被災者いじめ」の問題が巻き起こってるけど、この件に関して単純に「いじめる側が酷い」という結論では片付けられないと思うな。いや酷い事は酷いけど、今も昔も子供って残酷で無慈悲な生き物だよ。

僕が子供の頃だって学校の個室トイレに入る奴はもれなく「うんこマン」だったし、ギョウ虫検査に引っかかった少年がそのものズバリ「ギョウ虫」のあだ名で呼ばれていたのを僕は知っている。仮にあの頃、ロシア(ソ連)からの帰国子女が転校してきたら、チェルノブイリ原発事故にちなんで「放射能」と命名された可能性は極めて高い。被災者に同情の目を向けたり優しくすべきだと考えたりするのは分別をわきまえた大人だからであって、子供にそこまでの常識や倫理を求めるのは酷というものじゃないか?

昔、同じクラスに知的障害の児童がいてね。僕はその子の背中に「バカ」って書いた紙を貼って友だちとゲラゲラ笑ってた。酷いよね、クズいよね、許されざるよね。言い訳するつもりはないし、もしタイムマシンがあったらあの頃の僕を助走付けて殴りに行きたい。でも悲しいかな、当時はそんな事をしても「別に大騒ぎするほどでもない」という空気がはびこってた。

もちろん先生には怒られたよ。「自分がやられたらどういう気持ちになるか考えてみろ」って言われた。だけどあの頃は誰かの背中に何かを貼って影で笑うっていう遊びが普通に横行しててさ。バカと書いた紙に限らず、値札貼ったりいらないビックリマンシール貼ったりね。

友達同士の間ではそれがコミュニケーションの一環と認識されてて、貼られたら貼り返すの仁義なき戦いが繰り広げられてたから、「自分がやられたらどういう気持ちになるか」と言われても「別にいいけど?」と思うほかなかった。だから先生の叱責で反省する事はなかったんだよね。また怒られるのはゴメンだから二度とやらなかったけど、怒られた理由を真に理解するのは何年も経ってからだったな。

前にも何かの話題で書いた気がするけど、この手の問題が根深いのは「自分がやられて平気な事が他人も平気とは限らない」からだと思う。いじめには「悪意をもって誰かを攻撃するもの」と「悪意がなくいじめている自覚すらない」ものの二種類あるけど、厄介なのは圧倒的に後者だよね。悪いと分かってて実行するいじめの方が反省を促して解決しやすい。もちろん、悪気があろうとなかろうといじめには違いないので、どっちの罪が重いとか軽いとか言ってるわけではないからね、為念。

とにかく、子供の世界には世間一般のモラルとはかけ離れた独特のローカルルールのようなものがあるから、大人の常識的な観点からあれこれ口を出しても本気で理解してもらうのは難しいと思う。大人の世界だって地域や職場によってはおかしなルールがまかり通ってたりするし、それらの改善が困難を極めるのは過去の事例を鑑みるまでもなく明らかだ。

くどいようだけど、いじめが褒められた行為ではないのは確かだし、行った者には年齢や理由にかかわらず相応の処罰を下してしかるべきだと思うよ。こういう事はくどいぐらい言っておかないと「あいつはいじめを正当化してる!」とか叩かれかねないからね、あえてしつこく繰り返しておく。あえてね(前園さんいじめカッコ悪い宣言済み)。

……今日は替え歌について書くつもりが、突如として重すぎる話に路線変更してしまった。まるで普段はバカバカしいノリなのに時々思い出したようにグロテスクな展開になる『地獄先生ぬ~べ~』みたいだぁ……(直喩)。

パズル進捗状況


端のピースの仕分けが終わった。ようやくスタート地点に立ったと言っても過言ではない。端と言っても色数が少ないから見分け付かなくて難しいんだよねぇ……いきなりハードモードですよ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2438日目) 

今日のデート


今日は彼女の誘いでカラオケに行ってきた。僕も行きたいと思ってたけど、割と最近行ったばかりでそう頻繁に誘うのもちょっとナーって感じだったから、彼女の方から提案してくれたのはほんと嬉しい。やっぱりデートといえば王道を征くカラオケですよね。

何歌おうかと考えてる時間も楽しかった。とりあえず真っ先に歌いたかったのはやっぱり『恋』だよね。以前雑談でハマったと書いたけど、あれ以来ずっと聴いてる。これを書いてる今もリアルガチで聴いてる。

リズムとかダンスとかももちろん魅力的だけど、それより何より歌詞がいいよね。「詞で売れる曲なんて無い」と言われるぐらい歌詞って割とぞんざいに扱われがちだけど、詞がいい曲はいつまで聴いても飽きない。逆に曲調が良くても詞が凡庸だとすぐ飽きる。その点、『恋』は曲調も詞も両方いい。しかも歌いやすい。まさしく完璧、「PERFECT SONG」と呼ぶにふさわしい一曲だろう。流行るのも当然だ。


みんなにも見せてあげたかったよ、彼女の可愛らしい恋ダンス。ガッキーよりも可愛いんだから。もっとも、これに関しては新幹線の速さと光の速さを比べるようなものだから、別にガッキーが可愛くないというわけじゃないよ。

とまあそれはともかく、今日は他にも色々歌った。つい一昨日、金曜ロードショーで『耳をすませば』をやっていた関係でカントリーロードも歌ったね。曲もだけど映画自体がほんとすき。テレビでやる度に必ず見るし、見る度に必ずにやけちゃう。天沢聖司役の高橋一生が最近ドラマとかバラエティに良く出てるのもうれしい……うれしくない?

あとネットの一部でカルト的な人気を誇る『日本昔ばなし』のエンディングテーマ、「にんげんっていいな」も歌った。この歌、『耳すま』の杉村(雫の女友達が惚れる野球少年)の中の人が歌ってるんだよね。変声期を跨いでるから声全然違うけど、知った時は驚いた。耳すまと日本昔ばなし、全く別方向から好きな二つの作品にそんな繋がりがあったなんて!?って。

とにかく楽しいカラオケタイムだったよ。まだまだ歌いたかった曲、歌ってほしかった曲はたくさんあるから、そのうちまた誘ってみる予定。

今日は、っていうか今日も寒かったし、彼女も屋内で過ごしたいって言ってたから、あまり外は出歩かなかった。一番長かったのは彼女の部屋で過ごす時間だし。カラオケもいいけど、やっぱ部屋で二人っきりで過ごすのが一番よにゃ。


例によってコスプレ、いわゆるコスチュームプレイ♂も楽しんでみたりしちゃったりなんかして(HRKWTITRU)。今日の彼女は名実ともに天使と化していた。さしずめ「大天使ネネエル」と言ったところか。この格好で恋ダンスなんかされた日には即昇天♂ですよ。


ご飯も美味しかったし、今回も最高のデートだった。何より彼女が大満足してくれたのが嬉しいですねぇ! まだまだ寒い日は続くけど、今日のように燃え盛る愛の力で乗り切っていきたいね。半月後はいよいよ「例の日」だしさ。

雑談コーナー【テーマ:命名】


僕の彼女は子どもとか赤ちゃんが好きで、良く「早く子育てしたい」って言う。僕としてはその度に「頑張ります!」って感じなのだけど、それはともかくそういう話題の度に考えるのはやっぱりあれだよね。子どもの名前。

子育てに縁がある人もそうでない人も、一度は考えた事があるんじゃないだろうか。自分に子どもが生まれたらどんな名前にしよう?って。かくいう僕も彼女と付き合ってからはもちろん、付き合う前も時々考えてたよ。彼女と付き合い始めてその構想というか妄想がより具体化した感じかナー。

今のところ「これ!」といったネーミングは思いついてない、というか時期によって「いいな」と思える名前は変わるのだけど、最近ひとつ「これは限りなくベストに近いんじゃないか!?」と思ってる名前がある。

それは「了(りょう)」。仮に僕が彼女の婿養子に入るとしたら「姉ヶ崎 了」……よくね!? ちなみに一応男の子を想定してるけど、女の子でも特に問題ない名前だと思う。

前にどっかで書いた事あるような気がするけど、僕は『デビルマン』が好きでね。アニメじゃなくて漫画の方ね。一番好きな漫画に挙げられるぐらい好き。だからデビルマンに登場する「飛鳥 了」から頂いてみたんだ。某シャブ中ミュージシャンの芸名と被ってるのが気に入らないけど、この際それには目を瞑る(字が違うし)。

飛鳥了は物語の黒幕的存在で人類の敵だけど悪役というわけではないし、主人公の不動明を愛する心は本物だから、彼のような純粋に、時には性別や種族さえも超えて誰かを愛せる人に育ってほしいという願いが込められてる。彼のようなイケメンならなおよし。彼女の遺伝子を色濃く受け継いでくれれば何とかなる……はず!

……とまあ、実を言うとこれは後付けの理由で、一番の理由は「字が簡単で書きやすい」からだったりする。一般的な漢字の名前に比べて「了」は一瞬で書き終わるから、筆記試験で数秒得するじゃん? たかが数秒とはいえ、その数秒が明暗を分ける可能性だってゼロではない。試験に限らず、自分の名前を書く機会は人生において意外とあるものだから、数秒が積み重なればかなりの時間を浮かせられるだろう。自分の名前を通じて、「塵も積もれば山となる」の精神を学んでほしいという思いもある。

あとRPGとかのゲームで本名プレイしたい時も漢字一文字、ひらがな三文字(濁点無し)なので文字数制限に絶対引っかからない。ちなみに僕の名前は漢字二文字、ひらがな四文字なのだけど、濁点を入れると五文字なのでファミコンのドラゴンクエストシリーズでは本名プレイができなかった。子どもにはあの悲しみを味わわせたくない。

また、名前の響き的にどんな世界観にも比較的馴染みやすいのもポイント。例えば「タカヒロ」とか「マサシ」とかだとあまりにも和風過ぎてファンタジーな世界観では浮いてしまうからね。「リョウ」ならファンタジーでもメルヘンでも洋風でも和風でもいけるし、アルファベットしか入力できない海外ゲームでも「RYO」で対応可能だ。

いかがだろうか、僕の「了という名前あらゆる意味で完璧説」。もし子どもの名前で悩んでる人がいたら、是非参考にしてみてほしい。

パズル進捗状況


新しいパズルを作り始めた……っていうか、まだ端のピースの選別も終わってなかったりする。今回のパズルは2000ピース(!)もあるから選別するだけで一苦労。前回のラスコォさんが簡単過ぎた反動で極端に難しいのを選んでしまった。

今週は四つ角を揃えるまで進めようと決めたから、四つ角の4ピースが見つかった時点で中断した。3つめまではあっさり見つかったんだけど、最後の1つがなかなか見つからなくてキツかったね。見つかった時は思わず「っっしゃあ!」とガッツポーズしてしまったよ。脳内BGMとして『UNICORN』が流れたのは言うまでもない。

まだ漁ってない山が半分、つまり1000ピースぐらい残ってるから来週も選別に費やすかな。あんまり一気に進めると地獄の時期が早まるしね……。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2431日目) 

パズル進捗状況


完成した。見ての通り、ラスコォ(ネイティブ)こと『あらいぐまラスカル』のパズルである。密かにラスコォさん以外の動物も紛れているので、ウォーリーよろしく暇な人は探してみよう。

ラスコォさんといえば近年スマホの某おはじきゲームを始め様々なコラボでリバイバルブームの気運が高まってるけど、パズル業界ではブームの再燃を待つまでもなく、かねてより人気キャラとして有名だ。「ディズニー」「ジブリ」「ラッセンのイルカ」に次ぐ定番モティーフと言えるだろう。

僕も「困った時のラスコォ頼み」として、過去にいくつかのパズルを完成させてきた。ちなみに今回のパズルは最近発売されたもので、デフォルメ調のかわいらしいデザインが特徴。原作準拠のリアルなタッチは食いつきが悪いのかもしれない。

そんなわけで、次回からは次のパズルに取りかかる。まだ箱から出してもいないけど、調子に乗ってかなり難易度の高いパズルを選んでしまったので既に不安でいっぱいだ。まあ、急いで作る必要もないからのんびり気長に作るとしよう。

今日のデート


動物戦隊ジュウオウジャーもあと2回で終わりという事で今日は彼女と動物園に出かけ……るつもりだったのだけど、天気があまりよくなくてキャンセルの憂き目に遭ってしまった。さすがに雨に降られながらキリンやゴリラを眺めても楽しくないですから……残念!(HTYUK)


動物園には行かなかったけど、デート自体がキャンセルになったわけではない。代わりに今日は植物園に足を運んでみたよ。動物がダメなら植物だ!ってワケ。まあ、園内が暖かくて過ごしやすいってのも理由だけど。

植物園は植物園で楽しかったのだけど、彼女にトラブルが起きてね。ここで触れた事があるかどうかは分からないけど、僕の彼女はカエルが大の苦手だ。カエルが好きな女の子の方が珍しいと思うけど、彼女の場合は徹底していて「けろけろけろっぴ」的にデフォルメされたカエルもあまり好きではない模様。


で、今日はそのカエルが彼女の足元に舞い降りて、ちょっとした大騒動に発展した次第だ。彼女にとって幽霊やホッケーマスクの殺人鬼よりもカエルの方が恐るべき存在らしい。しかし、カエルに慌てふためく彼女がたまらなく可愛かったのも事実ではある。人目もはばからず抱きついてもらえたしね。ある意味トラブルならぬTo LOVEるである。更に何でもないような事が幸せだったと思う虎舞竜でもある。

ちなみに僕はカエルを特に苦手とはしていない。好き好き大好き超愛してる!というほどでもないけど、少なくとも触る事に抵抗はない。小さいアマガエルやトノサマガエルはもちろん、大きいヒキガエルやウシガエルも平気。

ウシガエルといえば、ウシガエルの200匹に1匹ぐらいは「ニャー」と猫のような鳴き方をするんだよ。去年探偵ナイトスクープでやってた。想像以上に猫だから、興味のある人は「ウシガエル ナイトスクープ」で動画検索してみて。以上、先週に引き続きトリビアのコーナーでした。


それはともかく、今日は植物園以外にもショッピングをしたり美味しいモノを食べたり部屋でイチャラブしたりして楽しく過ごした。最後は晩ご飯までごちそうになったしね。


メニューは彼女お手製のスペシャルコロッケ。言うまでもなくマジウマでねぇ……あまりの美味さに某大百科のカラクリロボットよろしくコロッケキチガイ、略してコロキチになってしまいそうな勢いだったナリ。

前述のアクシデントはあったものの、彼女も何だかんだで楽しんでくれたみたいで何より。でも次のデートはカエルが絶対に出現しない場所にしなきゃだね。まあ、この時期カエルとエンカウントする場所の方が珍しいと思うけど。

雑談コーナー【テーマ:ラーメンつけ麺天罰てきめん】


前々回の雑談で「また有名人で警察のお世話になる輩が現れたらそれについて書く」みたいな事を書いたけど、早速現れてくれたね。狩野英孝という逸材が。

こんな事言うと「差別だ!偏見だ!」と言われるのは目に見えてるけど、今回の一件で彼を叩いてるのは大半が男に縁のないor旦那に見放された欲求不満のババアだと思ってる。男なら彼の心理を多かれ少なかれ理解できるし、同情心すら芽生えるはずだ。

もちろん、彼が女にだらしないのは間違いないし、過去のトラブルを鑑みれば累積イエローカードで謹慎処分を食らうのは妥当だと思う。だけど、実際に彼の立場になった時、一体どれだけの男が法律や条例を遵守できるのかという話だよ。もし男で彼を全力で叩くヤツがいたら、そいつはインポだ。バイアグラでも飲んで、どうぞ。

そもそも、巷にいわゆる「JKモノ」と呼ばれるカテゴリが存在し、それが極めて高い需要を確立している時点で健全な成人男子が18歳未満の女子高生を性的な対象と見ているのは確定的に明らかだ。

漫画やゲームに至っては、学生(に相当する年齢の女性)以外としか関係を結べない作品の方が逆に珍しいぐらいだろう。アダルトゲームに関しては二昔ほど前から年齢を伏せたり「学校」ではなく「学園」などと呼び変える事で倫理規定を回避するようになったが、それが建前に過ぎない事はこれまた確定的に明らかである。

だとしたら、誰が彼の過ちを責められようか。人の趣味嗜好はそれぞれだから、そりゃ中には成熟した女の方がいい、若い娘は嫌だというヤツもいるだろう。しかし、動物の本能としてオスが若くて体力の有り余る、いわば「最も子孫を残しやすい年齢」のメスに強く惹き付けられるのは至極当然なわけで、むしろ若い娘を嫌がるヤツの方が生物的観点としては「異常」と言えなくもない。

レ語録を借りるまでもなく、一体何が問題なのか、何の問題もないだろうと思ってる男が大半でしょ、実際。言うまでもなく無理矢理手込めにするのは問題だし、絶対に罰せられるべきだけど、それは別に18歳未満に限った話ではないわけで。合意の上での行為に他人がいちいち目くじらを立てる理由が分からない。

識者と呼ばれる類の輩は「18歳未満はまだ子供で分別が付かないから」とか抜かすんだろうけど、都合のいい時だけモラトリアムを持ち出すのはいかがなものか。17歳なら十分大人でしょ。18歳の誕生日を迎えた瞬間、突然分別に目覚めるわけでもなし。

そんなわけだから、これからも僕は狩野英孝を応援する所存だし、彼を過剰に叩くヤツはもれなく孤独なババアかインポ野郎だと見なす。ま、上でも書いた通り、女にだらしないのが今回の騒動を引き起こした最大の要因ではあるわけだし、有名人のスキャンダルが頻繁に取り沙汰されるこの時期に脇が甘すぎると言わざるを得ないから、謹慎は「いい薬」だとは思うけどね。

でも謹慎したところでそう簡単に人の本質は変わらないと思うなあ。いっそ平成の火野正平、お笑い界のチャーリー・シーン(5000人斬り)として一生下半身に節操がない人生を貫き通して欲しい気もする。そんで最後は付き合ってた女に刺されて死んで、「あいついつも女の尻ばっか追いかけ回してたけど、憎めないヤツだったよな」ってみんなに言われるの。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、『アキバBlog』様、
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 愛宕 重兵装Ver. レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2424日目) 

熱海トリビア多め


熱海最高!彼女最高!!!……というわけで、恥ずかしながら帰って参りました。いや、別に恥ずかしくないけど。っていうか平成もそろそろ終わりを告げようかという今のご時世、どれだけの人がこのネタを理解してくれるんだっていうね。昭和の昔、横井庄一という帝国陸軍の軍人がいてぇ……(以下略)


それはともかく、行ってきたよ熱海。彼女と二人、思う存分熱海ってきたよ。もうこれで何回目だろう。いつからか数えるのをやめてしまったから正確な回数は分からないけど、軽く20回は行ってるんじゃないか? 30回ぐらい行ってる可能性も。とにかく、僕と彼女にとって熱海は第二の故郷と言っても過言ではないだろう。

この週末、今年度最大の寒波が日本を襲ったけど、僕たちの燃え盛る愛の前では取るに足らない。むしろ四六時中寄り添っていられて大歓迎というものだ。どんとこい、大寒波。


泊まったホテルの中は暖かかったしね。ホテルと言えば、僕たちが熱海で宿泊する時にいつも利用する「大野屋」というホテル。ここってルパン三世のテーマソング等で超有名な作曲家・大野雄二のリアルガチな実家なんだよ。知ってた?

この話、前にもしたつもりだったけど、それらしき単語で過去ログを漁っても出てこないからしてなかったかも。知った時はビックリしたねぇ。思わずへぇボタンを乱打して破壊する勢いだったよ。冗談抜きで金の脳(メロンパン入れ)レベルのトリビアではないだろうか。明日使える知識……かどうかは分からないけど、もし周りに知らなそうな人がいたら教えてあげてね。

大野屋トリビアはさておき、今回も素晴らしい旅だった。「熱海は夏!」という格言があるけど、冬の熱海もそれはそれでオツなもんだよ。花火とか海水浴とかがない分、本物の城じゃないというぐらいでテンションが半分になる熱海城の価値が相対的に上がるし。


ちなみに僕が事あるごとに言う「本物の城じゃない」という熱海城。この話に関しては前にも確実にしたし、毎度あえて説明するまでもないと思ったから端折ってたけど、トリビアついでに改めて説明しておこうか。熱海城が建設されたのは1959年で、大名が統治していた時代にあった城を復元したものではない。要するに城の形をした「観光施設」って事。東京ディズニーランドのシンデレラ城と本質的には一緒である。

だから「本物の城じゃない」し、築60年程度の建造物に過ぎない思ってしまうと途端に「テンションが半分になる」というわけ。城マニアも、というか城マニアであればあるほど熱海城なんか城とは認められないだろう。

でも僕は城マニアでも歴史好きでも何でもないから、熱海城も姫路城もテンション的には大差ないけどね。むしろ足を運ぶ頻度の分、熱海城の方が思い入れあったりして。確かに熱海城には歴史も伝統もないかもしれない。だけど僕と彼女の愛の歴史の中には熱海城が燦然と輝いてるからね。本物の城じゃないというぐらいでテンションが半分になるという失礼極まりない文言も愛情表現のつもりだよ。


楽しすぎて一泊二日じゃ全然物足りないから、早くも再び熱海行きたい欲が高まってる。今度行けるのはいつになるだろうか……今から楽しみだ!!

プチ記念日


例によってここから下は旅行前、具体的には旅行の前日に書いてる。つまり今日は13日の金曜日。ホッケーマスクを被った怪人がイチャつくカップルどもを血祭りに上げる例の日だ。

もっとも、僕と彼女の前にその怪人・ジェイソンは現れなかった。一緒に登下校したし、夕方には外で逢ったりもしたけどジェイソンの「ジェ」の字も見えないイキフンだった。いや別に襲われたかったわけじゃないけど(死ぬし)、全く相手にされないと「イチャつきが足りないのかな?」ってちょっと不安になってしまうね。どんなカップルよりもラブラブだと自負しているけど、ジェイソンを召喚するにはまだ足りないって事か。精進しなきゃだなあ。

それはさておき遡る事3日、10日の火曜日は言わずと知れたプチ記念日だった。今年初の記念日って事で一層気合が入ったのは言うまでもない。何事も最初が肝心って言うしねぇ。プレゼントももちろん気合を入れて用意したよ。


今月は靴下にしてみた。本当は先月贈ろうかな?と思ってたんだけどね。靴下といえばクリスマスにサンタさんのプレゼントを入れる袋としておなじみだし。でも結局いいイヤリングを見つけたからそっちを選んで、今月改めて靴下を贈る運びとなった次第だ。

靴下は何足あっても困るもんじゃないし、僕の愛で足元から温めてあげるっていう意味で寒い冬にはちょうどいいかなって。明日の旅行で早速履いてくれたら嬉しいなぁと思ってる。いや別に靴下フェチじゃないよ!?……でもVery Good///

何はともあれ、喜んでもらえたので良かった。来月も喜んでもらえるといいなぁ……だって来月2月10日は「あの日」の直前だしね。絶対に失敗できない戦いがそこにはあるよ。

雑談コーナー【テーマ:よもやまゲーム話】


『ウォッチドッグス2』をクリアしたという話を先日したけど、その後ストーリーとは無関係な寄り道ミッションも一通り終わらせた。具体的にはサンフランシスコ中の観光名所を(ゲーム内の)スマホカメラで撮影するというミッションがあるのだけど、それを全部完了した。指定される被写体の中には特定の時間にしか現れない人物(NPC)もいて、コンプするのは意外と手間。でも楽しい。

まだ主人公が習得するスキルを全部覚えてなくて、あちこちに隠されてるスキルを覚えるために必要なポイントを集める作業が残ってるけど、自力で全部集めきるのはしんどい。というのも車やバイクに乗ってると隠されてる場所に相当近付かないと表示されないから。徒歩ならかなり遠くからでも見つけられるけど、そうなるとエリア中を徒歩で駆けずり回らなきゃいけないわけで。

必要なスキルは全部取っちゃったし、正直これ以上やり込むモチベーションはないな。ぶっちゃけ「飽きた」と言わざるを得ない。ちなみにプレイ時間は53時間ぐらい。これを長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだけど、この前も書いた通り個人的には物足りない。せっかくリアルなサンフランシスコという立派な舞台があるんだから、100時間ぐらいは楽しみたいよねぇ。

ま、春にはDLCで追加ストーリーが実装されるようだから、それが出たら再開すると思う。そっちには1でおなじみのジョルディさんも登場するみたいだし、今から楽しみだよ。春なんて言わずもっと早く出してほしいけどねぇ。ただでさえPC版はDLCの配信が一ヶ月遅れだし。厳密にはPC版が遅いんじゃなくてPS4版が早いんだけど。PS4版はPS+民専用のコスチュームとかも配信されてるみたいだし、何故か優遇されてる。

だからってPS4版の方がいいとは思わないけど。やっぱオープンワールドにおいてグラフィックの差は大きいよ。サンフランシスコといえば濃い霧がかかる事で有名だけど、処理速度の関係でその霧が実装されてるのはPC版だけっぽいし(PC版もデフォルトではオフ)。SSDなら読み込みも早いし、いくらコンシューマーが優遇されようともやっぱり僕は王道を征くPC版ですね。

そんなわけで、ウォッチドッグス2も一区切り付いたので次は何のゲームを遊ぶか思案中。せっかくシーズンパス買ったのにほったらかしにしてるFallout4に戻ろうカナーとも思ってるけど、多分MODの大半が動かないか不具合発生するようになってるだろうから、環境を1から構築しなきゃいけないのがめんどくさい。DLCのヌカワールドだっけ?あれは気になってるけどねぇ。

あとはダークソウル3に戻るのもアリかな。こっちはシーズンパス買ってないからDLCは改めて買わなきゃいけない。もう色々忘れちゃってるから再開するなら最初からかな。フラグ立てがややこしくていわゆる「取り返しの付かない要素」が多すぎるのがやめちゃった最大の理由だけど、改善されてるのだろうか。

攻略サイトとにらめっこしながらプレイしてもつまらないけど、何の情報もないと自力でフラグ立てるのは不可能に近いというジレンマ。取りこぼしなんて気にしない人は気にしないんだろうけど、僕は気にするし、それがダークソウル3を「満点のゲーム」とは呼べなくしている。ダクソに限らず、時限式のイベントって大嫌いだわ。

他には新しくゲームを買うという選択肢もある。でも現時点で気になってるゲームは特にないんだよね。アクションでもRPGでも和ゲーでも洋ゲーでも何でもいいから、気軽に長く楽しめるゲームがあればいいんだけど、「気軽に遊べるゲーム」と「長く遊べるゲーム」はあっても両方の条件を満たすゲームってなかなかないんだよねぇ。

あ、そうそう。先週「書きたい事がまだあるから来週書く」って書いたけど、それは今回の話ではない。というか、その事を今思い出した(笑)。まあ、一週間経ったら書きたい欲も萎えちゃったし、もう書く事はないだろう。大した話でもないしね。

パズル進捗状況


いよいよ完成が近い。来週には完成するのかい?しないのかい?どっちなんだい!?

すーるッ!(NKYMKNNKN)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2417日目) 

冬休み終了のお知らせ


年が明けてもう一週間が経った。早い、早すぎる。彼女と初日の出を見たのがついこの間、どころかついさっきの事のように思える。そして一週間経ったという事は自動的に冬休みももう終わりだぁ!(正月気分は)出て行けぇ!(レ)

明日は成人の日だから10日から三学期というパティーンも多いと思う。でもうちのガッコは週休二日制じゃないから昨日が始業式だったんだよね。一日ぐらいオマケしてくれてもいいのに……気が利かねえなぁ。まあ、始業式なんて休みみたいなもんやし、明日が休みなのは変わりないから別にいいっちゃいいんだけどね。早起きしなきゃいけなかったから何の問題もないね♂……とまでは言えないけど。

先日もちらっとお伝えした通り、来週末は熱海に行ってくる。もちろん愛しの彼女と。見た人どれだけいるのか知らないけど、正月の特番でお笑い芸人が熱海に出かけるバラエティをやってたから、今僕の中で「熱海行きたい欲」がかなり高まってるんだ。

ちなみにその特番は雨上がり決死隊の二人とフット後藤、千鳥ノブ、あとフジモンとバイきんぐ小峠に三四郎の小宮が出てた。要するにお笑いコンビの「ツッコミ」担当が集まるっていうコンセプトね。1時間番組だったからあっという間に終わっちゃったけど、面白かったから別の観光地で第2弾をやってもらいたいところだ。それこそ箱根や日光あたりは良いと思うのだが。

番組では「本物の城じゃないというぐらいでテンションが半分になる」事でおなじみの熱海城や、ガンマイクを異常に警戒するハイテンションおじさんがいるお茶屋にも立ち寄ってたね。モヤさまじゃないからガンマイクには全く触れなかったけど、相変わらず素人とは思えない面白さだった。メディアへの露出頻度を考えるともはや「素人」とは呼べないかもしれないが。

そんな熱海に今度の土日、僕らは出かけるわけだ。今から楽しみで仕方がない。土産話、こうご期待!である。

ザウスからシーマ転がしてきました(HRNNR)


冬といえばスキー!というわけで、今日は彼女とスキー場に行ってきたよ。スキー場といってもザウスじゃないよ。そういえば去年も正月明けの初デートはスキー場だった気がする。別に恒例にしてるつもりはないけど、やっぱ冬休みの間にスキーぐらいは行っておきたいやん?

去年も書いたと思うけど、彼女はスキーが割と得意だ。体を動かす事をあまり好まない彼女だけど、スキーだけはションテンガリアーで楽しんでくれる。だとしたら冬休みにスキー場に行くのは当然の義務と言えるだろう。ま、僕自身はスキーもスノボも別に得意じゃあないんだけどね。水と氷は得意だけど、雪はNG。


華麗なシュプールを描いて彼女にいいとこ見せられないのが残念だけど、その彼女が楽しんでくれたから何の問題もないね♂ 僕としては彼女のスキーウェア姿を見られるだけで満足だし。ゲレンデでは誰でも可愛さ(男はカッコ良さ)がアップすると言われているけど、彼女の場合はゲレンデだろうがベランダだろうが常に可愛さMAXである。むしろ可愛さレベルがオーバーフローを起こして逆にゼロになるんじゃないかっていうね。それぐらい可愛い。


そんな可愛すぎる彼女と今日は温泉にも行った。温泉といっても地元のだけど、せっかく山の方に足を運んだんだから寄らないのはもったいない。今日は一段と寒かったから、なおさら気持ちよかったなぁ。一緒に入るわけじゃないのが残念だけど、それは来週のお楽しみ♂という事で。


雪と戯れ、温泉でポカポカになった後は部屋で戯れ&ポカポカタイム。わざわざスキー場や温泉に行かなくても同じぐらいの幸せは味わえちゃうんだなあ(みつを)。だからって四六時中部屋の中でってわけにもいかないけど、今日一番の幸せが彼女と部屋で二人っきりになっていた時だったのは間違いない。


ちなみに今日のご飯は焼き肉だった。寒かったから火の気が欲しかったし、スタミナ♂も付けたかったからね。タン塩もホルモンも骨付きカルビも全部美味しかったよ。お米も美味しかったね。でも注文したらすぐに来たから「焼き肉といったら白い飯だろうが!」とキレるゴローちゃんごっこはできなかった。残念。この台詞と北の国からの「まだ食ってる途中でしょうが!!」はいつか一度は言ってみたい。

雑談コーナー【テーマ:ファーストドリーム】


初夢の話を忘れないうちにシテオク。初夢、と一口に言ってもその定義には諸説あって、「12月31日から1月1日にかけて見た夢」「1月1日から1月2日にかけて見た夢」「年が明けて最初に覚えている夢」の3つが有力説とされている(らしい)。そして僕は3番目の「年が明けて最初に覚えている夢」が初夢という説を採る。

何故なら残り2つの説を採用すると「今年の初夢は覚えてない。まる。」で終わってしまうからだ。いや別にそれはそれでいいのだが、初夢の話をすると宣言した以上、覚えてる夢の話をしないわけにはいくまい。

前置きはさておき、今年の初夢は「三つ子になった僕(ら)がお笑い芸人を目指す。」というストーリーだった。芸人になる夢を見たのは恐らく年末年始にお笑い系の番組を色々見たからだろう。三つ子になる、というのはよくわからないが、兄弟のコンビ芸人「ミキ」が面白いなーと思っていたからかもしれない。次のM-1では是非決勝進出を果たし、願わくば優勝してほしいね。応援している。

夢の中の僕(ら)がお笑い芸人になれたのかどうかは定かではない。ただ、お笑い界の頂点を目指すにあたり「三つ子である事を生かしたネタだけでは“ザ・たっち”の二番煎じにしかなれない、ブレイクするにはプラスアルファの何かが必要」と考えていたのはハッキリと覚えている。所詮夢なのだからご都合主義上等であっさり天下を取るプロットにすればいいものを、妙に現実感にこだわったせいでモヤモヤする内容になってしまった。

夢診断とか心理学的にこの夢がどういう意味合いを持つのかは分からない。でも少なくとも悪夢ではなかったから、初夢としてはマシな方と言えるのではないだろうか。かといって「良い夢」とも言い難い、おみくじで言えば小吉・末吉レベルだけど。ちなみにリアルガチのおみくじは「凶」を出したんだけどね。

でも気にしない。何故なら僕は上岡龍太郎や松尾貴史に匹敵するほどオカルトや迷信の類を忌み嫌うと同時にそういうくだらないものを信じる輩を下に見ている人間だから。じゃあ引くなよって?ごもっとも。でも周りが引いてるのに自分だけ引かずに「おみくじなんてくだらない」などと抜かして場の空気を凍り付かせるようなクズにもなりたくないからね。信じる輩を下には見るけど態度には表さない。それが紳士の嗜みってもんだろう。

ともあれ、初夢の話はこれで終わりだ。先週のゲームネタに比べれば新年らしい内容になったのではないだろうか。新年ネタでもうひとつ書きたい事があったけど、長くなりそうなので次回にする。ただ、どうしても書きたい事ってわけでもないので明日からの一週間で他に書きたい事ができたらそっちの話を優先するよ。また芸能人が警察のお世話になるとかさ。

パズル進捗状況


もうほとんど終わったも同然だ。だいぶ前にも書いた通り、次のパズルは既に用意してあるけど、かなり難しいから今から不安でいっぱいだ。特に序盤は取っかかりがないからなぁ……。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2410日目) 

謹賀新年!


あけましておめでトゥース!……とまあ、思わずピンク色のベストを着たくなるテンションなのだけども、いかがお過ごしだろうか。

いやー明けたねー!見事に明けた、2017年が。今年も年末年始は色々あったから何かと忙しかったけど、全部「嬉しい」忙しさだから何の問題もないね♂ それもひとえに彼女が僕のそばに居続けてくれたおかげだよ。幸せの送り手、ハッピーブリンガーたる彼女にはどれだけ感謝してもし足りない。


今年も糞晦日……じゃなかった大晦日は彼女と一緒に過ごしたよ。年越しのカウントダウンイベントに参加する前に年越しソバも作ってくれてねぇ……これがもうマジウマ! 年越しソバって一種のお約束みたいなもんで、あんまり味を追求するイベントでもないのだけど、彼女の作る年越しソバはお約束や定番の枠を飛び越えてるからね。最高、いや、最強ソバと名付けたい。


そんな最強ソバでお腹をいっぱいにした僕らはイベント会場に足を運んで、それから朝までずっと一緒にいた。旅行以外で朝まで一緒ってなかなかないから、ありがたかったねぇ! あ、そうそう! 旅行といえばさ……また熱海旅行に出かけられる手筈となったのだよ! 急に報告して申し訳ないけど、あまりにもうれしくてつい。


冬休み中に行くのもありかナーと思ったけど、今年もあえて冬休み終了後の14日・15日にしてみた。あえてね(ミルコ・クロコップ優勝済み)。冬休みが終わってもまだ楽しみが控えていればモチベーションが下がらずに済むから。冬休みは旅行じゃなくたって楽しい事はいっぱいあるしさ。もちデートもする予定だよ。


というか、今日がもうデートしたようなものだけどね。一緒に初日の出を見てからは神社へ初詣に出かけたし。今年も神様に祈ったよ~。彼女とずっと幸せでいられますように!って。ま、わざわざ神様に祈らなくても僕自身の力で幸せにする自信はあるけど。彼女が何をお願いしたのかは聞いてないけど、同じような願いだといいなー。

何はともあれ、今年もたくさんの思い出を作っていく所存だ。そして去年よりも楽しい一年にすると誓うぜ!

雑談コーナー【テーマ:シスコ万歳】



新年一発目の雑談は今年の抱負とかにした方がいいのかもしれないけど、そんな事より報告したい事があるので今日はそれについて述べる。


クリアしたよ、『ウォッチドッグス2』。何とか年内に間に合わせられて良かった。中途半端な状態で年を越すのって何かモヤモヤするやん? 素敵じゃないやん? だからほんとはクリアしたくなかったんだけど、一気にプレイした次第。

クリアしたくなかったのは、面白すぎて終わらせるのがもったいなかったから。そう思えるゲームは僕の中で良いゲームの証拠。逆に「はよ終われ」と思いながら惰性でプレイするゲームは凡作。つまらんゲームはそもそもクリアしようとさえ思わない。

期待通り、いや、期待以上の出来映えだったかな。前作の重苦しい雰囲気(と魅力ゼロの主人公)にイマイチ馴染めなかった僕としては今作の軽妙なノリはまさしくツボ。こういうゲームを待ってたんだよ!お前の事が好きだったんだよ!って感じ。


もっとも、不満がないわけじゃあないんだけどね。まず第一に、ボリュームがちょっと少ないかなと。クリアタイムは46時間とそれなりだけど、寄り道に多くの時間を割いてるからエンディングを見るだけなら20時間も掛からないんじゃないかな。ボリューム不足に関しては前作もそうだったけど、あまり改善されてなくて残念。

あとねぇ、難易度がかーなーり低い。前作に比べてやれる事が多くなってる分、プレイヤー有利になり過ぎなんだよね。今回は色んなプレイスタイルでの攻略が想定されてるんだけど、攻略法が豊富って事はアバウトなプレイでもクリアできてしまうわけで。もっとも、シビアさを求めると特定の手段でしかクリアできないようにせざるを得ないから、「やり応え」を取るか「自由度」を取るかは難しいところではある。

難易度設定があるからヌルいなら難易度上げればいいじゃんって思うかもしれないけど、そもそも今回は敵と直接交戦する機会がほぼないから難易度上げても大して変わらないのよ。ほとんどのミッションが敵に見つからずクリア出来るようになっていて、難易度上げて敵の攻撃力が上がったって関係ないんだよね。敵に見つかった時点で大騒ぎになるから、攻撃されるような状況に陥ったらやり直した方が早いし。

一応難しくするとAIが強化されるみたいだけど、体感としては見つかるまでの時間が短くなる程度。最高難易度がデフォルトの難易度でも全然不思議じゃないぐらい簡単だよ。

あえて敵に見つかる事で難易度を飛躍的に高める事は出来るけど、わざとそんな事するのもねぇ。銃撃戦が面白いかって言われたらそうでもないし。そういう戦い方をするなら他のTPSの方がよっぽど楽しいもの。

ボリュームの少なさと難易度の低さが僕としては一番の不満点だね。まあ、ボリュームに関してはDLCも出るだろうから今後に期待している。難易度もDLCは多分本編より難しくなるんじゃないかなあ。


肝心(?)のストーリーは可も無く不可も無くって感じ。前作のような重厚なドラマを期待するとガッカリするのでその点は注意。僕は元々期待してなかったから不満ってほどでもないけど、もうちょい盛り上がっても良かった気がする。

そういえば敵も味方も死にまくり殺しまくりの地獄絵図だった前作と打って変わり、今回は敵味方ともにほぼ死人が出ないのが特徴なのだけど、一人だけ“急に死ぬ”ヤツがいてそこは不満。どうせなら誰も死なずに終わらせて欲しかった。そもそも流れ的に死ぬ必要なかったと思うし。DLCの伏線……ってわけでもないだろうな。

他にも語りたい事は山ほどあるけど、長くなったのでこの辺で。あ、そうそう。録画したプレイを1つだけ試しにアップしたから興味があるなら見てみてほしい。

他のミッションも似たような感じだから、面白そうだと思ったらプレイして損はない。ちなみにストーリー的なネタバレは特にないのでご安心を。というか今作はネタバレされて困るほどのイベント自体が特にない(笑)。

パズル進捗状況


つい一昨日、パズルを床にぶちまけそうになるというアクシデントに見舞われた。幸いすんでの所で難を逃れたけど、2017年が最悪の幕開けになるところだった。あっぶー。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2403日目) 

めりくり!


メリークリスマーーーース!!!……というわけで、今日は待ちに待ったクリスマス。つまり昨日は恋人たちの恋人たちによる恋人たちのための祭典、クリスマスイブだった。もちろん、今年も僕と彼女はずっと一緒だったよ。当たり前だよなぁ?!


学校のクリスマスパーリィにも参加したけど、それだけで終わるほど僕らのイブは甘いもんじゃない。パーリィの前にも後にも二人っきりでたっぷり過ごしたよ。実に楽しかったねぇ……クリスマスを大好きな人と一緒に過ごせる、それだけで僕は十分幸せだし。別にキリスト教なんて信じてないけど、この日ばかりはキリストに感謝したいね。ありがとう、キリちゃん。

クリスマスといえばケーキ。今年もちゃんと用意したよ。

やっぱりクリスマスは王道を征く、イチゴのホールケーキだね。過去にはティラミスやらチョコレートケーキやらポケモンケーキやら色々用意したけど、あえて奇をてらわないのが「通」ってもんだよ。あえてね(インテル長友婚約済み)

そういえば今年も最悪の店として名高い『オーガニックサイバーストア』はクリスマスケーキを売り出していたようだ。一昨年のクリスマスの記事を見てもらえば分かるけど、この店のケーキは味も見た目もどうしようもなくクソだから絶対利用してはいけない。ちなみに僕はここのケーキを「汚物」と呼んでる。

レビューの高評価なんて全部サクラ。そもそも毎年「新商品」として売り出す(前年の商品は削除する)から実際に食べた人の評価を参考にできないし、そういうシステムの裏をかいた悪質な事をしている時点でこの店がブラックなのは一目瞭然だ。店舗名でぐぐればクリスマスに限らずこの店が悪事を働いているのは良く分かるよ。

とにかくオーガニックサイバーストアの商品は絶対に買ってはいけない。汚物を送り付けられてせっかくのクリスマスを台無しにしてくれた恨みは一生忘れないのでこの訴えは毎年していくつもりだ。

それはともかく、クリスマスといえばもう一つ、プレゼントも忘れちゃいけない。もちろん用意したさ。

今年は靴を贈ってみた。最近彼女が寒色系の物を集めてるって事前の特命リサーチ200Xで知ってたから、紺色を選んでみた。服にしようかなとも思ったんだけど、寒色系でイイ感じのがあんまりなかったので靴にした。シャレオツは足元からって言うしね。

彼女は僕のプレゼントをすっげー喜んでくれた。お世辞でも何でもないのは「目」を見ればはっきりわかんだね。嬉しくもないのに嬉しいって言うほど僕たちは水くさい仲じゃないし。彼女が嬉しい、ありがとうと言ってくれたなら、それはそのままの意味なんだよ。逆にあんまり喜ばれなかった事も過去にはあるしね(笑)。


今年も最高、いや、最強に幸せな一夜だったなぁ……「一夜限り」なのがもったいないぐらいだ。毎日がクリスマスだったらいいのに。

クリスマスデート


クリスマス当日の今日は彼女とデートをした。クリスマスはどちらかというと当日より前日が重要視されがちだけど、せっかく一年に一度しかないビッグイベントなのだから、時間の許す限り楽しまなきゃ損でしょ。ちなみに今日デートしようって誘ってくれたのは彼女。もちろん僕からも誘うつもりだったけど、その前に誘われて、嬉しかったねぇ!


しかも行き先はプールだ! 屋内の温水プールだからちょっとした温泉気分だね。彼女は泳げないし、泳ぐつもりも一切ないからなおさら温泉感が強い。泳がなくてもプールは色々楽しめるしね。プールサイドで焼きそばとか食べたり。クリスマスにプールってのもなかなかオツなもんだよ。


ひとっ風呂ならぬひとプール浴びた後はゲーセンとかカラオケに寄ってみた。カラオケではもちろん、クリスマスソングを熱唱したよ。山下達郎と稲垣潤一だけは絶対に外せないよね。「きっと君はこない」前者はともかく、後者も実は倦怠期を迎えたカップルの歌なんだけど(笑)。


僕たちの辞書に倦怠期という文字はない。今日だって最後は彼女の部屋でイチャラブしまくりだったし! 僕にとっては彼女こそが何よりのプレゼントだったね。どうせなら体に巻くためのリボンを用意しておけばよかったー!下手こいたー!(KJMYSO)

クリスマスはもうすぐ終わってしまうけど、今年の楽しみはまだまだ終わらない。大晦日も一緒に過ごす約束をしたしね。来週末も今日と同じぐらい、いや、今日より幸せな時間を過ごすだろうね。間違いない!(NGIHDKZ)

雑談コーナー【テーマ:2016総決算】


来週の日曜日は元日だから、今年の雑談コーナーは今日が最後という事に気付いた。ちょっと早い気もするけど、2016年の総括でもしておこうか。

今年も色んな事があったねぇ。嬉しい事、楽しい事、つらい事、腹立たしい事、色々あった。その中でも特に「事件」と呼べるのは、やっぱりパソコンがぶっ壊れた事かナー。厳密にはぶっ壊れかけた、か。当時書いたと思うけど、OSすら起動しなくなるところまで行ったからね。

幸い何とか修復して買い替えずに済んだけど、あの時はほんと焦った。まさしく「もう終わりだぁ!(レ)」って感じだったし。パソコンごときで、って思われるかもしれないけど、僕にとってパソコンは文字通りライフラインで死活問題なのでね。もしあの時完全に壊れてしまっていたら、今頃はこんな呑気して一年を振り返ってなどいられなかったかもしれない。

今年の漢字は(不本意だけど)「金」という事で、お金に関する話をすると、iPhoneから格安スマホに乗り換えたおかげで月々の支払いが随分軽くなったのが一番大きな出来事だろうか。ここで書いたかどうか覚えてないけど、キャリアはauから楽天モバイルに変更したよ。楽天で買い物する機会は割とあるし、何より安かったからね。

通信の品質とか速度とかは別にどうでもいい。それより大して使いもしない、しかも壊れかけたiPhone5のためにauで月々6000円も7000円も払うのはバカバカし過ぎる。中途解約だから違約金取られたけど後悔はしていない。iPhoneだって僕には必要のないものだとAndroidに乗り換えて思ったよ。そりゃAndroidよりiPhoneの方が比べ物にならないぐらい使いやすいけど、値段分の差があるかと言われれば「NO」だ。多分もう二度とiPhoneを使う事はないだろうな。

スマホといえば、いくつかゲームに手を出して無駄金を使ってしまったのが悔やまれる。その時は楽しかったから別にいいっちゃいいんだけど、結局現在進行形でプレイし続けてるゲームなんて一つもないしね。一番長く続いてたジョジョのやつも時間(と金)を浪費してストレスを溜める行為に空しさを覚えて飽きた。一時的にでもハマった僕が言うのも何だけど、あんなくだらないゲームずっとやってるやつはどうかしてる。

そういえばAmazonプライムに加入したのも今年だっけか。つい一週間ほど前に知ったんだけど、プライムビデオでいつの間にか『CSI』の最終(15)シーズンの配信が始まってたよ。てっきり最後だけは有料にするのかと思ってたから、嬉しい誤算だったわ^~。さすがAmazon、そこいらのセコい企業とはワケが違うね。Amazonの台頭で体力のない国内企業が困ってるようだけど、弱肉強食が世の常、客の寄り付かない企業なんかさっさと潰れればいい。

他にも今年は色々あった。ここでもあれこれと好き放題言わせてもらったけど、暴言を吐く頻度はそれほど高くなかったと思う。といっても別に自重してたわけじゃなくて、ここに書くほどムカつく事がなかったというだけ。そういう意味では平和な一年だったのかもしれない。そして来年も何事もなく過ごせるといいなと思うよ。来年の抱負をあえて述べるとするなら、「無事」の一言に尽きるね。

そんなわけで今年の雑談コーナーもこれでおしまい。やっぱりかなり早い気がするけど、ともあれ皆様、よいお年を。

パズル進捗状況


宵越しのパズルは持たない主義とか言った気がするけど、このペースだと微妙に年内に間に合わないっぽい。いや、その気になれば今日にだって完成させられるんだけどね。作ろうと思えば(王者の風格)

お礼

よつばとフィギュア』様、『ふぃぎゅる!』様、
figma No.313 遊☆戯☆王DM ブラック・マジシャン・ガール(特典付き) レビュー
アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん -艦これ- 比叡改二 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ