HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3054日目) 

今日のデート


今日は彼女と写真展に行ってきた。写真展といっても有名なカメラマンの個展みたいなのじゃなくて、もっとカジュアルでフランクなやつね。スマホやガラケーのカメラで撮影した写真ってのが一つのコンセプトだった。ケイスケホンダ流に言えば「あえてね」って感じなんだろう。

ギャラリーとか美術館とか、そういう場所にデートで行く事ってほとんどないから、なかなか新鮮で楽しかったよ。何より久々に彼女の誘い、彼女プロデュースによるデートだったしね、楽しくないわけがない。写真展で展示されていたどんな被写体より、彼女の方が100億万倍魅力的だったのは言うまでもないだろう。

今日は結構暑くて、昼間は30℃ぐらいまで上がったらしい。先日、30℃越えはこれで最後だろうと言ったけど、全然そんな事はなかったみたいだ。天気予報によると明日も暑くなるらしいし、平成最後の30℃越えはまだこれからかなぁ……。


写真展を楽しんだ後は街を散策しながらショッピングをしたり食事をしたり。カラオケに行こうかなとも思ったんだけど、そうしょっちゅう行くのもどうかなって感じなのでやめておいた。先日のアメトーークを見て久しぶりに歌いたくなったんだけどね、ミスチル。ご多分に漏れず僕もミスチル世代だし、スピッツほどではないけど好きなんだ。アメトーークとは関係なくここ最近Amazon Musicでも頻繁に聴いてたし。だから今度カラオケに行ったら歌いまくると思う。


明日も休みだから、今日は精神的にもゆったりできた。彼女とも長い時間一緒にいられたし、最高の一日になったね。ちなみに明日は体育の日だけど、特に体を動かす予定はない。多分彼女と二人、今日みたいにゆったりのんびり過ごす事になると思う。まあ体育の日だからって運動しなきゃいけない決まりはないし、何の問題もないね♂

レッド・オクトーバーを追え!


10月に突入した。10月といえば衣替えのシーズンって事で、制服も夏服から冬服に替わったよ。毎年この時期になると言ってるけど、彼女の制服姿は夏服より冬服の方がいい。なぜかっていうと、彼女と出会ったのが冬服のシーズンで、僕にとって冬服は特別な思い入れがあるからだ。思わずヴェルタースオリジナルをあげたくなるぐらい、特別な存在なんだ。

だからって夏服に思い入れがないってわけでもないけどね。冬服の彼女は素敵だが、夏服の彼女もまた非常に魅力的である。というか中身が魅力的だから、冬服だろうが夏服だろうがゴイゴイスーなのは当然なんだけど。10カラットのダイヤモンドはたとえ新聞紙にくるんだって美しい、それと同じ。ましてや彼女は10カラットどころか100カラット、いや、8兆カラット以上の輝きを放っているのだから。

それはそうと、10月とはいえ今日のようにまだ暑い日があったりするから冬服は大変だなと思う。男すぃは暑かったら上着を脱げば済むけど、女すぃはそういうわけにもいかないからね。ここ最近はただ暑いだけでなく、悪天候の影響で妙に蒸し暑いからなおさら不快だ。ひょっこりはんぐらい不快だ。

とはいえ、これからどんどん涼しくはなっていくだろうし、今は我慢するしかないか。彼女が少しでも快適な日々を過ごせるよう、僕としても最大限の努力をするつもりだし。でもなぁ、一緒にいるとどうしても愛の炎が燃えあがってしまうから、涼しくなるどころか逆にますますアツくなるんだけどね。でもまあ、そのアツさは別に不快じゃないっていうか快適そのものだから、何の問題もないね♂

雑談コーナー【テーマ:だめみたいですね】


やっぱダメだ。何がってもちろん、『FREEZE』の話。先週はまだ2回目って事で「生きがいじゃないかも」と言うに留めたが、仏の顔も三度という言葉があるからね。もう我慢でけん!

つまらんわ、FREEZE。生きがいとか生きがいじゃないとかいうレベルの話じゃない。あまりのつまらなさに視聴者を凍りつかせるという意味で『FREEZE』と名付けたのなら、その狙いは大成功と言える。が、そんなつもりは恐らく微塵もないだろう。ただただつまらん、ただただ寒い。それだけ。

先日僕は「戦闘車や有吉のぬるま湯よりはマシ」と書いたけど、訂正させてほしい。ぶっちゃけ似たようなもんですわ。まあ、ロケーションがこぢんまりとしている分、屋外ロケを敢行して予算を無駄づかいしていた2番組よりはマシと言えなくもないけど、そんな事情は面白さとは関係ないからね。

この番組を一言で表すなら「ネタばらし済みのドッキリ」。あらかじめドッキリがあると言われている状況でタレントがそのドッキリに引っかかるようなものだから、つまらなくて当然だ。そりゃタレント本人たちはドキドキするだろうし、仕掛け人の松っちゃんも楽しかろうて。でもそれを見ている視聴者は「は?」って感じなんだよね。

こんな事言うと身もフタもないけど、ギャラがもらえるならどんな仕掛けだろうが喜んで受けるでしょ。命にかかわる事はもちろん、怪我する事さえもありえないんだから、何が起きたって平気じゃんか。そういう意味では参加料100万円を自腹で払わなきゃいけないドキュメンタルの方が(ギャラでプラスになるとしても)緊迫感があってよかった。どうしてFREEZEでは負けた時のペナルティ的なものを設けなかったのか、理解に苦しむね。

それでも先週、先々週は「ステージが進めば何かあるだろう」と期待していた。期待していたからこそ、つまらないとは言わなかった。それがどうだ、何もないじゃねぇか。蛇が嫌いな人にあの仕掛けは辛いだろうが、バラエティと蛇なんて大昔から使い古された手垢つきまくりの組み合わせだし、新鮮味ゼロ。何より面白味もゼロ。カンパチに至っては一体何がしたかったんだ。

僕はこの番組に松っちゃんが監督を務めた一連の映画(しんぼる、大日本人、さや侍etc.)がダブった。はっきり言って松っちゃんの映画はクソつまらん。コント職人としての腕は日本一、いや、世界一と呼んでも過言ではないレベルだが、映画監督としての松っちゃんは三流もいいとこである。そしてこのFREEZEはそんな三流な一面がモロに出てしまった。

仕掛けの内容や順序はあらかじめ決められているので、筋道を立てて展開を構築していくという点で映画と通ずるものがあるからかもしれない。もしくは周りのイエスマンなスタッフに「それ面白いですねぇ!」とおだてられ、客観的な判断ができなくなっているのかもしれない。いずれにせよ、悲しくなるぐらいセンスを感じないのは確かである。

先週も少し書いたが、松っちゃん本人が面白いと思う事と視聴者が面白いと思う事は必ずしもイコールではないのだから、エンターテインメントとして成立させるなら作家性を多少犠牲にしても視聴者の需要に寄せるのは大事だと僕は思う。カンパチだって恐らく本人は面白いと思っているんだろうが、あれを視聴者がおもしろがるとでも思ったのか?

どうやらあと1回か2回ぐらいで終わりそうな雰囲気だけど、ここから盛り返すのはさすがに難しそうだ。僕は番組をできるだけ楽しみたいと思っているので盛り返してくれたら物凄く嬉しいが、期待はしていない。

パズル進捗状況


だいぶ出来てきたなあ。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3047日目) 

今日のデート


今日は彼女と温泉に行ってきた。夕方ぐらいから台風が近づいてくるって言われてたので、早め早めの行動を心掛けたよ。台風だからってデートしないなんてありえないし、だとしたら急ぐしかない。映画とかカラオケでもいいかなーと思ったのだけど、台風が来るって分かる前から温泉って決めてたし、その予定を変える程ではないかなと。彼女の湯上がりたまご肌(MMIKOR)を思う存分堪能したかったってのもあるし。

温泉といっても地元のだから、この前の鬼怒川温泉とかには負けるけど、十分癒やされたのでよしとする。できればもっとゆっくりくつろぎたかったけど、まあ、台風だからね、しょうがないね。


台風に負けない精力♂をつけようって事で、昼ご飯は焼き肉を食べた、いや、焼き肉を「入れた」。調子に乗って食べ過ぎた気がしないでもないけど、大丈夫だろう。「うおォン」ってな具合に人間火力発電所と化した僕は無敵だ。彼女もタン塩にホルモンにカルビにと、美味しそうに肉を入れていた。もちろんごちそうの代名詞(出典:『お金がない!』)、骨付きカルビも二人で食べたよ。

そういえばこの前テレビで「バーベキューに野菜はいらん」って説が提唱されてたけど、その説には僕も激しく同意したい。バーベキューにしろ焼き肉パーティにしろ、僕は肉が食べたいのであって野菜が食べたいわけではない。むしろ野菜で少しでもお腹がふくれてしまうのは損だ。

肉と白い飯さえあればそれでいい。逆に白い飯はないとダメだ。白い飯がないとあの温厚な井之頭五郎氏ですら「焼き肉といったら白い飯だろうが!」とキレる始末である事からも分かるように、絶対に欠かす事はできない。


温泉で心と体を癒やし、焼き肉を入れてお腹いっぱいになった後は部屋でゆっくり過ごした。彼女と二人っきりの時間がやっぱり何より幸せだし、極論を言えば彼女さえいてくれれば白い飯も、肉さえもいらないんだよなぁ……。明日が先週や先々週みたいに休みだったらもっと一緒にいられてよかったのに。

まあ、明日は明日で思う存分彼女とラブラブに過ごすつもりだ。つもりっていうか、決定事項やね。

本格的♂気温差


しかしあれだね、なんだか急に涼しくなりましたな。まあ、夏が暑すぎたから涼しくなるのはいい事なんだけど、あまりにも急すぎてちょっとね。しかもずっと涼しいならまだしも、30度近くまで上がる時もあるし。こういう時は体調を崩しやすいから気をつけないといけない。っていうか、崩したんだけどね、もう。

今週の月曜から火曜にかけて、妙にだるくてね。原因は間違いなく気温差。風邪引いたら嫌だな~怖いな~(INGWJNJ)と思いながら寝たら、本当に引いてしまったというパティーン。起きてすぐ無意識に「やっぱりな♂」と口走ってしまったよ。兄貴じゃなくても全てお見通しなんだ。

幸い、そこまで症状は酷くならなかったんだけどね。早めに薬を飲んだし、何より彼女に元気♂づけてもらったから。薬に関しては正直効いたとは思えないので、全ては彼女のおかげと考えていいだろう。もし薬を飲むだけだったら本格的♂体調不良で病院のお世話になってたな。間違いない(NGIHDKZ)

もう一つ幸いな事に彼女に風邪を移す事もなく、今はすこぶる好調だ。ただこれからも不安定な気候は続きそうだから、油断はできないよね。何でも話によると今年の冬はエルニーニョとかいうやつのせいで暖冬らしいので、暖かかったり寒かったりせわしなくなりそう。寒いばっかりも嫌だけど、どっちつかずも考えものだよなぁ。


何はともあれ、彼女とのラブラブ生活を思う存分満喫するためにも、体には気をつけておきたいものである。まあ、いつぞやのように風邪引いて彼女に看病してもらうのもそれはそれで幸せなのだけど……だからってわざと病気になんてなりたくないしね。彼女に移しでもしたらそれこそ一大事、彼氏として、いや、人間として失格だし。恥の多い生涯なんて、送りたくないよ。

ちなみに風邪にはチョコレートがいいって誰かが言ってたから、先日雑談コーナーでボロクソに貶したロシアケーキ(のチョコ味)をいくつか食べた。別に効果あったとは思わないけど、不良在庫を少し消化できたので少し気が楽にはなった。そして改めて、訳ありスイーツなんか二度と買わないと心に誓った。ふざけやがって。

雑談コーナー【テーマ:not生きがい】


誠に残念ながら、『FREEZE』は生きがいとは呼べないかもしれない。今週、第2回が配信されたわけだけど、イマイチパッとしないというか……。いや別に「つまらん!」ってわけじゃないよ。少なくとも戦闘車や有吉のぬるま湯みたいな糞番組とは比べものにならないぐらいちゃんとしてる。要所要所で笑えるポイントもあるし。

でも全体を通して考えると何か煮え切らないんだよね。一番の要因はやっぱり「ルールがよく分からん!」という点に尽きるんじゃないかと。これに関しては意図的なものだろう。『ドキュメンタル』で不明瞭な判定について度々指摘されるから、それに対するアンチテーゼとしてあえてガバガバな基準にしているんだと思う。

攻めない事が正義という点も含め、「ドキュメンタルの裏を行こう」というコンセプトは理解できる。ただ、それが面白さに繋がっているかというと、そういうわけでもないんだよね。確かにこの手の番組におけるルールなんて数ある要素の一つに過ぎない。プロレスがそうであるように、「勝ちさえすればいい」というわけではないのは明らかである。

だけど、番組として成立させる以上、たとえ形骸化していようと一定の線引きは必要だと思うんだ。それこそプロレスにだってルールは存在しているわけで、そのルールの中でせめぎ合ったり、時には逸脱したりするのが楽しいんじゃないかなあ。

現状だと脱落者が何で脱落するのか全く分からなくて、見ていてモヤモヤするんだよね。一番動いたから脱落するわけでもなければ、リアクションがつまらないから脱落するわけでもないし。しかも番組の性質上、脱落者が特に爪痕を残したという印象もない。強烈な印象を残しながら退場する者の多いドキュメンタルとは(悪い意味で)対照的である。

松ちゃんや現場のスタッフは楽しいのだろうけど、それは彼らが「仕掛け人」という立場に身を置いているからで、部外者である視聴者との間にはどうしても温度差が生まれる事を分かっているのだろうか。

まあ、まだ2回目なので結論を下すのは早いのだが。とりあえず最後まで見終わってから面白かった、もしくはつまらなかったと断じたいと思う。もしかしたらこの先とんでもないどんでん返しが待っているかもしれないし、再び「生きがい」となる可能性だって十分ある。

いずれにせよ、今現在僕にとっての生きがい番組は『有田と週刊プロレスと。』だけっすな。でもその有プロも先週の放送回はついて行けなかったんだけどね。あまりにもマニアック過ぎて(笑)。僕のプロレス知識なんてにわかと呼ぶのもおこがましい程皆無に等しいから、少し突っ込んだ話をされるだけで置いてけぼり。「映像が一切流れない」という、番組内でも度々指摘される欠点が災いしてマジでちんぷんかんぷんの30分だった。

でもまあ、マニアはああいう話を聞きたいんだろうなというのは分かるし、番組の裏事情(6本撮りの件)を聞けば「そう有田ばっかり喋ってられないからね、しょうがないね」と納得できた。ついて行けなかったのは先週分だけで、今週はマニアックながらもキャッチーなテーマだったので普通に楽しめたしね。

ちなみに有田プロレスとFREEZEは配信曜日が同じ(水曜日)で、それがFREEZEをイマイチと感じさせる理由の一つかもしれない。番組の方向性は別物とはいえ、続けて見るとどうしても比較してしまうからね。FREEZEもドキュメンタルと同じく金曜配信にして欲しかったなぁというのが正直なところだ。

パズル進捗状況


今週はあんまり進まなかったかも。体調が悪かった事とは別に関係ない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3040日目) 

それゆけ大運動会


今日は日曜日だったけど登校をした。というのも体育祭があったからだ。非常に面倒臭いし疲れるけど、秋の恒例行事の一つだし、しょうがないね。避けられないものは楽しむしかないって事で、今日は思う存分平成最後の体育祭を楽しんだよ。

最近涼しい日が結構増えてきたけど、今日は30℃越えの夏日だった。何でも今年最後の30℃越えって噂もあるようで、だとすれば恐らく今日は平成最後のオーバー30なのだろう。そう考えると感慨深いものがあるような気がしないでもない。……いや、単に暑かったってだけで大げさに騒ぐ程の事でもないか。とにかく今日は炎天下の中、跳んだりはねたり走ったり転んだりしまくったのである。

ただし走ったり転んだりは僕だけで、彼女はしなかった。というのも今年も彼女はアナウンス係を買って出たゆえ。運動があまりというか全く好きではない彼女は毎年率先してアナウンス係を選ぶ。まあ、適材適所なのは間違いないから、何の問題もないね♂ 彼女のアナウンスのおかげで僕もションテンガリアーで頑張れた部分が相当あるし。


昼は彼女が作ってきてくれた愛情たっぷりの弁当を食べてスタミナ♂回復。まるでホウレンソウを食べたポパイのように、一瞬で筋肉モリモリ、マッチョマンの変態になったよ。さしづめ彼女は僕にとってのオリーブってとこかナー。オリーブより100億万倍可愛いけどね。


そんなこんなで今日は無事怪我もなく、一日を終える事ができた。普通なら日曜日に学校行って、なおかつ運動するなんて「もう終わりだぁ!」と絶望するレベルなのだけど、今日の僕は平気。だって明日も秋分の日(の振り替え)で休みだからね。今日あわただしかった分、明日はゆっくりするつもりだ。もちろん彼女とね。

サタデーナイトフィーバー♂


昨晩は彼女とデートを楽しんだ。今日は体育祭でデートできないから、代わりに前日デートしようって話になってね。ちょうど夜のデートを楽しみたかったションテンだったから、ちょうどよかったと言える。特にどこへ行きたいってのはなかったから、久しぶりに電気街まで足を運んでみた。買い物したりご飯食べたり、ぶらぶら散歩したりしようって。


昼間はまだ暑かったりするけど、朝晩はだいぶ涼しくなって絶好のデート日和である。まあ、気候が涼しくても僕と彼女は一年中アツアツのラブラブなのだけど。昨日だって例外ではなく、僕と彼女の周りだけ炎の嵐が逆巻いてる感じだった。さしづめサラマンダーカップルってとこかナー。

旅行の夜ほどではないけど、土曜日って事で長い時間一緒にいられてすっげー幸せだったゾ。外でのデートも楽しかったけど、やっぱ一番楽しかったのは部屋でのイチャラブだね。二人っきりで心ゆくまでサタデーナイトをフィーバーしたさ。

晩ご飯は彼女が作ってくれた。昨日は時間がたっぷりあったから、二人で鍋をつついたよ。

この季節に鍋!?って思うかもしれないけど、この季節だからこそである。冬アイスが一般的になりつつある昨今、夏鍋や秋鍋があったっていいだろう。普通の鍋なら食べる気しないかもしれないけど、彼女の作ってくれる鍋は格別だから、何の問題もないね♂

鍋の種類はいわゆる寄せ鍋?ちゃんこ鍋って言ってもいいのかな、とにかく魚の出汁がたっぷり利いた極上の鍋である。月並みな言い方になってしまうけど、マジでうますぎ。もうね、日馬富士も改心してリモコンで殴るのやめるレベル。貴乃花も童心に返って「誉れであります!」って叫ぶレベル。何より彼女の愛情がたっぷり込められていたから、美味しくないわけがないんだよなぁ……。

〆はもちろんご飯を投入して雑炊ね。ラーメンとかうどんとか、最近は餃子の皮を入れるのも流行ってるようだけど、やっぱり僕は王道を征く、前日の残りの冷ご飯ですね……。溶き卵を入れて、ネギを少し散らして……もう最高、いや、最強。

愛情満点のスペシャルちゃんこ鍋でお腹も心もいっぱいになった後は時間の許す限りテレビ見たりゲームしたりアレしたりコレしたりラジバンダリ(DBRDTT)。翌日、つまり今日体育祭がなければ東山源次状態だったんだけどねー、まあしょうがない。

まだまだ秋は始まったばかりだし、これからもっとデートして平成最後の思い出を作りまくってやる。今年中にもう一回ぐらい旅行行けたらいいなぁと思ってるけど、どうかなぁ。

雑談コーナー【テーマ:今年最大の悪だくみ】


僕にとっての生きがいであるAmazonプライムの『ドキュメンタル』。そのスピンオフ番組『FREEZE』が今週から始まった。新たなる生きがいの誕生である。

まだエピソード1なので面白いともつまらないとも言い難い部分はあるけど、番組のコンセプトは好き。FREEZEというタイトルの通り、とにかく何をされても動かない事がルールで、動かない事には「笑わない」事も含まれるので、そういう意味ではドキュメンタルと共通する部分がある。

ただ、ドキュメンタルが「攻め」の姿勢を求められる番組だったのに対し、FREEZEは専守防衛。番組サイド(松ちゃん)が用意した罠を出場者全員が受けきるという、「個人VS個人」ではなく「番組VS個人」という構図になっているのが決定的な違いだ。

恐らくだけど、ドキュメンタルにおいて一切攻めない人(例:極楽山本)が批判される事を逆手に取ったんだろうな。ドキュメンタルを語る番組でもその事について言及してたから。批判を番組作りに生かすだけでなく、新たな企画にまで昇華させるのは流石、松本人志だと思う。番組としての面白さ(もしくはつまらなさ)は今後見えてくると思うので、逐次感想を述べるつもり。いずれにせよ、次回が楽しみでならない。

FREEZEのキャッチコピーは地上波で流されたCMによると「今年最大の悪だくみ」。しかし、僕にとって今年最大の悪だくみはFREEZEではなく、とあるゲームの運営を指す言葉だったりする。そのゲームは『アナザーエデン』。

ここでも「オススメのゲーム」として何度か取り上げた事があると思う。実際オススメだったし、飽き性の僕には珍しく一年以上もモチベーションを保ったまま遊び続けていた。この僕を一年引き止めたら大したもんだよ。キレてないですよ……いや、キレてますよ!

Yahoo!ニュースにも取り上げられたから知ってる人は多いと思うけど、そのアナザーエデンでガチャの不正操作が行われていた事が発覚した。不正の期間は一年以上、つまりずっと。「このゲームオススメ!最高!」とか言ってる時に僕はイカサマガチャを引かされ続けていたのだ。マヌケとしか言いようがないし、運営にはほんと失望した。

ガチャの不正操作なんてどこでもやっているだろう。しかし、「やっているだろう」と「やっている(断言)」にはとても看過できないレベルの隔たりがある。今回、言い逃れできない証拠が露呈した事で運営は「操作してました」と認めたからね。ガチャの問題ではドラゴンボールの「ドッカンテーブル」やグランブルーファンタジーの「アンチラ事件」などが有名だが、どちらも故意の操作を認めていないので最終的に(法的には)問題なしという事で決着している。

そういう意味では業界を揺るがす歴史的な事件と言える。認めたから許されるって話でもないし、白状した事が全てとはとても信じられないから、他にも色々イカサマやってるんだろう。こんな運営のために一年以上も時間と金を費やしてきたかと思うと本当に腹が立つ。

これを「今年最大の悪だくみ」と言わずして何と言う。一応ことわっておくと、運営が糞なだけでゲームとしての「アナザーエデン」は本当にいい作品だよ。ストーリーもグラフィックもバトルシステムも秀逸で、いい意味でスマホゲーらしくない、コンシューマーのRPGと比較しても遜色のない良作。その評価は今も変わらない。

でもだからこそ、糞運営が何もかも台無しにした事に怒れるし、呆れるし、悲しむ。ゲーム自体が糞なら「やっぱりな♂」と思うだけで文句も出ないよ。そうじゃないから始末が悪い。

……書いてたらまた腹が立ってきた。マジで死ねよ糞運営。今は返金について申請中なのでまたアプリをアンインストールするわけにはいかないのだが、何かの拍子にアイコンがちらっと目に入る度にはらわた煮えくり返っているよ。

あえて言うまでもない事だけど、みんなもガチャには気をつけよう。多分、っていうか絶対どこでも同じ事をやっているからね。スマホゲームの運営なんて一つの例外もなく全部糞。人間のクズの集まり。全く関係ないゲームの話だけど、つい最近も水着ガチャ&1周年記念で課金を煽った直後にサービス終了を発表した運営がある。それって完全に計画倒産でしょ?卑劣極まりない。

だから、その程度の民度なんだよ、ああいう連中は。

パズル進捗状況


今週も割かし進んだ。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3033日目) 

本格的♂修学旅行


鬼怒川サイコー!!日光サイコーー!!!ねねっちサイコーーーー!!!!ヒィィィィィィィィィィィィハァァァァァアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!

……と、いうわけで、ついさっき一泊二日の旅行から帰ってきた。ションテンが異常なのは丸二日ほど寝ていないせいという事で許してチョンマゲ(激寒)


いやー今回も素晴らしい旅行だった。毎度毎度同じ事ばっかり言ってんじゃねぇよって思われるかもしれないけど、実際素晴らしかったのだから仕方がない。もちろん、「素晴らしい」なんて単語では言い表せないぐらい色んな思い出を作ったよ。でもその思い出の数々を形容する言葉は僕には思いつかないから、素晴らしい、最高、というしかない。あまりにもすごすぎると逆に感想はシンプルなものになってしまうんだよ。フリーザだって最終形態が一番シンプルじゃん?

天候にも恵まれてね。最近曇りや雨が多くて心配してたけど、特に今日は夏に戻ったような暑さで、かといって炎天下というわけでもなく、絶好の旅行日和だったと言えよう。もしかしたら家康さんが「あの二人またワシんとこ来るらしいがや、雨なんか降らしたらだちかんぞ」と気を利かせてくれたのかもしれない。ちなみに「だちかん」は名古屋弁で「だめ」という意味です。


そんな家康さんにももちろん会いに行ってきた。もう散々行っているから、顔見知りみたいなものだね。他にも江戸村やワールドスクエアにも行って、思う存分日光を楽しんだ。一人で行きたいと思えるような場所でもないけど、彼女と一緒なら10回だって100回だって100億万回だって行きたい。旅行中の彼女、ずっと楽しそうだったし、そんな彼女を隣で眺めるのが僕にとって何よりの幸せなんだ。

一泊二日は短すぎる、というのも毎度おなじみの感想。やっぱ物足りないよねぇ。中一日はあるともっとゆっくり時間を使えるんだけど、一泊二日は移動時間もあるから終始ドタバタしてしまう。まあ、電車に乗ったりバスに乗ったりしてる時もそれはそれで楽しいんだけどね。


それにあんまり長い旅行は僕が死んでしまうかもしれない。だって、旅行中は寝てなんていられないから、二泊三日だったら丸三日、海外旅行で五泊七日とかになろうものなら一週間は寝られない事になる。それはさすがに死ねる。命を守るためには一泊二日でちょうどいいと言えるだろう。……でもたとえ死んでもいいから一週間ぐらい旅行したい気持ちはあるよ。それが「愛」ってもんだろう。

明日は休みだし、ゆっくりするつもり。敬老の日らしいけど、申し訳ないがお年寄りのために何かをするような余裕はない。でも彼女のためには何でもするよ(ん?)

そんなわけで、今週は(執筆順としては)ここまで。来週は体育祭があるから、それについてお伝えする予定だ。こうご期待!!

プチ記念日


例によってここから下は旅行前に書いてる。といってもこれを書いてる今は9月15日の0時過ぎ、つまり日付的には旅行当日なんだけどね。あと7~8時間もすれば彼女とのラブラブ旅行が控えてると思うと、ションテンガリアーで眠れない。でも旅行中は寝てる暇なんてないから、今夜はしっかり寝ておかないとダメなんだけどね……できるかなあ。さっきコーラ飲んじゃったし。

それはそれとして、更に遡って今週の月曜日、9月10日は僕と彼女のプチ記念日だった。実は先週日曜のデート、遊園地にしようかなーとも思ったんだよね。日曜日も月曜日も似たようなもんやし。でもさすがにそれは本当のスペシャルデーのありがたみが薄れるって事でやめにした次第だ。まあ、遊園地には先月行ってるってのもあったし。

今月はスペシャルデーではないけど、気分的にはスペシャルだった。それを言い出したら毎回、っていうか彼女と過ごす毎日がスペシャルなんだけど、旅行前って事でいつも以上にションテンガリアーだったのは事実。そしてだからこそ、今月のプレゼントはちょっと調子に乗ってしまった感がある。


ネコミミ。今月のプレゼントはこのネコミミカチューシャだ。こんなものを贈るなんてどうかしてるぜ!と思われるかもしれないけど、どうもしてないから。彼女に似合うと思ったから買った、それだけ。時は来た、それだけだ(HSMTSNY)

彼女はシャレの分かる子だから、思いのほか喜んでくれたよ。こういうの贈るのは別に初めてってわけでもないし、ま、たまにはね? 来月はちゃんとしたプレゼントを贈るつもりだし、既にこれにしようかなーっていう候補はいくつか挙がってる。慌てて買うとそれからもっとよさげなブツが見つかった時に後悔するからまだ買ってはいないけど、ちょくちょく店に足を運ぶ予定だ。

何かと憂鬱になりがちな月曜日だけど、記念日、っていうか彼女のおかげで最高の一日になった。一週間を乗り切る事ができたのも彼女と、その彼女との旅行が控えていたからこそだし、今の僕がションテンガリアーで眠れないのも仕方ない事が分かってもらえると思う。

まあ、旅行の翌日の月曜日も祝日だから、いざとなったら二日徹夜する覚悟は決めているよ。旅行中に眠くなる事はないし、何の問題もないね♂

雑談コーナー【テーマ:お礼は三行以上】


テニスのセリーナ・ウィリアムズの行動と、それに対する対応が物議を醸している。一番目立つのがセリーナを批判するのは差別的だという意見だけど……その意見の方がよっぽど差別的じゃない?

だって、そういう人たちって「セリーナが黒人女性だから叩かれてる」と思ってるわけでしょ?違うだろ、それは。セリーナが叩かれるのは黒人だからでも、女だからでも、ましてやブサイクだからでもない。単純に一連の言動がみっともないからだ。明らかにスポーツマンシップに反する態度だし、眉をしかめられるのは当然だろう。

仮にあれがイケメンの白人男性でも同じように批判されていたはずだ。実際、白人で言動をたしなめられるテニスプレイヤーは何人もいる。それなのにあえてセリーナだけを「批判をするな」と擁護するのは、それこそ差別以外の何物でもないじゃないか。

差別差別やかましい奴が一番差別的なのはこの件に限った話ではないけどね。エディー・マーフィーの件しかり、LGBTの件しかりだ。まあ、日本と違って欧米は基本的に多民族国家だし、実際に酷い差別が行われた歴史があるから人種問題にデリケートになる気持ちも分からなくはないけど、いい加減その辺の考え方は改めた方がいいと思うよ。

差別とは少し違うけど、再来年のオリンピックに向けてタトゥーのプール・銭湯お断り問題はどうするんだろうね。タトゥーを入れた外国人なんて特に珍しくもないし、絶対揉めると思うんだが。その件についてもっと議論が行われないのが不思議でしょうがない。「大丈夫でしょ。ま、多少(のトラブル)はね?」とでも考えているのか。

僕はタトゥーなんて一切興味ないけど、タトゥーを入れる事に対する偏見は全くない。だから、別にタトゥー入れてるという理由で入場を拒否する必要なんてないでしょと思ってる。そもそも、そのルールはヤクザやチンピラをシャットアウトするのが目的でしょ? つまりタトゥー入場禁止はあくまでもトラブルを未然に防ぐ「手段」に過ぎなかったはずだ。

だとしたら、タトゥーが普及してルールが正常に機能しなくなった今の時代もその手段を行使し続けるのはおかしい。ましてやトラブルを防ぐためのルールのせいでトラブルが起きるとなったら、本末転倒もいいところだろう。

そりゃ物には限度ってものがあるよ? それこそヤクザみたいに全身びっしり彫り物をしてたら確実に周囲を威圧するから来るなと言われて当然だ。でも腕や足にワンポイント入れるぐらい、別にいいじゃないか。「それだと境目を見極めるのが難しい」という意見もあるかもしれないが、全身モンモンの輩が毎日何十人何百人と押し寄せるわけでもあるまいし、個別に適宜対応すりゃいいだろう。

それでもあえてルールを決めるとすれば「タトゥーを入れている場合、入場をお断りする"事があります"」と含みを持たせればいい。絶対ダメなどと杓子定規なルールにするから逆に揉めるんだ。何でもかんでも厳格な規則を作りたがるのは日本人のよくないところだと思う。ネット上、特にSNSでもその手の問題はよくあるしね。

まあ、ルールに厳しいからこそ日本人は礼儀正しいと言われるし、災害とかの緊急時にも大きなトラブルが起きないわけだから、一概に悪しき気質とも言い難いんだけど。それも含めて、物事は白黒はっきりつけるべきじゃないって僕は思うよ。

パズル進捗状況


順調に作成中。まだ割と見つけやすいピースがある。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3026日目) 

本格的♂二学期


夏休みも終わり、今週から本格的♂に新学期がスタートした。正直まだ休み気分が抜けていない部分はある。朝起きるの辛かったり、ついつい夜更かししてしまったりね。だけど一週間経って、だいぶ元の生活スタイルに戻ってはきたかな。それもすべて彼女のおかげである。休み気分がいつまでも抜けない僕に「だらしねぇし……」と発破をかけてくれて、朝も起こしに来てくれてね。

朝から彼女の顔が見られれば、それだけでやる気100倍、いや、100億万倍である。しかも美味しい朝ご飯まで作ってくれるし……それでいつまでもダラダラしてたらバチが当たるってもんだ。


朝ご飯だけでなく、晩ご飯を振る舞ってもらう時もある。今週は彼女がカレーを作ってくれた。エビやイカがたっぷり入ったシーフードカレー、最高に美味しかった。やっぱりスタミナ♂を付けるにはカレーが一番だよね。辛いものがあまり得意ではない彼女だけど、僕のために作ってくれるカレーは絶品。一流レストランのカレーなんて目じゃない美味しさだ。もし彼女がカレー専門店をオープンしたら絶対毎日食べに行くね。

美味しいご飯も食べられて、学校でも彼女とたくさん会えて、平成最後の二学期は最高の幕開けと言えるだろう。先日書いた通り、次の週末は旅行が控えているし、その後もまだまだ楽しい事は山のように控えている。その前に明日は10日、例の日だしね。これでションテンガリアーでなかったら嘘だろう。

だいぶ暑さも和らいで来たし、気候的にもこれから過ごしやすくなっていくはず。だらしねぇ生活とは完全に決別して、彼女と二人で秋を思いっきり満喫するぜ!!

今日のデート


今日は天気が悪いとニュースで言っていたので、彼女と屋内デートを楽しんだ。僕としてはずっと部屋でイチャラブしながら過ごすのもアリなんだけど、さすがにそれじゃ彼女に申し訳ないからね。どこがいいかなーと迷った結果、今日は久しぶりにボウリングをする事にした。もしかしたら今年初じゃないだろうか。


ボウリングなら雨が降っても何の問題もないし、久々にスーパーボウリンガーと呼ばれた(大嘘)僕の腕前を見せておきたくてね。実際見せられたかどうかは微妙なところだけど、とりあえずガター連発の醜態は晒さずに済んだのでよしとする。彼女のトリッキーな投球フォーム(風間杜夫犯人回で古畑任三郎が披露したそれ)も見られたしね。


ボウリングをひとしきり楽しんだ後は屋内デート続行じゃ^~って事で、映画を見に行った。前から彼女が見たい映画があるって言ってたしね。映画そのものは僕の興味あるものではないけど、映画を楽しむ彼女を眺めるのが僕の楽しみであり、幸せなので何の問題もないね♂

そういえば今日9月9日は映画『アイ・アム・レジェンド』で主人公のウィル・スミスが爆死した日だって知ってた? いやだからどうしたってわけでもないんだけど、あの結末は未だに納得いかん。何でも公開直前になって急遽ラストだけ差し替えたそうで、その裏事情を聞いて僕は「道理でねぇ!」と膝を打ったよ。流れを無視して結末だけ変えたら不自然になって当然である。ちなみに本来の結末はDVDの特典として収録されていて、そちらは自然な終わり方になっている。監督や脚本家は悔しかっただろうね。


そんなウィル・スミスが爆死した9月9日のデートはまさしくレジェンド級の楽しさだった。映画を観た後は部屋で二人っきりの時間を思う存分堪能してね。明日は休みじゃないけど、そんな事お構いなしとばかりに長い時間を一緒に過ごした。本当は「今夜は、帰したくない……」と東山源次状態になりたかったぐらいだ。まあ、そういうわけにもいかないのでグッと堪えたけどね。

まあ、来週の旅行では心ゆくまで一緒にいられるしね、今は余裕なもんですわ。

雑談コーナー【テーマ:災害ブーム】


どこもかしこも災害だらけでうんざりする今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。幸い、うちの地域は特にこれといったトラブルは起きていない。唯一、台風21号の時にインターネット回線(光回線)の基地局が停電したらしく3時間ほど家のネットが使えない状態に陥ったのだけど、それぐらいの事で文句を言っていたらガチで被災している人たちに申し訳ないね。

地震と台風のどちらが怖いかと問われたら、僕は断然台風が怖いと答える。だって、地震はそうそう起こるものではないけど、台風は毎年確実に来るじゃない? まあ、大地震と同規模の台風が来る事は滅多にないけど、それでも怖いものは怖い。

前にも書いたと思うけど、東海地方はかつて伊勢湾台風という深刻な被害をもたらした台風を経験していて、幼い頃にその台風の恐ろしさを嫌って程たたき込まれたからだろうな。一種のトラウマのようなものである。最近は知らないけど、昭和末期生まれの子供は学校で必ず『伊勢湾台風物語』というアニメを見させられる。そのアニメが怖い。

娯楽作品ではないので派手な演出やカタルシス溢れるストーリー展開もなく、災害に巻き込まれる一家が淡々と描かれる。結末も全員無事生き延びましたみたいなハッピーエンドではなく、むしろバッドエンドと言っていい。主人公は助かるけど、両親や友人、果てはペットの犬まで死ぬからね。富野作品並の死亡率だよ。

そんなアニメを見てトラウマにならないわけがない。台風の恐ろしさを伝えるという観点では大成功の作品と言えるだろう。今まで見た衝撃的なアニメを僕が挙げるなら、イデオンやザンボットと並んで間違いなくこの作品もランクインしてくる。ちなみに声優は名古屋出身者で固められていて、小山茉美や戸田恵子とかなり豪華。

普通のアニメではないのでなかなか目にする事もないと思うけど、興味と機会があったら見てみてほしい。そして台風の恐ろしさをしっかり理解して、防災に役立ててほしい。

最近の子供がこのアニメを見ているか知らないと上で書いたけど、もし見てないなら絶対見せるべきだと思う。人が死ぬから、残酷だからという理由で見せないならとんでもない事だ。台風に限らず災害は残酷で無情なものだし、それを子供のうちから理解させておく事は絶対大切。

3.11以降、防災の教育はそれなりにするようになったみたいだけど、単に「災害に襲われたらこうしましょう」なんて教えても、ガキには響かないって。震災の写真や映像を見せたって、結局は他人事。本当に理解させるためにはアニメやゲームを通じて災害の恐ろしさを疑似体験するのが一番だと僕は思うよ。

ちなみに一番怖いのが台風なのは確かだけど、地震は地震で怖い。地震に関しても名古屋、というか東海地方は「いつか来る」って何十年も言われ続けてるからね。一番来る来る言われてる東海地方を避けるように全国各地で大地震が起きてるのは皮肉なものだけど、だからって油断なんてしていない。実際、いつかは来ると思ってるし。

「明日は我が身」って昔の人はうまい事言うよね。災害に関してはまさしく明日は我が身、いつ何が起きてもいいよう気を引き締めておきたいものである。

パズル進捗状況


残りピースは少なくなってきたけど、見つけやすいピースも減ってきた。また地獄のシーズンが訪れるかもしれない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3019日目) 

夏休み終了のお知らせ


もう終わりだぁ!(休み気分は)出て行けぇ!……というわけで、夏休みが終わりを告げた。告げてしまった。案の定、あっと言う間だったね。一学期の終業式から一ヶ月半も経ったなんて、信じられない。

うちの学校は脱ゆとり教育で土曜日も授業があるので、昨日が始業式だった。一日ぐらいオマケして始業式は明日にしてくれればいいのに、融通が利かないというか何というか。っていうか、実質夏休みは先週で終わってたようなものだしね。今週は月曜からずっと講習があったから、夏休み感がほとんどなかった。かつてない猛暑の今年ぐらい、講習は免除でええやんって思ったよ。

まあでも、彼女と学校で会えるのは嬉しいけどね。それだけが楽しみ、生きがいと言っても過言ではなかった。彼女のおかげで今週も頑張る事が出来たし……二学期への希望も見出せた。

二学期は二学期で楽しい事が目白押しだ。先週も言った通り、これからしばらくは平成最後のイベントが立て続けに起きるから、いつも以上にションテンもガリアーなんだ。彼女と出会った平成という時代は最高の締めくくりにしたいし。そういう意味では今学期自体、平成最後の二学期なので頑張らざるを得ない。もう終わりだぁ!なんて絶望している暇はない。


そんな平成最後の二学期の楽しみは色々あるけど、今月まず楽しみと言えるのは、旅行。そう、また彼女と旅行に出掛ける運びとなったのだ! 夏休みには熱海へ出掛けたけど、今後は日光。家康ゥ!?の祀られている日光東照宮に、また行ってくるよ。

平成最後の旅行……ってわけじゃない(と思う)けど、秋の旅行としては平成最後になりそうだし、これまたションテンガリアー必至である。最後じゃなくてもションテンガリアーだけどね。ちなみに日程は再来週の週末、15日と16日。翌17日が敬老の日で休みだから、ゆっくりできると思ってね。その翌週も連休はあるけど、出来るだけ早い方がいいに決まっているので、再来週にした。

楽しみすぎる。もう行く準備は万端で、可能なら今日にだって行きたかったぐらいだ。まあでも、その日を待ちわびるのも旅行の醍醐味の一つだし、僕は美味しいものを後に取っておくタイプなので我慢する。あ^~でも、待ちきれないぜ!

今日のデート


今日は彼女とループー、いわゆるプールに行ってきた。夏にプールへ行くのはこれで二度目かな? 夏休みが終わって9月に突入したとはいえ、実質今日までが夏休みみたいなもんだし、夏の締めくくりはやっぱりプールでしょって事で。さすがに海はもう季節外れだしね。


彼女もノリノリでOKしてくれて、よかった。名古屋のトビウオと呼ばれた(大嘘)僕と違って彼女は水が苦手だからもしかしたら別の場所がいいって言うかなと思ったけど、快く僕の誘いに乗ってくれた。まあ、最強に優しい彼女の事だから僕を喜ばせるためにOKしてくれたんだろうけど、それも含めて嬉しいものである。そんな彼女を楽しませるため、今日は気合を入れたよ。


でも本当に楽しませてもらったのはやっぱり僕かナー。プールもだけど、それ以外もね。何と言っても一番楽しいというか嬉しかったのは、彼女がお弁当を作ってきてくれた事。作ってくるとは特に言われてなかったし、今日は作ってきてくれないと思ってたから、なおさら嬉しかった。いつもながら味も最強だし。

そういえば今年はかき氷を食べなかったなあ。海水浴とか縁日とか、食べる機会は何度かあったのだけど、結局食べずじまいだった。アイスクリームとかソフトクリームは食べたけどね。家にかき氷器はあるから食べようと思えばいつでも食べられるのだけど、それはそれで作るのが面倒だし。そもそもかき氷自体、そこまで好きでもないからね。もしかしたら平成最後のかき氷は去年の夏に食べたかき氷になるかもしれない。まあ、それはそれでいいんか(レ)


プールを満喫し、最強弁当でお腹いっぱいになった後は部屋で恒例のイチャラブタイム。夏の終わりと秋の始まりを二人っきりで思う存分味わったよ。たくさん元気を注入♂してもらったから、明日からの二学期、頑張れそうだ。っていうか旅行も控えているし、毎日が辛い……♂なんてへこたれている暇はない。心機一転、気合入れて、やーってやるぜッ!(DANCOUGA)

雑談コーナー【テーマ:ケーキ(大嘘)】


Amazonで売られている『ロシアケーキ どっさり36個』というお菓子がずっと前から気になっていた。ロシアケーキ……何だかよく分からないけど、美味しそうな響きじゃない? 名前だけじゃなく、商品写真もなかなか美味しそうだし、値段も36個で送料込2000円弱とお手頃。

いつか買ってみようと思い続けて早一年。つい先日、意を決して購入してみたのだ。たかだか2000円のお菓子買うのに一年も悩むなよって感じだけど、ネット通販の食料品にはこれまで散々辛酸を舐めさせられているからね。慎重にもなるさ。

商品は土日を挟んで月曜日に届いた。今のご時世当然とはいえ、迅速な対応にまず好印象である。梱包も丁寧で、段ボールいっぱいに商品名の通り「どっさり」お菓子が詰め込まれている。個包装なので一気に食べる必要もなく、これまた好印象。いわゆる「訳あり」に属する商品なのだが、特に破損していたり形がいびつだったりする様子もない。いい感じいい感じ。

……褒めるのはここまでだ。

前述の通り、僕は「ロシアケーキ」がどんなものか、知らなかった。しかし「ケーキ」と名が付く以上、ふわふわな食感のお菓子だとは思った。クリームが使われていないのは知っていたので、要するにマフィンみたいなものなのかなと。

違ったね。全然違った。こんなのケーキじゃない……っていうか、クッキーだろこれ! ふわふわどころか、カッチカチやぞ!(ZBNGR)

「クッキーみたい」とかいうレベルじゃない、まごうことなきクッキー。商品名伏せて「これは何ですか」と尋ねたら100人中100人が「クッキー」って答える。お母さんが「今日のデザートはケーキよ~」って言ってこれを出したら、子供は間違いなくグレる。それぐらいクッキー。

しかも、極めて重大な事に、別に美味しくない。クッキーだろうが何だろうが美味しければ別にいいよ。でも美味しくないからね。いや、まずくはないよ? だって、クッキーなんだから。クッキーなんか誰がどう作っても黒焦げでもない限りそれなりの味にはなるだろう。だからまずくはない、でも美味しくもない。

Amazonのレビューでは高評価が並んでるけど、間違いなく全部サクラ。こんなもんが星5評価なんてありえない。これが星5だったらカントリーマアムなんか星100だわ。何がロシアケーキだ、ふざけんじゃねえよ。お前ら全員プーチンに消されてしまえ。

……まあでも、正直「やっぱりな♂」って感じだよね。冒頭で述べたように僕はこれまで通販の食べ物で散々痛い目見てきているから、今回も期待はしていなかった。それでも買ったのは、別に食べられないものが送られてくるわけじゃないからと割り切っていたからだ。実際、食べられないわけではないので、地面スレスレまで下げたハードルは越えたと言える。でもだからって満足はしていないし、文句を言う権利はあるだろう。

もし僕と同じようにこの商品が気になっている人がいたら、買わない事を強くオススメする。無性のクッキー好きならもしかしたら美味しいと思うかもしれないけど、だとしてもわざわざこれを買う必要もない。ちゃんとしたクッキーをちゃんとしたお店で買った方がずっといい。

ネットで「訳あり」を謳う商品全部ゴミ説、僕の中では今回完全に立証された。もし反証があるなら是非教えて欲しいぐらいだ。

パズル進捗状況


メイン部分はだいたい完成し、残るは背景のみである。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
figma No.383 艦隊これくしょん -艦これ- 時雨改二(特典付き) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

figma No.383 艦隊これくしょん -艦これ- 時雨改二(特典付き) レビュー 

商品名:figma 時雨改二
作品名:艦隊これくしょん -艦これ-
発売元:マックスファクトリー
発売日:2018年8月下旬
価格:8,800円(税8%込)
原型製作:マックスファクトリー(黒田真徳・松宮誠一)
備考:オンラインショップ特典付き

時雨

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』より、大日本帝国海軍が開発・建造した白露型駆逐艦の2番艦「時雨」。数々の激戦をくぐり抜けて絶対に沈まない幸運艦と讃えられるも、輸送船護衛任務中の1945年1月24日、アメリカ海軍の潜水艦「ブラックフィン」の雷撃により撃沈、その船体は現在もマレー半島近海に眠っています。

艦これにおいては史実を反映した「西村艦隊」の所属艦として一部イベントで大活躍。当該イベントでは秋月型を初めとした防空艦を投入する余地がなかったため、比較的高めの対空値を活かした防空要員としても重宝されました。専用ボイスも用意され、他の西村艦隊のメンバーと共にイベントの実質的な主人公を務めたと言えるでしょう。

そんな時雨が「改二」仕様でfigma化されました。艦娘の中でも屈指の人気を誇るキャラクターなので立体化の機会は非常に多く、同月には1/8スケールフィギュアとしても発売されています。なお、恒例のGOODSMILE ONLINE SHOP特典として「ウインク笑顔」の表情パーツが付属します。



≫ "figma No.383 艦隊これくしょん -艦これ- 時雨改二(特典付き) レビュー" の続きを読む...
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ